« リバイバル運転「あまぎ」号 その2 | トップページ | LAST RUN 「京急110年の歴史ギャラリー号」 »

2008.12.21

LAST RUN 京急「ありがとうギャラリー号」

今年で会社創立から110周年を迎えた京急では、現在記念のラッピング列車が運転されています。当初は来年2月まで運行の予定でしたが、ここにきまして今月23日の運行を持って運用を離脱し、車両自体も廃車となるとのことで、本日撮影してきました。まずは、本線普通で運転されている「ありがとうギャラリー号」です。

Img_3440
引退を迎えることになった旧1000形1309F「ありがとうギャラリー号」 2008年12月21日 浦賀で筆者撮影

Img_3441
1309F「ありがとうギャラリー号」に付けられた「LAST RUN」ヘッドマーク

「ありがとうギャラリー号」は、本線普通で運用されている6両編成1309Fに、昭和20年代から30年代にかけて京急の塗装だった黄色と赤の外装を再現したラッピング車両でした。また、車内は、沿線利用客から募集した写真や絵画などが展示されていましたが、今日の時点では110周年の歴史を振り返る写真になっていました。

この編成は本線普通の運用ですので、捕まえるのが難しい編成でしたが、堀ノ内で浦賀行きとして停車していましたので、浦賀まで一旦この編成に乗車して、浦賀からは先発する普通に乗車して再び堀ノ内でこの編成を撮影してみました。

Img_3444

Img_3446
2枚とも2008年12月21日 堀ノ内で筆者撮影

この普通列車は、浦賀発品川行きという列車ですので、このあとの快特で追いかけることは十分に可能です。この編成の出発を見送ってから、次の快特に乗車して金沢文庫で追い抜きその先の上大岡で普通に乗り換えて、今度は南太田で撮影してみました。そして、再びこの編成がやってきました。

Img_3448
到着する1309F「ありがとうギャラリー号」 2008年12月21日 南太田で筆者撮影

南太田で快特の通過待ちがあり停車時間がありましたので、さらに撮影してみました。

Img_3454
2008年12月21日 南太田で筆者撮影

Img_3451
今年度入線の新1000形ステンレス車体車の快特が追い抜いていく 2008年12月21日 南太田で筆者撮影

早くも年内で引退を迎えることになった京急110周年記念のラッピング列車、「ありがとうギャラリー号」を撮影できました。

旧1000形にこの塗装の時代はありませんでしたが、それでも沿線で注目を集めていた「ありがとうギャラリー号」これで引退とは残念ですが、2008年創立110周年を迎えた京急を飾った編成として、記憶にとどめようではないでしょうか?

|

« リバイバル運転「あまぎ」号 その2 | トップページ | LAST RUN 「京急110年の歴史ギャラリー号」 »

レアもの」カテゴリの記事

引退・終焉」カテゴリの記事

カテゴリー京急」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。