« さよなら常磐線415系鋼製車 | トップページ | 関東鉄道常総線で運転 映画撮影用車両 »

2007.03.18

京葉線 E331系デビュー

今日はJRグループでダイヤ改正があり、首都圏では私鉄・地下鉄・バス共通のICカード乗車券「PASMO」が登場し、JR東日本で発行しているICカード「Suica」と相互利用が始まりました。本来ならば、「PASMO」デビュー関連の記念カードを買い求めるところなのですが、あいにく今日は夜勤明けであったものでそれらの記念カードの購入はできませんでした。

さて、仕事が昼過ぎり終わり、帰りは車内で寝ながら移動できるように京葉線の東京から武蔵野線に乗車して府中本町方面に行こうとしたのですが、このホームで武蔵野線の直前に出発する京葉線の快速蘇我行きの案内が、「14両」というあまりにも怪しい表示が出ていましたので、この列車を待ってみることにしました。そして、その列車は到着しました。

Img_0581_1
本日より京葉線で営業運転を開始した新型車E331系 2007年3月18日 東京で筆者撮影

到着した車両は、本日のダイヤ改正より京葉線で運転を開始した新型車両、E331系です。この車両は昨年にすでに入線していましたが、その後各種試運転が行われたのち、今日より営業運転を開始しました。

E331系は、先に製造された試験車両「AC TRAIN」の量産先行車両として1編成がまず導入されました。中央線などで各種試験走行を行い昨年で廃車となってしまった「AC TRAIN」での成果が反映されており、その最大の特徴は連接構造を採用して足回りの数の削減と、駆動装置を介さないDDM(ダイレクトドライブモーター)を採用したことによります。連接構造となったことから車体が小型になりますが、この車両14両で従来の通勤型車10両編成に匹敵します。なお14両貫通編成ではありますが、7両ずつにユニットとして分割できる構造になっています。
乗車してみますと、先頭車の一部の座席が可動式になっており、混雑時はロングシート・閑散時はボックスシートとすることができる構造になっています。今日の運用では、ボックスシートの状態で運転されていました。その他の車内の様子はE231系と同等で、ドア上には山手線E231系や中央快速線E233系などと同様に液晶モニターが各ドア上に2台取り付けられていて、次駅・停車駅案内と各種広告が放映されていました。

走り出しますと、この路線では205系が主力なだけに車内が静かになったと感じたことや、連接構造であることから走行音に独特なものがありました。

このE331系の快速で終点の蘇我まで乗車しました。

Img_0583
蘇我に到着したE331系 2007年3月18日 筆者撮影

Img_0586
2007年3月18日 蘇我で筆者撮影

Img_0587
E331系の特徴 連接台車

蘇我からは再びこのE331系の快速で東京方面に戻りました。せっかくの新型車であることもそうなのですが、今日はダイヤ改正が行われ、未来に向けて各種試験ののち登場した新型車両E331系がデビューし、千葉エリアではデスティネーションキャンペーンが開催され、今年でJRグループが発足20周年を迎えるというこのご時世で、未だ国鉄時代の考え方のままの方々が千葉エリアには居られるようで、今日はその方々たちがストライキを実施しており、蘇我付近における千葉方面の普通列車が来るかどうか、一抹の不安があったのも大きな理由の一つです。

帰りも乗車したE331系の快速東京行きは、途中の海浜幕張で特急の待避がありました。

Img_0593
205系と並ぶE331系 2007年3月18日 海浜幕張で筆者撮影

再び乗車して、今度は走行している姿も撮ろうとしたのですが、この時間帯では下り列車では逆光になってしまうことや時間の都合上、舞浜で下車してここを出発したE331系を撮影してみました。

Img_0595_1
後追いで 2007年3月18日 舞浜で筆者撮影

こうして、本日のダイヤ改正より運転を開始したE331系に早速乗車することができました。

連接構造など特異な点があることや乗車位置が異なることから、運用的には限定になっているかと思われます。「AC TRAIN」で開発された成果を多く盛り込んだE331系、この車両が今後増備され次世代の通勤型電車となるのか、はたまた京葉線に1編成導入されただけで終わってしまう同線のアトラクション的な車両になってしまうのか?この後の動向には多いに注目してみる必要がありそうです。

まずは京葉線で導入された新型車、E331系に乗車されてみてはいかがでしょうか?


