« 九州旅行記 目次リンク | トップページ | むらさき香る 銚子電鉄 »

2007.01.17

リバイバルカラー 京成赤電

本日はお休みを頂きました。そこで、今日は今月28日に行われるという京成電鉄のリバイバルトレイン「開運号」を撮影するためのロケハンを兼ねて上野から京成に乗車していたのですが、その途中で28日に開運号に使用される車両がすれ違いました。しかもそれは、28日に開運号として運転する姿になって運転しておりましたので、これは大変とばかり、折り返してこの列車を撮影してきました。

Img_1650
京成のかつての塗装「赤電」色が再現された3295F 2007年1月17日 堀切菖蒲園で筆者撮影

今回リバイバル運行される「開運号」に充当される編成は、現在は一般車になっているかつての「開運号」用車両だった3200形3295Fです。その当時の姿を再現するために懐かしの「赤電」塗装になりました。かつて京成先代の3000形から3300形までの車両で、都営浅草線乗り入れ開始直後から昭和50年代までの外装です。

Img_1653
2007年1月17日 堀切菖蒲園で筆者撮影

懐かしの外装が再現された3295F、一般車に格下げ後車体更新・冷房化などで前面のスタイルは変わってしまいましたが、やはり京成の3300形までの車両にはこの外装が一番あっているように思います。

実は、京成電鉄オフィシャルサイトにも掲載されていた「赤電」カラー電車の運転は本日からであったようで、早速撮影してきました。今日は午前中については撮影した列車で京成高砂入庫であったようです。その後出庫があったかどうかは不明です。

今となっては、京成一般車で唯一片開きドアで残っている3295Fに施された「赤電」塗装。「開運号」リバイバル運転前に早々とお目見えして運転を開始しました。28日の日曜日には、前面に丸型の「開運号」のヘッドマークをつけ、スカイライナーが登場する前の京成の看板列車の姿が再現され、この編成のもう晩年とも言える時期の晴れ姿となり当日は大勢の人が訪れそうです。「開運号」運転後は、3月末までこの編成はこの塗装のままで運転されるとのことですので、これまで京成電鉄の歴史の中で「開運号」として活躍してきた栄光を伝えてきた3295Fがさらに注目を集めそうです。

この姿をご覧になって、かつての京成電車を思い起こした方、この編成は4両編成ですので運用的には本線普通(上野~津田沼・うすい)・千葉・千原線・金町線で運用されることが多いと思われます。ぜひ京成電鉄を訪れてみてはいかがでしょうか?

関連記事
その昔、この電車に乗った人にはご利益があったという(2005年7月10日)


この記事からトラックバックを送信しました。
red star's Blogさん
ザ・日記パレード(赤版)さん
まめ写真館さん

|

« 九州旅行記 目次リンク | トップページ | むらさき香る 銚子電鉄 »

レアもの」カテゴリの記事

カテゴリー京成・新京成・北総」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。こんにちは。
少し前から覗いていました。
素敵な写真がたくさんアップされてありますね。
私もかっこいい鉄道写真を撮りたいなと思っています。

最近千葉方面の鉄道が熱いですね。
開運号復活もそうですし、JRでも新車の投入や車両の置換えが進んで車種がバラエティ豊かに。
ますます遊びに行きたくなりました。

私のブログのお気に入りに登録させていただきました。

投稿: まるてん | 2007.01.18 23:07

まるてんさん、弊ブログにようこそお越しくださいました。コメントいただきまして、ありがとうございます。また、ブックマークにご登録もいただきまして、感謝いたします。

弊ブログは、鉄道のネタだけの内容になっています。基本的にはコンパクトデジカメで撮影した画像を載せているだけですのであ、大変身に余るお言葉を頂戴しましたことを感謝いたします。

さて、千葉方面は来月からデスティネーションキャンペーンが実施されることから大変話題が多く、京成では今月28日に「開運号」のリバイバル運転を実施し、それに充当される編成が当時の「赤電」カラーで運転を始めました。この編成は3月末までこの姿で運転されるそうですので、千葉を訪れた際は京成にも要注目といったところでしょう。

投稿: Kaz-T | 2007.01.19 23:40

私は,京成線沿線の出身ですが,この塗装で走っていた時代はほとんど見たことがありません。しかし,この塗装は浅草線への乗り入れ,沿線の都市化と人口の増加など高度成長期の京成線の発展を支えたので,京成にとっても思い出深いのではないかと思います。
塗装を復元させても,ミスマッチがあるのは仕方ないかもしれません。なぜならば,この塗装の時代の当時,京成線はめくり板と呼ばれる京成独特の行き先表示板を出していたことや非冷房車ばかりだったので,鉄道のサービスがまだ向上していませんでした。80年代の京成の赤電の車両更新工事は,こういう前時代的なサービスの更なる向上を目的にしていたことや近代化を目的にしていたので,その際に外見が変わってしまいました。なので,物足りなく感じてしまう点がありますが,古き良き時代を思い出させるようなこの塗装の電車にはさまざまな思い出が甦るのではないかと考えさせられます。

投稿: 特急あらかわ | 2007.01.22 00:11

特急あらかわさん、コメントありがとうございます。

私も、京成に初めて乗車したときは朱色にクリームの帯という時代になっていましたので、この塗装のリアルの時代はわかりません。しかし、21世紀になって再び再現された赤電塗装、確かに前面スタイルは変わってしまったとはいえ、この塗装が京成3300形までの車両には似合っていると思います。

このリバイバル塗装、京成沿線に長い間住まわれている皆様方には、懐かしい姿なのではないかと思います。

投稿: Kaz-T | 2007.01.22 22:15

この記事へのコメントは終了しました。

« 九州旅行記 目次リンク | トップページ | むらさき香る 銚子電鉄 »