« 京阪電鉄 ダイヤ改正 | トップページ | 白帯塗装復活! 名鉄パノラマカー »

2008.10.19

COMFORT SALOON 京阪3000系 デビュー

新路線中之島線が開業した京阪電鉄、同時にダイヤ改正も行われ中之島からは出町柳へ快速急行が設定されました。この快速急行用に満を持してこの車両が本日より運転を開始しました。「コンフォート サルーン」と名付けられた3000系です。

Img_2124t
デビューの日を迎えた京阪3000系 中之島へ向かう 2008年10月19日 野江で筆者撮影

中之島線開業に合わせて登場した新型車3000系、この車両のデザインは「風流の今様」をコンセプトとして、文化・風情に彩られた沿線を現代風にアレンジして、風流を象徴する月を造形テーマに取りいれ、その外装は、水都と呼ばれる大阪の中之島と、京ののれんや紺袴などの古都京都の伝統と格式を感じさせる紺色と、都市のきらめきや石庭における川の流れを表した銀の帯と白を加えたものになった、これまでの京阪の車両のイメージを一新させるデザインになりました。

さて、開業当日となった今日は、まず野江でデビューした3000系を撮影してみました。

Img_2105
快速急行出町柳行きの3004F 2008年10月19日 野江で筆者撮影

Img_2133
快速急行出町柳行きの3006F 2008年10月19日 野江で筆者撮影(後追い)

Img_2149
快速急行中之島行きの3002F 2008年10月19日 野江で筆者撮影

Img_2150
その後追い 2008年10月19日 野江で筆者撮影

中之島線の主役と言える3000系、全編成開業のヘッドマークが付いていました。

これらを撮影後は、デビューした3000系の快速急行に乗車しようと、再び中之島に向かって、到着した快速急行出町柳行きに乗車しました。

Img_2186
乗車した快速急行出町柳行き3003F 2008年10月19日 中之島で筆者撮影

3000系の車内は、ドア間が2+1の転換クロス・車端部がロングシートという構造で、その座席の表地には東レの最高級人工皮革「エクセーヌ」を採用し、ドア上には液晶ディスプレイによる案内装置が付いているなど、ハイグレードな車両になっています。この車両は、京都出町柳から大阪の水都中之島を結ぶ快速急行として運転されています。

中之島からは初乗車も合わせて結構乗客がありましたが、京橋で入れ替わりがあり、そこからクロスシートに着席することができました。

快速急行は昼間は1時間に2本30分間隔で運転され、中之島線内から京橋までの大阪都心地域は各駅に停車しますが、それ以降は守口市・寝屋川市・香里園・枚方市と停車し、枚方市でここまでの特急の接続を待ってから出発し、樟葉に停車、その次は今日は競馬開催があったことから淀に臨時停車して、中書島・丹波橋・ここから京都市街地に入って七条・中之島線開業に合わせて今日より駅名が変更になった祇園四条・三条と停車して、中之島から所要66分で終点の出町柳に到着しました。

Img_2197
出町柳に到着した3000系 2008年10月19日 筆者撮影

こうしてデビューの日を迎えた3000系にも乗車してきました。3ドアながらクロスシートもあり、快適な車両であったと感じます。
開業した中之島線、そしてこの路線の主役として京都出町柳から大阪の中之島を結ぶ快速急行としてデビューした3000系、この車両のこれからの活躍に期待したいところであり、京阪沿線地域がさらに発展していくことをぜひ期待したいと思います。

|

« 京阪電鉄 ダイヤ改正 | トップページ | 白帯塗装復活! 名鉄パノラマカー »

新登場」カテゴリの記事

カテゴリー京阪」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。