5月29日追記
現在、E331系は故障が発生している状況で運用を離脱しています。このためか本件の閲覧が大変多く、中には事実関係が確認できない書き込みも見受けられます。(弊ブログは事前認証制を採用しています。よって、内容次第では公開しない、あるいは一旦公開しても再び非公開とすることもあります。)
E331系は、ダイレクトドライブや連接構造など新技術を搭載した次世代の通勤車を目指した車両であり、その結果従来の車両とは異なる点もあると思われます。
現在、故障の原因とその対策について究明・検討が行なわれているかと思われます。ぜひ、これら原因を突き止め修理ののち、再び運用に復帰し乗車できる日を待とうではないでしょうか?

|

« さよなら常磐線415系鋼製車 | トップページ | 関東鉄道常総線で運転 映画撮影用車両 »

セレクトE電」カテゴリの記事

新登場」カテゴリの記事

コメント

E331が今日から運転開始と知っていれば行ってたんですが、私のほうは今日は東京モノレールに乗りに行ってました。
PASMO関連については自分の定期をPASMOにしたくらいです。

東京モノレールは快速が2つにわかれたのは良いものの、その英訳が微妙な表示になってしまいました。

投稿: TOMO-k | 2007.03.18 22:23

TOMO-kさん、コメントありがとうございます。

今日のダイヤ改正で、京葉線に登場したのがE331系です。確かに東京モノレールでも快速系統に変化がありましたね。機会があったときに訪れてみようかと思います。

投稿: Kaz-T | 2007.03.18 22:55

この前Wikipediaを見たら、「当面は土曜・休日ダイヤのみでの運行」と書いてありました。と言うことは当面は先頭車の2wayシートはセミクロスシートのままでの運行となりますね(平日はロングシート)。

投稿: F02 | 2007.03.20 08:46

F02さん、コメントありがとうございます。

E331系は当面土曜休日ダイヤのみでの運転ですか、やはり乗車位置目標などがずれるなどの配慮なのでしょうか?
しかし、土曜休日ダイヤのみ運転ならば、京葉線で待てば乗れそうですね。未来の通勤電車の姿を垣間見ることができるE331系に注目ですね。

投稿: Kaz-T | 2007.03.21 12:27

はじめまして。今日、E331系に乗車してみました。
乗った列車のドア上の液晶モニターがずっと、「JR東日本」のロゴを出しているままでした。トラブルなのか、あえてそういう表示にしていたのかわかりませんが、そうすると、首都圏の近郊図でしか、停車駅がわからないので不便性を感じました。今後、E233系の増備などで、紙媒体の停車駅表示はなくなると思いますが、そういう問題があるということも把握しておかないといけませんね。

投稿: tikahiro | 2007.03.21 20:28

E331系の運用は95Aとか聞きましたが、これからも固定されるのですかね?

Primera

投稿: Primera | 2007.03.21 23:46

コメントいただきまして、ありがとうございます。

tikahiroさん>
弊ブログにようこそお越しくださいました。
自分が乗車したときは、停車駅案内は正常に動作していましたので、何かあったのでしょうか?たしかにモニターだけですと、故障時に停車駅がわからなくなるという問題がありますね。

Primeraさん>
E331系はとりあえずは、土・休日ダイヤでしか運用はないそうです。その一方運用が固定というのは、ある意味うなずける面もあります。もしそうだとしますと、東京時刻表などで95A(もしくは95Y・上りでは1を引く)を追えばE331系に乗車できるということになりますね。
いろいろな意味で楽しみな車両であると思います。

投稿: Kaz-T | 2007.03.22 00:39

先週辺りからE331系は故障中です。よって95ダイヤの電車を待っても205か201の10両車しか来ません。今日もそうでした。これは、南船橋で95ダイヤの電車を待っていたら、201系が来たのでおかしいと思い駅窓口で聞いたところ「いまE331は故障中で走っていません。」とのこと。どの辺りが故障したのか、修理がいつ終わるのかはわからないのですが、少なくとも今週は乗ることは出来ないと思います。

投稿: マエモ | 2007.04.07 08:40

マエモさん、コメントありがとうございます。

E331系が故障中で運用から外れているのですか。確かに新機軸を多く取り入れた車両だけに、営業運転を行ってから発生した故障なのかもしれません。いずれにしましても、また復帰することを待ってみるしかなさそうですね。

情報をありがとうございました。

投稿: Kaz-T | 2007.04.08 01:14

情報によるとE331系は自走できない状態になっているらしいです。
というかパンタグラフも上がらないらしいです・・・。
近いうちに牽引され、車両工場に連れて行かれ、全般検査のように車両をバラバラにし一から作り直すそうです。

E331系は量産されないでしょう。

                by昭和鉄道高等学校 在校生

投稿: 昭鉄生 | 2007.05.15 23:41

昭鉄生さん、コメントありがとうございます。

やはり、自走できない状態になってしまっているのですね。工場入りして早期の修繕を希望したいところです。

E331系は各種新機軸を数多く導入した車両ですので、故障状況について徹底的な原因究明と対策を望みたいところです。そういう意味においては、これで今後の増備がないと言い切るのは早計と思われ、ポストE233系を睨んだ次世代の車両であるかと思います。

投稿: Kaz-T | 2007.05.16 22:11

この記事へのコメントは終了しました。

« さよなら常磐線415系鋼製車 | トップページ | 関東鉄道常総線で運転 映画撮影用車両 »