« この車両の去就はいかに 北総7260形 | トップページ | 終焉が迫る 京急旧1000形 »

2010.05.08

京急5月16日ダイヤ改正

京浜急行電鉄のオフィシャルサイトによりますと、5月16日にダイヤ改正を実施するとリリースが掲載されました。今回のダイヤ改正は京急蒲田駅付近上り線の高架化が完成することから、これに伴う時刻変更とともに羽田空港アクセスの更なる向上を図るなどの大きな改正になります。

Img_4363
5月16日にダイヤ改正が行われる京急 羽田アクセスの更なる充実化が図られる 今日は空港線快特の運用に入った606F「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」 2010年5月8日 立会川で筆者撮影

今回のダイヤ改正は、本線と空港線の分岐駅であり現在高架化工事中の京急蒲田駅付近のうち、上り線が高架線なることに合わせて羽田空港アクセスの充実化を図ることになります。今回の改正では、まず品川方向から羽田空港方面に向かう「エアポート快特」が増発されます。

Img_4335
京成3500形でやってきた「エアポート快特」 2010年5月9日 穴守稲荷で筆者撮影

現在京成佐倉から都営浅草線経由で羽田空港を結ぶ列車で設定されている快特・エアポート快特が、昼間時間帯はすべてエアポート快特として運転され、ダイヤ改正後はエアポート快特は品川-羽田空港をノンストップで運転します。このため現在エアポート快特が停車している京急蒲田が通過となることから、地元では問題になっているという報がありますが、都心・品川から羽田空港への所要時間短縮という効果が期待されます。

また、これに合わせて現在主に北総線から京成押上線・都営浅草線経由で羽田空港に向かう急行が、今回のダイヤ改正から「エアポート急行」という名称になります。

Img_4334
ダイヤ改正から「エアポート急行」になる急行の京急1500形 2010年5月8日 穴守稲荷で筆者撮影

Img_4360
北総鉄道から急行で直通する北総3700形 2010年5月8日 立会川で筆者撮影

Img_4365
この車両にも「エアポート急行」と表示されるのか、北総9000形 2010年5月8日 立会川で筆者撮影

今回のダイヤ改正では、合わせて新逗子から羽田空港へ直通する「エアポート急行」も昼間時間帯に8両編成で設定されます。京急蒲田以南で復活することになる急行、この列車の停車駅は空港線内は各駅、京急蒲田からは京急川崎・京急鶴見・神奈川新町・仲木戸・横浜・日ノ出町・井土ヶ谷・弘明寺・上大岡・杉田・能見台・金沢文庫・金沢八景と停車して、以降逗子線内は各駅という停車駅で、かつて存在していた京急川崎~新逗子急行からは停車駅が異なっています。新逗子方面へのエアポート急行運転開始により、現在横浜方面から直通する特急は平日夜間を除いて廃止されることになりました。

Img_4338
姿を消す空港線の4連特急 新1000形 2010年5月8日 穴守稲荷で筆者撮影

Img_4343
こちらは2000形4連の空港線特急 2010年5月8日 穴守稲荷で筆者撮影

横浜方面から直通する特急は、新逗子あるいは浦賀から金沢文庫まで普通で運転し、金沢文庫で快特に併結して京急川崎で分割して再び4連で羽田空港を目指すという方式で運転されていました。よって、こんな光景も見納めとなります。

Img_4356
連結する2100形快特を待ち合わせる羽田空港発の新1000形 2010年5月8日 京急川崎で筆者撮影

空港発の横浜方面行きの場合は、京急川崎到着前に一旦引き込み線に入って品川方面からやってきた快特を先に通してからこの列車の後ろに連結するという作業が行われており、京急川崎の名物でもあったのですがダイヤ改正後は平日の夜間に見るだけになり、エアポート急行があとを継ぎます。

ダイヤ改正、この他にも快特が新たに金沢八景に停車するようになり、また運行パターンの変更も実施されます。

16日に迫った京急のダイヤ改正、長年工事が進められてきた京急蒲田駅周辺の上り線の高架化が行われ、合わせて空港アクセスの向上を図った改正になります。都営浅草線を挟んで7月には京成で新路線開通によりダイヤ改正が行われるようですので、しばらくは都営浅草線を挟んだ京成・京急に注目してみてはいかがでしょうか?


参考
京浜急行電鉄報道発表資料「5月16日(日)ダイヤ改正を実施します」

|

« この車両の去就はいかに 北総7260形 | トップページ | 終焉が迫る 京急旧1000形 »

カテゴリー京急」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。