« 本日も運用に就いていた京王井の頭線3000系 | トップページ | 春の全国交通安全運動実施中(2009)<東武東上線> »

2009.04.12

桃の花咲く甲州を走る 「レトロ桃源郷号」

今年も、山梨県内では観光キャンペーンが開催されています。この期間中は中央線を各種臨時列車が運転されるのですが、今回は甲府~塩山で旧型客車を使用した「レトロ桃源郷号」が2往復今月1日と先週の土・日曜、そして本日運転されました。今日はこの臨時列車を撮影しに山梨を訪れました。

Img_5946t
EF64牽引で運転された「レトロ桃源郷号」 2009年4月12日 塩山で筆者撮影

今年も実施された山梨の観光キャンペーンで登場した臨時列車の目玉と言える「レトロ桃源郷号」は、旧型客車4両をEF64を前後に連結したプッシュプル編成で全席指定席の快速として運転されました。今回は普通列車を乗りついで塩山に向かい、到着した「レトロ桃源郷号」を撮影してみました。

Img_5889
「レトロ桃源郷」1号として塩山に到着 2009年4月12日 筆者撮影

Img_5894
甲府方の機関車はEF64 36 2009年4月12日 塩山で筆者撮影

Img_5897
塩山方の機関車はEF64 39 2009年4月12日 塩山で筆者撮影

塩山で撮影後は、走行している「レトロ桃源郷号」を撮影すべく普通列車に乗車して、途中駅で下車して撮影してみました。

Img_5905
2009年4月12日 塩山~東山梨で筆者撮影(「レトロ桃源郷」2号)

今回も各駅や沿線には、この列車を撮影しようと多くの人が訪れました。そして、もう見ごろは過ぎたとはいえ桃の花が咲き誇る中を走行している「レトロ桃源郷号」を撮影することができました。
このあとは甲府に向かいまして、指定券が購入できたので、甲府から塩山まで「レトロ桃源郷」3号に乗車してみました。

Img_5914
2009年4月12日 甲府で筆者撮影

Img_5923
機関車に付けられた「レトロ桃源郷号」ヘッドマーク

甲府でも多くの人が訪れ、また山梨観光キャンペーンのキャラクターである「モモずきん」も登場して、この列車の出発を盛り上げました。そして、定刻になり塩山に向かって「レトロ桃源郷」3号は出発しました。
かつては地方に向かえばどこでも見ることができた旧型客車、今ではこのような臨時列車用に数両が残るのみとなりました。その昔の汽車旅を堪能しつつ沿線の風景を楽しみました。また、車内では乗車証明書も配布されました。

「レトロ桃源郷号」は途中石和温泉・山梨市に停車します。いずれも長時間の停車で、塩山までの所要時間では走行時間よりも停車時間のほうが長いのではないかとも思いましたが、これら停車駅でも撮影してみました。

Img_5919

Img_5921
2枚とも2009年4月12日 石和温泉で筆者撮影

Img_5924

Img_5937
2枚とも2009年4月12日 山梨市で筆者撮影

また、連結されている客車についても1号の塩山到着時と合わせて撮影しています。

Img_5927
塩山寄りの1号車に連結されていたスハフ32 2357 2009年4月12日 山梨市で筆者撮影

Img_5931
2号車に連結されていたオハ47 2261 2009年4月12日 山梨市で筆者撮影

Img_5881
3号車に連結されていたオハ47 2246 2009年4月12日 塩山で筆者撮影

Img_5878
甲府寄り4号車に連結されていたスハフ42 2173 2009年4月12日 塩山で筆者撮影

いずれも戦前・戦後に製造された旧型客車、蒸気機関車の時代から使われていた客車になります。こうして「レトロ桃源郷」3号は塩山に到着しました。

Img_5941
塩山に到着した「レトロ桃源郷」3号 2009年4月12日 筆者撮影

Img_5945
到着した115系と並ぶ 2009年4月12日 塩山で筆者撮影

こうして、山梨観光キャンペーンで運転された旧型客車を撮影してきました。今回のキャンペーンでは今となっては貴重になった旧型客車を電気機関車EF64がプッシュプルで運転され、沿線には多くの人が訪れました。季節的に沿線の桃の花が咲き誇る、まさに桃源郷を走り抜けていきました。
山梨観光キャンペーンにおける旧型客車の運転は、塩山~甲府の「レトロ桃源郷号」の運転は終了しましたが、来週の土・日曜は甲府~小渕沢を「レトロ八ヶ岳高原号」として運転されます。また、山梨方面へはこの他にも各種臨時列車が運転されますので、見どころいっぱいの山梨を訪れてみてはいかがでしょうか?

|

« 本日も運用に就いていた京王井の頭線3000系 | トップページ | 春の全国交通安全運動実施中(2009)<東武東上線> »

臨時列車」カテゴリの記事

コメント

往年の急行「たてしな」を髣髴させますね。
客車は高崎の所属なのでしょうか。

投稿: SATO | 2009.04.12 23:37

SATOさん、コメントありがとうございます。

私が知っている中央線の急行と言いますと、「アルプス」や「こまがね」「かいじ」「かわぐち」などという165系電車による列車しか記憶がないもので、その昔EF64牽引で旧型客車を使用した急行があったとは、初めて知りました。
今回運転された「レトロ桃源郷号」、客車も機関車も高崎車両センター所属の車両のようです。かつては、全国至る所見ることができた旧型客車も、今ではイベントなどに使用するためごく限られた数両が残るのみとなってしまいました。もうかなり年季が入った客車ですが、これからも各地でその姿を見せてくれるのではないかと思います。

投稿: Kaz-T | 2009.04.12 23:50

こんな臨時が…。
昭和50年3月のダイヤ改正でEF64牽引する中央東線の客車は無くなりました。
新宿から夜行鈍行列車 長野行きは登山者に愛された列車でした…。
まだ70系の山スカが残っていましたが、50.3で115系300番台が配置され…中央東線の客車列車もなくなりました。あれから34年も経過したんですね!

