« 九州の大手私鉄 西鉄の特急8000形 | トップページ | 黄色の車体に昔日の栄光を見た 西鉄2000形 »

2007.01.11

通勤・通学輸送に活躍する西鉄の通勤車

九州の大手私鉄である西鉄、もちろんのことながら通勤通学輸送を担っています。今回は、西鉄の通勤型車を記事とします。

Img_1413
西鉄の通勤型車はアイスグリーンにレッドの帯 2007年1月7日 西鉄福岡(天神)で筆者撮影

現在天神大牟田線系統で活躍している通勤型車は、アイスグリーンにレッドの帯が入った外装の車両になります。関東からでは遠いところにある西鉄の通勤車について各種撮影してみました。

Img_1420
西鉄通勤型車の主力 5000形 2007年1月7日 花畑で筆者撮影

この車両は1975年に登場した現在の天神大牟田線系統の主力車両です。福岡近辺を中心に、急行や普通、ラッシュ時間帯には特急にも使用されます。現在の西鉄通勤車の塗装は、この車両から始まりました。外見上は、前面運転席側だけがパノラミックウィンドになっているという特徴があります。

Img_1414
混雑対策のため4ドアになった6000形 2007年1月7日 西鉄福岡(天神)で筆者撮影

この車両は1993年に登場した車両で、5000形をベースにした車両です。前面は5000形と同じですが側面は4ドア仕様になり、混雑時間帯の停車時間短縮を狙いました。昼間は主に普通列車に使用されています。なお、6000形にはVVVFを搭載した6050形も存在しています。

Img_1421
甘木線・天神大牟田線久留米以南のローカルの主力 7000形 2007年1月7日 花畑で筆者撮影

Img_1426
7000形シリーズには3ドア仕様の7050形も存在している 2007年1月7日 西鉄久留米で筆者撮影

この車両は、2001年に導入された車両で、全編成2両という編成です。当初は4ドア仕様で製造されましたが、途中でローカル仕様になったのか、3ドアになった7050形も登場しています。
この車両はワンマン対応車で、西鉄福岡には4ドアの7000形が2本つないだ4両編成の普通で姿を見せることはありますが、主な運用エリアは宮の陣で分岐する甘木線と宮の陣・久留米~大牟田間の2両編成の普通列車としてワンマンで運転されています。このため甘木線と宮の陣・久留米~大牟田の普通列車は直通運転を行っています。なお、この区間では特に3ドア・4ドアの区別はなく、ほぼ共通で運転されているようです。

これら通勤車は、今回の旅行記では主に支線系統で乗車しました。

Img_1432
甘木線の終点、甘木に到着した7050形3ドア仕様車 2007年1月7日 筆者撮影

Img_1433
初詣客で賑わう学問の神様・大宰府天満宮への足、大宰府線でも運転されている5000形 2007年1月7日 西鉄二日市で筆者撮影

普段、なかなか紹介される機会が少ない西鉄の通勤型車です。3ドアと4ドアが混在している様子はどこか、JR東日本の東海道線、宇都宮・高崎線や西武鉄道を思い浮かばせます。九州の地を訪れ、西鉄に乗車された際は、これら通勤車にも目をむけてみてはいかがでしょうか?

|

« 九州の大手私鉄 西鉄の特急8000形 | トップページ | 黄色の車体に昔日の栄光を見た 西鉄2000形 »

カテゴリー西鉄」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。