« 房総地域で復活した湘南色の113系 | トップページ | 京成創業100周年 リバイバルカラー「青電」 »

2009.06.30

京急でも運転中 横浜開港150周年 開国博Y150記念列車

現在横浜では、今年で開港150周年を迎え「開国博Y150」が開催されています。横浜を通る東急東横線・相鉄線ではこれを記念した列車が登場していますが、やはり横浜を通る京急でも「開国博Y150」を記念した列車が運転されています。今回ようやくお目にかかることができました。

Img_7532
京急でも運転されている「開国博Y150」記念列車 充当車両は600形606F「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」 2009年6月29日 京成本線 八千代台で筆者撮影

京急でも運転されている「開国博Y150」記念列車、今回も京急で異彩を放つ青い車体の600形606F「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」が、「開国博Y150」記念列車として装飾されました。

昨日、成田から京成線に乗車していた際途中ですれ違いましたので、八千代台で快速羽田空港行きになっていたこの編成を撮影しましたが、その戻りを品川で撮影してみました。

Img_7537
2009年6月29日 品川で筆者撮影

Img_7539
側面の装飾の様子 2009年6月29日 品川で筆者撮影

京急の「開国博Y150」記念列車は、前面にイメージキャラクター「たねまる」のステッカーが貼られており、側面にも戸袋に「たねまる」が、そして窓下に「開国博Y150」のロゴは貼られています。

横浜開港から150周年を迎えて開催されている「開国博Y150」、京急線では「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」が記念列車になっています。この列車でお出かけになってみてはいかがでしょうか?

|

« 房総地域で復活した湘南色の113系 | トップページ | 京成創業100周年 リバイバルカラー「青電」 »

レアもの」カテゴリの記事

カテゴリー京急」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
Y150記念列車は自社線しか走らない2157Fと違い運用範囲が広いです。この日はSH快特だったり、翌日はエアポート快特だったり、その翌日は北総線だったり…とローテションが組まれているのではないでしょうか?最近は京急とは関係のない浅草線の西馬込まで入る運用があります。

青い京急を乗入れ先で見るのは相変わらず違和感がありますが、京成・北総の沿線にもアピールしたい意気込みがこの列車に感じられます。

京成の場合、3000形6連1編成が京成カードの広告、3300形と3600形の1編成が100周年の記念列車です。ほとんどが自社線運用に入っていることが多いので、606Fと違って探しやすいかと思います。

投稿: A80&481 | 2009.07.03 18:18

A80&481さん、コメントありがとうございます。

京急でも運転されている「Y150」列車、606Fが充当されています。おっしゃる通りでこの編成は運用範囲が広くなかなか捕まえにくい所があり、今回京成線直通の運用に就いていたことを目撃しましたので、このように撮影することができた次第です。

京成でも各種ラッピング列車や、特別仕様編成が登場していますね。こちらも機会があれば撮影してみたいと思っています。

投稿: Kaz-T | 2009.07.04 22:28

この記事へのコメントは終了しました。

« 房総地域で復活した湘南色の113系 | トップページ | 京成創業100周年 リバイバルカラー「青電」 »