投稿: 準急豊島園 | 2009.04.12 23:57

準急豊島園さん、コメントをありがとうございます。

中央線の客車列車、私が生まれる頃まで存在していたのですね。とは言いましても物心ついた時にはすでに普通列車は115系という状況でしたので、70系の時代も見た記憶はありません。

それだけの時を経て、臨時列車として運転された「レトロ桃源郷号」、その当時をリアルでご存じの方にとっては懐かしい列車ということになるのですね。塩山~甲府の「レトロ桃源郷号」の運転は終了しましたが、来週は甲府~小淵沢で「レトロ八ヶ岳高原号」が同じ様な編成で運転されますので、山梨を訪れてあの時を思い出してみてはいかがかと思います。

投稿: Kaz-T | 2009.04.13 00:45

こんばんは。

私の好きな車両の一つであるEF64―0が活躍すると言うことで、先週訪れてきました。
沿線で撮影したり、追っかけたり、細部観察をしたり。ついでに勝沼ぶどう郷駅前のEF64 18の元にも顔を出すことができ、とても充実した1日を過ごすことができました。

記事を拝見させて頂いた時に驚いたのは、塩山~東山梨間で撮影された写真と全く同じ場所で私も撮影していたことです(笑)。順光で撮影できるいい場所でしたね。

またこの様な列車が運行されることを期待したいですね。

投稿: 緑のあずさ | 2009.04.13 21:54

こんばんは。
昨日は4日の3号通過前に雨模様となったので1号のみ撮影してきました。今回は1本のみ撮影するため石和温泉と東山梨の陸橋に行ってきましたが既に撮影者でいっぱいでした。前回とは違って桃の花を入れた撮影ができたため文句なしでした。普段は貨物で行ってみても誰もいないのに臨時列車が走るとなると人の出はすごいものです。

投稿: nagasou | 2009.04.13 22:19

いつもお世話になっております。
「ぼくの鉄道旅行コレクション」のsmilykazです。
旧型客車、本当にいいですよね。
私も以前中央本線沿いに住んでいましたが、お目にかかれたのは一回きりですねぇ。
懐かしい記事、ありがとうございます。

投稿: smilykaz | 2009.04.14 18:02

コメントいただきまして、ありがとうございます。

緑のあずささん>
貴ブログの記事も拝見しましたが、見事なまでに同じ場所(塩山~東山梨)で撮影したことになりますね。EF64と旧型客車ということで人気を集めた「レトロ桃源郷号」、今度の土・日に甲府~小淵沢で「レトロ八ヶ岳高原号」として運転されることになっていますが、EF64牽引でのまたの運転に期待したのは私も同じです。

nagasouさん>
私は最終運転日の12日に出向いてきましたが、沿線では多くの人が訪れて撮影していました。桃の花咲く甲府盆地を行くEF64と旧型客車、ロケーション的にも列車の内容的にも良い列車であったかと思います。

smilykazさん>
私は旧型客車は、父の実家に行ったときに当時の磐越西線で乗車したことがあるくらいで、近年旧型客車はもちろんのことながら、客車列車そのものが希少になってきていますので、EF64と合わせて人気を集めたのではないかと思います。しかし、私も中央線に近いところに住んでいるのですが、EF64牽引の旧型客車列車は見た記憶がありません。それだけに、その当時を知る方々にとっては懐かしい姿であったのかと感じます。

(smilykazさんから頂きましたコメントについて、内容の一部に宣伝の文章がありました。弊ブログの性格上、ふさわしくないと判断しましたので、その部分については修正しまして公開しました。ご理解をいただきますよう、お願いいたします。)

投稿: Kaz-T | 2009.04.14 20:32

昭和49年頃だったと思います。

急行アルプスが1本だけ気動車で残りました。
併結が小海線直通の「八ヶ岳」、そして本体は
というと糸魚川(大糸線経由)まで行くという
代物。今では驚きですよね。

中央線の山岳急行ゆえ2エンジンが当たり私は
八ヶ岳なのでキハ58だと思いますが本体はキハ65
がつながっており、子供心に「サッシ車に乗りたい」
と思いました。まずい写真ですが1枚ほどそのときの
画像があります。

小海線には他に循環急行があり「のべやま」と「すわ」
これは叔父がいた茅野駅でよく見ましたよ。

山スカは甲府まで、甲府からは松本の80系が普通を
担当していました。サロ改造のクハ85もいました。
めずらしくカラーで撮影しています。

投稿: SATO | 2009.04.15 11:19

SATOさん、重ねましてのコメントをありがとうございます。

昭和49年ごろには気動車の急行「アルプス」があり、その列車が大糸線で糸魚川まで運転され、付属編成の「八ヶ岳」が小海線直通ですか。今となってはもう実現不可能な列車ですね。
この頃ですと、まだ旧型国電によるローカル列車も存在していたとは、面白い時代であったのですね。今回運転された「レトロ桃源郷号」から、古き良き時代の中央線で運転されていた列車の一端を垣間見ることができたと感じております。

投稿: Kaz-T | 2009.04.16 22:54

この記事へのコメントは終了しました。

« 本日も運用に就いていた京王井の頭線3000系 | トップページ | 春の全国交通安全運動実施中(2009)<東武東上線> »