« 小田急新型通勤車 4000形登場! | トップページ | まもなく終焉 特急「東海」 »

2007.02.06

今年も季節到来 京王百草園梅祭りヘッドマーク

2月に入りましてもまだ寒い日が続いていますが、一方では春の訪れも近づきつつあります。この時期梅の花が見ごろを迎えます。各地の名所で、梅の花が咲き始めていることと思います。東京の梅の名所の一つである東京都日野市にある京王百草園でも、梅の開花が始まり恒例の「梅祭り」が始まりました。

さて、京王線では百草園の梅祭り開催に合わせてヘッドマークを付けた列車が登場します。今年も登場しましたので撮影してきました。

Img_1874
今年の「百草園梅祭り」ヘッドマークは今年度入線の9033Fに取り付け 2007年2月6日 明大前で筆者撮影

Img_1879
上記編成の京王八王子方先頭9783に付けられたヘッドマーク 2007年2月6日 新宿で筆者撮影

Img_1880
もう1編成は8000系に取り付け 8751 2007年2月6日 新宿で筆者撮影

Img_1883
上記編成の新宿方先頭8801に付けられたヘッドマーク 2007年2月6日 明大前で筆者撮影

今年も2編成に付けられた百草園梅祭りヘッドマーク、デザインは昨年と同様のようです。8000系の8801F+8001Fと今年度入線した9000系9033Fに付けられましたが、9033Fは都営新宿線乗り入れ仕様車ですので都営新宿線内でもこのヘッドマークを見ることがあるでしょう。

今日はお休みを頂いたことから、朝のラッシュ時間帯で2編成とも出会うことができました。
まだ寒い時期が続きますが、梅祭りという声を聞きますと、春が近づいていることを感じさせるヘッドマークではないかと思います。


昨年の百草園梅祭りHMはこちらに記事があります。


この記事からトラックバックを送信しました。
Oka Laboratory 備忘録さん
レールの響きさん

|

« 小田急新型通勤車 4000形登場! | トップページ | まもなく終焉 特急「東海」 »

カテゴリー京王」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。