« 豊肥本線を行く観光列車「あそ1962」 | トップページ | 通勤・通学輸送に活躍する西鉄の通勤車 »

2007.01.10

九州の大手私鉄 西鉄の特急8000形

1月7日は、前日に福岡に泊まってこの日は福岡市内の西鉄福岡(天神)から大牟田を結ぶ西日本鉄道天神大牟田線に乗車してきました。まず乗車したのは、看板列車特急として活躍している8000形です。

Img_1440
九州の大手私鉄 西鉄の特急に使用される看板車両 8000形 2007年1月7日 西鉄二日市で筆者撮影

西日本鉄道は九州福岡を本拠地とした鉄道会社で、大手私鉄16社に位置づけられています。特にバス部門は福岡市内を始めとした福岡県内、さらには福岡・博多を基点とする高速バスの多数運行しており鉄道というよりも、我が国最大のバス会社といえる企業で、そのバスははるばる東京・新宿までもやってきます。

さて、鉄道はといいますと先に記述しましたとおりで、福岡市内の天神にある西鉄福岡(天神)から大牟田を結ぶ天神大牟田線が本線になり、この路線から大宰府線・甘木線が分岐しています。これら路線の軌間は新幹線と同じ1435mmです。また、同じ福岡近郊には軌間1067mmの宮地岳線も運転しています。なお、かつては福岡・北九州市内で路面電車の運行も行っていましたが、いずれも廃線となり現在の路線となっています。今回まず乗車したのは、天神大牟田線で特急として活躍している8000形です。

Img_1417
2007年1月7日 西鉄福岡(天神)で筆者撮影

西鉄8000形は特急用車として、1989年にデビューしました。シャープな流線型はいかにも特急車というスピード感を漂わせています。車内は車端部を除いて転換クロスシートが並び、運転席背後は特に大きな窓と運転台に向かった転換クロスシートはどこか展望室を想像させます。なお、この列車は特急料金等は不要で乗車券だけで乗車できる車両です。どこか、関東では京急2100形を、関西では京阪8000系・阪急6300系当たりを想像することができるでしょうか?ただ、混雑する時間帯にはさすがの特急車でも運転はできずこの時間帯はやむを得ず一般車で運転されますが、その時間帯には8000形が普通運用に就くそうで、今回乗車した特急の8000形は西鉄福岡には普通で到着しました。

さて、天神の西鉄福岡から出発します。すぐ薬院に停車した後、西鉄二日市・西鉄久留米・花畑・大善寺・柳川と停車して大牟田市内の中心市街地に程近い新栄町に停車してから終点の大牟田に着きます。所要約1時間、筑紫平野を駆け抜けて到着しました。

Img_1419
大牟田に到着した西鉄8000形 2007年1月7日 筆者撮影

天神大牟田線は、福岡-二日市-久留米-大牟田とほぼ全線でJR鹿児島本線と並行しています。ここでの競争があるわけですが、久留米では西鉄のほうが賑やかな感があり、大牟田は同じ位置になりますが、ここの人は博多へはJR、天神へは西鉄という使い分けがなされているようです。

さて大牟田からは再び戻って、8000形を撮影してみました。

Img_1422
天神のショッピングモールの広告でラッピングされた8000形 2007年1月7日 西鉄久留米で筆者撮影

Img_1427
2007年1月7日 西鉄久留米で筆者撮影

Img_1438
人権擁護をアピールしたラッピング装飾の8000形 2007年1月7日 西鉄二日市で筆者撮影

西鉄の看板車両特急として活躍している8000形ですが、中には各種ラッピング装飾されている編成もありました。

首都圏でもない関西でもない九州福岡の地にある西鉄、この路線の看板列車特急として活躍している8000形、九州を訪れた際は、ぜひ乗車してみてはいかがでしょうか?

|

« 豊肥本線を行く観光列車「あそ1962」 | トップページ | 通勤・通学輸送に活躍する西鉄の通勤車 »

カテゴリー西鉄」カテゴリの記事

コメント

西鉄の弱点は「車庫がないこと」だと福岡の人に聞きました。一応柳川にあるのですが、他、二日市に電留線があったと思います。

ラッシュ時の8000は大宰府線の折り返しに入るとか聞きました。これも車庫がないからで、あれば東京のように休ませられるのですが

投稿: SATO | 2007.01.11 01:54

西鉄では8000形は設備的にはかなりのハイグレード車両で、これが料金ナシで乗車できますので沿線だけでなく、熊本方面~福岡(大牟田でJRと乗継)を割安に移動する際にも有用ですね。
ただ8000形は2ドアで6両と使い難い一面もありますが、西鉄では最近登場した3000形も3ドア車でシンプルな内装ながらもクロスシートを装備し、こちらは2両と3両編成を組み合わせて様々な編成を構成できるなど、様々な実情を踏まえた完成形といった感じで、こちらの活躍も期待したいですね。(そちらは3000形にも乗車されたのでしょうか?)

投稿: MAKIKYU | 2007.01.11 18:34

コメントいただきまして、ありがとうございます。

SATOさん>
西鉄には柳川のほかにも、二日市から先の筑紫に工場も併設した大規模な車両基地があります。ラッシュ時の大宰府線での充当はやはり、混雑する福岡近辺に乗り入れることを避けた結果、支線系統で折り返してラッシュ終了を見計らって普通で福岡に向かってここで折り返して特急の運用に就くという運用になっているのであれば、これはむしろ効率的な運用と言えるのではないかと思います。

MAKIKYUさん>
西鉄8000形は、おっしゃるとおりハイグレードな車両で、これで料金不要とならば大変乗り得な車両になります。確かに6両編成でドア2つは混雑時には使いにくいかもしれません。
3000形にも乗車しております。こちらも記事としてアップしましたので、どうぞご覧ください。

投稿: Kaz-T | 2007.01.12 00:43

この記事へのコメントは終了しました。

« 豊肥本線を行く観光列車「あそ1962」 | トップページ | 通勤・通学輸送に活躍する西鉄の通勤車 »