« 歴史ある温泉街へ 福島交通飯坂線 | トップページ | JR東京総合車両センター「夏休みフェア」(2008)に行ってきました »

2008.08.17

LOVE 2008 583系で運転された快速「みちのく」号

8月15日は、石巻線に乗車して小牛田に到着しました。ここでこの夏話題のこの列車を撮影しました。

Img_0700
583系で運転された快速「みちのく」号 2008年8月15日 小牛田で筆者撮影

小牛田にやってきた583系、この列車はこの夏8月9日~17日に福島→盛岡を片道設定された臨時快速列車「みちのく」号です。かつて上野~青森を常磐線経由でやはり583系で運転されていた特急列車に付けられていた愛称が、この夏の臨時列車で復活したことになります。

今となっては貴重になった583系、仙台車両センターに残った6両編成で前面のヘッドマークこそは「臨時」表示で運転されましたが、東北新幹線開業まではこの車両の特性を生かして、昼夜問わず東北本線を行き交った583系、今もこうして臨時列車などに使用され、今回は東北本線で往年を彷彿とさせる運転が行われました。
この夏の運転は本日で終了しましたが、また来年以降の運転に期待したいところではないかと思います。

さて、今回の東北旅行では次の日の8月16日に、福島交通飯坂線を乗車後この列車に福島から盛岡まで乗りとおしてみることにしました。

お盆時期の土曜日、全車自由席の快速列車として運転されることから時期的に青春18きっぷ利用客にも利用価値大で、しかも583系が使用されるとなればまず人気になると考え、福島で列車入線1時間前から到着を待ちましたが、この時点で数名がもう乗車口で待っている状況でした。そして11:37の入線直前には乗車口に列ができて多くの人が集まった中、快速「みちのく」号583系が入線してきました。

Img_0732
入線する583系快速「みちのく」号 2008年8月16日 福島で筆者撮影

ドアが開いてまず座席を確保してから、出発までの間撮影しました。

Img_0734

Img_0750
2枚とも2008年8月16日 福島で筆者撮影

これら撮影後は、快速「みちのく」号の乗客となって12:12に福島を出発しました。仙台までは主要駅に停車していきました。この日は途中で踏切支障装置使用により先行列車が遅れたことからこの列車も遅れ、所定では15分の停車時間がある仙台はすぐに出発となりました。その後も岩切・塩釜・松島と停車して、小牛田に停車後は次は一ノ関と、かつて東北本線で特急として走っていた時を彷彿とさせる走行を堪能しました。そして一ノ関では、9分の停車時間がありましたので、撮影してみました。

Img_0752
2008年8月16日 一ノ関で筆者撮影

一ノ関を出ると、途中の前沢で運転停車がありましたが盛岡までノンストップで、再び583系の走行を堪能しました。沿線にはこの列車が走るとあって、撮影していた人を多く見かけました。

福島から走行距離にして262.5km、所要4時間17分かけて583系快速「みちのく」号は、16:29に終点の盛岡に到着しました。

Img_0759
盛岡に到着した583系 快速「みちのく」号 2008年8月16日 筆者撮影

盛岡到着後は回送で戻ります。回送としての出発を待っている間に撮影できました。

Img_0774
回送として出発を待つ583系 2008年8月16日 盛岡で筆者撮影

こうして、回送として出発していった583系を見送りました。

東北本線で、この夏に臨時運転を行った583系、福島~盛岡という長距離を運転し、この車両の乗り心地を存分に堪能することができました。
かつては昼は座席として「はつかり」「みちのく」として、そして夜になると「はくつる」「ゆうづる」といった特急列車として、東北本線や常磐線を昼夜問わず駆け回っていた583系、多くの人の想いと憧れを乗せて走っていました。
東北新幹線が開業して25年以上が過ぎ、仲間も多くが寄る年波により姿を消していった中残された583系、大変美しい状態で、かつての栄光の日々を十分に感じとることができたと共に、その走りも堪能することができました。

多くの人に愛された583系、これからもこの車両を愛する多くの人がいる限り、その姿を見せてくれることをぜひ期待してみようではないでしょうか。

|

« 歴史ある温泉街へ 福島交通飯坂線 | トップページ | JR東京総合車両センター「夏休みフェア」(2008)に行ってきました »

臨時列車」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。ああああと申します。
 9年近くも使い続けてきたハンドルネームであり、決してふざけた名前ではありませんのでよろしくお願いいたします。

 583系「みちのく」、私も乗りました。
 今シーズン初運転なのに、全区間乗り通しはもちろんのお客さんは結構いました。途中駅でも乗降が結構見られました。

 東北本線は最高120km/h、ということを期待して乗ったのですが、せいぜい100km/hだったと思います。そして、新幹線開業前もこの程度の走りだったのでしょうか。

 冬も、来シーズンも走ってほしいものです。しかし、あまり走りすぎると、寿命を縮めてしまう…気がしてなりません。

投稿: ああああ | 2008.08.19 01:20

ああああさん、弊ブログにお越しくださいまして、ありがとうございました。

583系で運転された快速「みちのく」号にご乗車されたとのことですが、今年が初運転とはいえ全席自由席の快速で運転されたことや、時期的に青春18きっぷ利用期間であったことから、全区間乗り通おす乗客が多くいても不思議ではないと思われます。

実際に、583系が特急として現役出会ったころには乗車したことがなかったもので、どんな走りっぷりであったかはわかりませんが、それでも東北本線を快走する583系には、かつての栄光の日々を思い起こすことができたと感じています。

この車両の余命についても気にはなりますが、またこのような美しい姿で東北本線を走行してもらいたいというのは、私も同じです。

投稿: Kaz-T | 2008.08.20 00:19

この記事へのコメントは終了しました。

« 歴史ある温泉街へ 福島交通飯坂線 | トップページ | JR東京総合車両センター「夏休みフェア」(2008)に行ってきました »