« 東海道新幹線から撤退始まる 500系 | トップページ | レインボー釜!EF81 95 牽引の回送列車 »

2007.06.17

リバイバルカラー 東北・上越新幹線200系

さて、昨日はN700系の試乗会ということで東海道新幹線が話題となりましたが、一方で東北・上越新幹線では200系がリバイバルカラーをまとって運転を始めています。こちらも撮影することができました。

Img_4600
当時の塗装が再現された東北・上越新幹線200系 2007年6月16日 熊谷で筆者撮影(たにがわ410号)

200系は、1982年の東北・上越新幹線開業当初から活躍した車両でしたが、近年はE2系・E4系などの増備により数を減らしてきています。現在残っている200系はリニューアルが実施され外装もE2系などのイメージにあわせたものになりましたが、今年でJR発足20周年さらには東北・上越新幹線開業25周年という節目の年を迎えるにあたり今回、K47編成に200系登場時のアイボリーとグリーンのツートンが再現されました。

さて、この編成を撮影しようと以前から狙っていたのですがその前日、この編成の運転を確認しましたのでこの日の運行をある程度予測して東京駅に行ってみたところ、この編成が23番線に停車中でした。まずはこの編成の出発の姿を後追いで撮影してみました。

Img_4571
東京を出発した リバイバルカラー200系 2007年6月16日 筆者撮影(たにがわ405号)

越後湯沢行きの上越新幹線「たにがわ405号」で出発したリバイバルカラー200系、その後折り返して東京に到着する列車も23番線入線となってしまうことから、編成全体を撮影するため、先の東海道新幹線N700系・500系を撮影後、熊谷に行ってみました。

熊谷で戻ってきたリバイバルカラー200系を撮影してみました。

Img_4598
熊谷に入線するリバイバルカラー200系 2007年6月16日 筆者撮影(たにがわ410号)

Img_4599
2007年6月16日 熊谷で筆者撮影(たにがわ410号)

Img_4601
2007年6月16日 熊谷で筆者撮影(たにがわ410号)

Img_4602
熊谷を出発したリバイバルカラー200系 2007年6月16日 筆者撮影(たにがわ410号)

リニューアルが行なわれた200系にリバイバルカラーを施したため前面窓部分に違和感を感じますが、それでも200系といえばまさにこの外装で、今から25年前東北そして上越を走り始めた新幹線車両として、多くの人々の記憶に残っている姿ではないかと感じます。

さて、来週の土曜日6月23日で東北新幹線は開業25周年を迎えます。同日は、この編成を使用して大宮~盛岡を臨時新幹線「やまびこ931号」が運転されます。その後も上越新幹線開業25周年など各種イベントでも使用されるとのことですので、これからさらに注目を集める編成になるのではないかと思います。

|

« 東海道新幹線から撤退始まる 500系 | トップページ | レインボー釜!EF81 95 牽引の回送列車 »

レアもの」カテゴリの記事

セレクト新幹線」カテゴリの記事

コメント

ふるさとチャイムが復活してくれると嬉しいですね

投稿: SATO | 2007.06.17 07:51

SATOさん、コメントありがとうございます。

早いもので、東北・上越新幹線が開業して四半世紀になろうとしています。
その当時の車内放送時に、各駅で異なっていたメロディー、以前CDとして発売されたこともあったかと思います。
おそらくは、外観のみですので車内チャイムはそのままであるかと思いますが、25周年の記念列車ではもしかしたら、再現があるのかもしれません。

投稿: Kaz-T | 2007.06.17 23:45

こんにちは。
このカラーを見ると、なぜか東北新幹線が盛岡に延伸した当時を
思い出します。

投稿: jw2jw2 | 2007.06.18 16:41

初めまして!red starさんやさすらいさんのブログに主に投稿していますが、このコーナーには初投稿です。
確かに東北・上越新幹線の200系旧塗装は懐かしいですよね!各駅のオリジナルメロディーが再現されるといいですね!私はと言うと200系のリバイバルは躊躇いますね!何故ならば東北・上越新幹線の開通は当時としては歓迎してませんでした。それらによって上野駅を賑わしていた在来線特急が姿を消してしまいワンパターンで面白くない新幹線はナンセンスと思ったからで、8年前の0系引退時もそうでしたが新幹線はワンパターンで面白くないと言う先入観が今でもあるのかも知れません。でも今の新幹線は当時とは違ってバラエティーに富んでいますけど!
それと私は当時上野からの在来線特急に乗って東北や北海道への旅がしたかったのですがあの頃はまだ自由に旅行が出来る身分ではありませんでした。自由が利く様になった時には既に東北・上越新幹線が開業していて在来線特急は殆ど姿を消してしまいました。幸い「まつしま」等の急行や唯一東北を目指す特急として「つばさ」が残っていてそれらの列車で旅する事が出来たが!でも今は新幹線は有り難い存在ですよ!だって札幌を昼頃出てもその日の内に自

投稿: 開運skyliner | 2007.06.18 20:21

コメントいただきまして、ありがとうございます。

jw2jw2さん>
200系は、今から25年前の東北新幹線開業時に、まさにこの塗装で登場しました。あれから四半世紀になろうとしています。今一度、その当時を思い起こしてみてはいかがでしょうか?

開運skylinerさん>
こちらでは、初めまして。弊ブログにようこそお越しくださいました。
東北・上越新幹線が開業して25周年になろうとしています。今ではE2系・E4系が主力となり、200系についてもリニューアルが行なわれ、外装が変更になったものしか残っていない今、この塗装が再現されたことは、私も懐かしく思います。
私も父が新潟出身なもので、この新幹線には乗車しました。
たしかに、新幹線開業で上野発のエル特急シリーズは少なくなりましたが、この新幹線が果たした役割は大きいと思います。
ふるさとチャイムと呼ばれた各駅のオリジナルメロディーまでは再現されているかどうかはわかりませんが、あの当時、この新幹線で北への想いを馳せた方、またこの新幹線に乗って東京にやってきた方々にとっては懐かしい姿なのかと思います。
この編成は、実はなかなか見るのが難しく、この日うまい具合に目撃することができたことから、運用を予測して出会うことができた次第です。
今度の土曜日には、この編成を使用した臨時「やまびこ」が大宮から盛岡に向けて走ります。これから多くの話題を提供していくかと思われます。

これからも、ご来場をお待ちいたしております。

投稿: Kaz-T | 2007.06.18 23:18

この記事へのコメントは終了しました。

« 東海道新幹線から撤退始まる 500系 | トップページ | レインボー釜!EF81 95 牽引の回送列車 »