« まもなく終焉 ブルートレイン「北陸」 | トップページ | 開業100周年を迎える阪急電鉄 »

2010.02.21

転機を迎える急行「能登」 ~終焉を迎えるボンネット型車両~

JRグループのダイヤ改正である3月13日が近づいてきていますが、今回のダイヤ改正ではこの列車にも転機が訪れます。ブルートレイン「北陸」とともに上野から金沢を結ぶ急行「能登」号です。

Img_0850
この列車にも転機が訪れる 489系ボンネット型車両で運転される急行「能登」号 2010年2月19日 上野で筆者撮影

急行「能登」号は、上野から北陸方面を結ぶ急行列車として運転区間や経路などの変更がこれまでありましたが、今でも上野から金沢を結ぶ夜行の急行列車として、今となっては貴重になった489系のボンネット型車両で運転されています。

Img_0851
2010年2月19日 上野で筆者撮影

Img_0852
「能登」号のヘッドマーク

このように撮影した急行「能登」号、私はこの列車には489系になってからになりますが、何度か乗車したことがあります。長きにわたり親しまれてきた列車になります。

長きにわたり親しまれてきた急行「能登」号ですが、この列車も来月のダイヤ改正により多客時期の臨時列車になります。また使用車両もJR東日本所有の485系での運転となるようですので、ボンネット型車両による運転はダイヤ改正の前日出発までとなります。貴重になったボンネット型車両の終焉ということで今度の改正で廃止となるブルートレイン「北陸」号を合わせてこの列車を撮影された方が多くいました。

転機を迎えることになった急行「能登」号、その活躍は記憶にとどめておきたいものです。


関連記事
多くの想いをのせて 急行「能登」号(2006年5月6日) ※この時は北陸方面への旅行の際に乗車しました。

|

« まもなく終焉 ブルートレイン「北陸」 | トップページ | 開業100周年を迎える阪急電鉄 »

引退・終焉」カテゴリの記事

コメント

Tcボンネットが今まで現存していたのが奇跡です!

103系が現存するJR西日本であったから、今まで頑張れた感じがします。


489の末9は、ご承知のように横軽でEF63との協調運転が可能という役目でした。


私も特急白山での活躍、それも6M6Tの2Ts・Tdだったときの豪華編成を懐かしく感じます。

真夏の特急そよかぜの中軽井沢での撮影が懐かしいです。

上越線での定期特急車両…これで見納めですね。

私にはこだわりがあり、185系を特急車両とは認められません。

投稿: 準急豊島園 | 2010.02.21 23:51

国鉄のボンネット特急が子供の頃大好きで。
小学生の2年間、新潟で過ごした私は181系(でしたっけ?)の「L特急とき」で東京に行く時が至福でした。

0系新幹線同様に昭和を代表する優れたデザインだと思います。

投稿: 書道三級 | 2010.02.22 09:27

コメントをいただきまして、ありがとうございます。

準急豊島園さん>
転機を迎える急行「能登」号、おっしゃるとおりで今日まで489系ボンネット型先頭車で運転されてきました。この列車だけに残っていたスタイルであったことから、このダイヤ改正で終焉を迎えるといわれているところです。
かつては「白山」「あさま」「はくたか」など、上野から信州・北陸方面を結んだ特急列車として活躍し、その後も急行「能登」として活躍したこの車両の功績は多い着物があると思います。

書道三級さん>
新幹線が開業する前に東海道線を走った特急「こだま」号から始まったボンネット型車両、そのデザインは今でも優れたものであると感じます。もう上越線の特急「とき」181系ははるか過去のものになってしまいましたが、今日まで残っていたボンネットスタイル、昭和を代表するデザインということに異論はないかと思います。

投稿: Kaz-T | 2010.02.23 01:03

おはようございます。
先日、私は「ホームライナー鴻巣」と「能登」を撮ってきましたが、悔いの残らぬように図ったのでいつ離脱して松任送りになっても大丈夫です。
私が関西時代に大阪駅にて撮ったボンネット「雷鳥」の勇姿や、上野で撮った「白山」塗装の「能登」、さらには私が幼いころに父が撮った「ひたち」と、ボンネットクハ481.489と色々と思い出が走馬灯の如く過ぎ去ってゆきます。
因みに大宮の鉄道博物館にはクハ481-26がいますけど、未来永劫交直流タイプのボンネット車の栄光を後世にずーっと語り継いで欲しいものです。
それでは、この辺にて失礼いたします。

投稿: 宮オオ | 2010.02.24 08:03

宮オオさん、コメントをありがとうございます。

転機を迎える急行「能登」号、このボンネットスタイルの車両が今度のダイヤ改正で引退することになり、ブルートレイン「北陸」号とともに注目が集まっています。
今となっては貴重になったボンネットスタイル、皆様方には多くの思い出がある車両になるかと思います。ぜひこの雄姿をご覧になられてみてはいかがかと思います。

投稿: Kaz-T | 2010.02.25 01:06

 こんばんは。おとといの晩、上野駅から乗車してきました。この日から発着番線が発車が13番、到着が15番に変更されました。よって、Kaz-Tさんが撮影された16番ホームからの光景はもう見られないことになりそうですね。

 おとといの上野駅も大変盛況でした。おそらく最終日まで上野駅13番線ホームには多くの人で賑わうことでしょうね。

投稿: mattoh | 2010.03.02 22:29

mattohさん、コメントをありがとうございます。

ボンネット型車両で運転されている「能登」号、いよいよこの車両も見納めとなりますが、もう発車ホームは13番線になっているのですね。やはり「北陸」号撮影者が出発後大挙として16番線になだれ込むのを防ぐためでしょうか?

ダイヤ改正前のよく見かける光景ではありますが、どうにか無事にダイヤ改正を迎えてほしいと思います。

投稿: Kaz-T | 2010.03.04 23:56

この記事へのコメントは終了しました。

« まもなく終焉 ブルートレイン「北陸」 | トップページ | 開業100周年を迎える阪急電鉄 »