« シングルアームパンタ化された東急7603F | トップページ | 相鉄新デザイン電車撮影会に行ってきました »

2007.04.22

健在!相鉄5000系

さて、昨日のオフ会で二次会の祐天寺「ナイヤガラ」を出たあとは、横浜に向かいました。その理由ですが、とある鉄道目撃情報の掲示板に「相鉄5000系が運用に就いている」という書き込みがあり、以前撮影したものの夜間の撮影で、昼間に撮影できるまたとない機会となると思われましたので、行ってみました。

そして横浜に着いて相鉄ホームに行きますと、5000系がすでに急行海老名行きで停車中でした。

Img_3243
2007年3月21日 横浜で筆者撮影

待つことなく停車していたというまたとない展開となりましたので、この車両に乗車しました。

相鉄5000系は、元は1955年に登場した相鉄初の高性能車がルーツになります。その後輸送力増強などで1972年から車体を7000系と同じアルミ製20m4ドアの車体に載せかえられ5100系と形式を変更しましたが、1988年に足回りをVVVFに換装して再び5000系と称されるようになりました。
10両編成で2編成存在していましたが、1編成は廃車となりこの編成も当初は廃車の予定でしたが、事故による予備車が不足したためこの編成は今日まで残りました。基本的には予備車であることから運用はラッシュ時間帯が主で土・休日ダイヤの昼間に運用に就くことは稀であると思われます。

5000系の急行でさがみ野で下車して、折り返してきた急行横浜行きを撮影しました。

Img_3247
2007年4月21日 さがみ野で筆者撮影

Img_3250
2007年4月21日 さがみ野で筆者撮影

相鉄では昨年から新しいシンボルマークとロゴが制定され、5000系にもその表記が付いています。またこの日見た限りですと検査から出てきて間もないようで、足回りがきれいになっていたとともに、パンタグラフがシングルアーム化されていました。いつ引退かと思われていた相鉄5000系でしたが、まだ運用に就くようでしばらくは活躍しそうです。

1編成のみの存在ですので出会う確立はかなり低いですが、注目してみる価値がある車両ではないかと思います。

|

« シングルアームパンタ化された東急7603F | トップページ | 相鉄新デザイン電車撮影会に行ってきました »

レアもの」カテゴリの記事

カテゴリー相鉄」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。