« JR九州が誇る特急列車 787系 | トップページ | 急カーブに舞う白い車体 885系 »

2007.01.14

日豊本線を行く音速の振子特急 883系

積極的に新型車を投入してきているJR九州では、1995年に博多から日豊本線の大分を結ぶ特急列車に新型車を導入することになりました。日豊本線は急カーブが多い線形であったことから曲線区間でも速度を落とさず、車体を傾けることにより走行することができる振子式の特急車として883系が導入されました。

Img_1570
日豊本線の特急に導入された883系 2007年1月8日 小倉で筆者撮影

導入された883系には音速を意味する「ソニック」という愛称がつけられましたが、この883系が登場したときは大変驚かされました。それはセルリアンブルーのヘッドにステンレスの車体はどこか未来的な雰囲気を漂わせる外観、そして広々としたデッキを過ぎて客室に入ると、この車両のエンブレムになっている小動物の耳をイメージしたとされるカラフルなヘッドレストの座席が並ぶという、これまでの車両の概念を覆す大変強烈なインパクトを与えました。この列車のデビュー当初のキャッチコピーが「ワンダーランドエクスプレス・不思議な国から来た列車」という文言が示すように、この列車での移動空間が楽しめる仕掛けがなされ、大変評判になりこの車両もブルーリボン賞を始めとした数々の賞を受賞しています。

デビュー当初は「ソニックにちりん」として運転されましたが、いつしか博多~大分の特急の列車名が「ソニック」になり、今日親しまれています。特に近年では日豊本線の特急のほとんどが大分で分断されるようになり、博多・小倉で日豊本線の特急はほとんど「ソニック」になっています。この間で883系は増備され、その時期により前面が微妙に異なり、またその前面が青のほか黄色・黒・シルバーになっているものも出現しました。

さて、デビュー当初は大変衝撃的な印象を植え付けた883系でしたが、やがて経年により陳腐化してきたのか最近リニューアルされた車両が登場しています。

Img_1610
リニューアルが実施された883系「ソニック」 2007年1月8日 博多で筆者撮影

リニューアルされた883系は、このように全体的に青の外装になりました。また車内もリニューアルされています。

カラフルな車内など、その登場には驚いた「ソニック」883系も走り始めて10年以上が経過しました。今後は姿は変わっても、博多から大分を結ぶ特急列車として活躍していくことでしょう。

|

« JR九州が誇る特急列車 787系 | トップページ | 急カーブに舞う白い車体 885系 »

シリーズJR九州」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。