« Coming Soon! 東海道線E233系 | トップページ | 健在! ブルートレイン「富士」「はやぶさ」 »

2008.02.25

京急創立110周年記念 ラッピング電車運転開始

今日は、お休みをいただきました。そこで、また例によりまして撮影に出向いたのですが、まずは京浜急行電鉄に向かいました。

関東の大手私鉄である京浜急行電鉄は、今日で創立110周年を迎えました。今日より乗務員・駅員さんなどの制服が変更になったとともに、各種キャンペーンも行われ、また記念乗車券も11,000円の硬券セットが限定1,100部発売されました。そして、今日より創立110周年を記念したラッピング車が運転を開始しました。

Img_9723
本線普通で運用される「ありがとうギャラリー号」 2008年2月25日 神奈川新町で筆者撮影

Img_9808
大師線で運用される「京急110年の歴史ギャラリー号」 2008年2月25日 鈴木町で筆者撮影

創立110周年を迎えた京急で登場したラッピング車両、旧1000形2編成に施されました。まずは、「ありがとうギャラリー号」で、この編成は本線普通で運用されている6両編成1309Fにラッピングが施されました。ラッピングのデザインは昭和20年代から30年代にかけて京急の塗装だった黄色と赤の外装になりました。また、車内は、沿線利用客から募集した写真や絵画などが展示されているとのことです。本線普通ということで運用範囲が広いことからまずはこの編成を狙いに品川から特急に乗りこみ、途中の生麦でこの編成を追い抜きました。時刻表を見てみますと、この列車は神奈川新町で車両交換という運用でしたので、この駅で下車しました。そしてすぐに「ありがとうギャラリー号」はやってきました。

Img_9725
昭和20年~30年代に活躍した車両をイメージしたラッピングがなされた「ありがとうギャラリー号」1309F 2008年2月25日 神奈川新町で筆者撮影

旧1000形の登場は1959年(昭和34年)で、この当時から現在の赤色に白帯の外装になっていますので、この系列でこの塗装に時代はありません。自分が本などで見たこの塗装は、黄色も赤ももっと濃い色であったように思うのですが、実際はどうだったのでしょうか?

神奈川新町に到着した1309F、すぐに入換が行われました。

Img_9728
入換中の一シーン 方向幕は・・・ 2008年2月25日 神奈川新町で筆者撮影

Img_9730
2008年2月25日 神奈川新町で筆者撮影

その後、入庫になりましたので、改札を出て撮影してみました。

Img_9740
2008年2月25日 新町検車区で筆者撮影 (構内を横断する公道の踏切から撮影)

朝の運用で入庫してしまいましたが、このあとこの編成は品川で展示されていたようです。

このあとは、もう1編成のラッピング車両「京急110年の歴史ギャラリー号」です。この列車は1321Fの4両編成に施され、主に大師線で運用されます。このラッピングのデザインは、大正~昭和初期に時代に活躍し現在京急ファインテック久里浜事業所内に保存されているデ51形をモチーフにしたものになっています。
大師線の運用ですので撮影はたやすいと思っていたのですが、今日は京急の110周年の創立記念日であり、また大師線は京急発祥の路線だけに、京急川崎に着きますと大師線1・2番ホームでは、このラッピング車両の出発式が行われていたという状況でした。そのセレモニー中に「京急110年の歴史ギャラリー号」が入線してきました。

Img_9768
貸切列車として到着した「京急110年の歴史ギャラリー号」 2008年2月25日 京急川崎で筆者撮影

セレモニー中に貸切として到着した「京急の歴史110年の歴史ギャラリー号」、車内はおそらく大師線沿線の幼稚園児と思われる招待客が乗車していました。ここで出発式を見届けようかとも思っていたのですが、今日はこのほかにも行くところがあったもので、途中で抜け出し再び京急川崎に戻ってみますと、留置線に停車中という状況でした。なんとか走行している姿を見てみたいと思いまして、夕方再び5分ヘッドになる時間帯に京急川崎に行ってみました。そして日が暮れようとしていた時間帯に出庫してきました。

Img_9798
出庫してきた「京急110年の歴史ギャラリー号」1321F 2008年2月25日 京急川崎で筆者撮影

Img_9800
2008年2月25日 京急川崎で筆者撮影

デ51形をモチーフにデザインされたラッピング、ドアの木目はともかく車体のシルやリベットまでも印刷ではありますが、再現されていました。そして、撮影後この編成に乗車してみました。車内は110年という長い歴史を歩んできた京急のその時代の写真などが展示されていました。
この列車で鈴木町で降りて、戻ってきた「京急110年の歴史ギャラリー号」を撮影しました。

Img_9806
2008年2月25日 鈴木町で筆者撮影

こうして、創立110周年を迎えた京急で運転を始めたラッピング車両を撮影できました。これら編成は約1年間この姿で運行されるとのことです。
110年の歴史を刻んできた京浜急行電鉄、旧1000形にこれら塗装の時代はありませんでしたが、歴史を感じさせる記念列車、運用は普通列車がメインですが、高速で走り抜ける快特から乗り換えてこれらラッピング電車に乗車して、110周年の歴史を感じながら沿線を散策してみるのも良いかと思います。


この記事からトラックバックを送信しました。
おまけ鉄ブログさん
kqtrain.netさん

|

« Coming Soon! 東海道線E233系 | トップページ | 健在! ブルートレイン「富士」「はやぶさ」 »

レアもの」カテゴリの記事

カテゴリー京急」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです。京急は月一回必ず乗りますが、快特利用が多く、普通に乗る機会はないのですが、旧1000系が見事クラシックに変身しましたね。特に、マルーンの電車は、阪急電車かと見まごうできですね。レトロですばらしいです。いつか気分転換に大師線に乗りたいです。

投稿: オグリキャップ | 2008.02.27 18:33

オグリキャップさん、コメントありがとうございます。

創立110周年を迎えた京急旧1000形にラッピングで施された、かつての電車をイメージが再現されました。いずれも旧1000形が登場した時代には、この塗装の車両は存在していませんでしたので時代考証的には合わないのですが、よく再現されたかと思います。昭和20~30年代の復刻編成は本線普通で、大正時代の復刻編成は大師線でそれぞれ1年間このスタイルで運転されることになっていますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

投稿: Kaz-T | 2008.02.27 22:14

この記事へのコメントは終了しました。

« Coming Soon! 東海道線E233系 | トップページ | 健在! ブルートレイン「富士」「はやぶさ」 »