« 黄色の車体に昔日の栄光を見た 西鉄2000形 | トップページ | 今後の奮闘に期待 福岡市営地下鉄七隈線 »

2007.01.11

西鉄の新型車 3000形

福岡(天神)から大牟田を結ぶ西鉄天神大牟田線では、現在新型車の導入を進めています。その車両は3000形という車両で、今回の旅行記でも出会うことができました。

Img_1448
現在、増備が進められている新型車3000形 2007年1月7日 西鉄二日市で筆者撮影

3000形は昨年から導入が始まった新型車で、西鉄では初めてのステンレスカーとなります。前面は傾斜をつけたスピード感を表現するとともにコーナー部には丸みを持たせた独特な外観になっています。また、側面は現在の西鉄コーポレートカラーともいうべきブルー・イエロー・レッドの3色のラインがあしらわれました。
車内は3ドア仕様ながら転換クロスシートが並んだ快適性・居住性に優れた構成になっており、カテゴリー的には通勤車でありながら看板列車特急に使用しても遜色ない車両であると思います。
編成は2両編成と3両編成があり、通常はこれらを繋いだ5両編成で運転されているようです。

Img_1450
2007年1月7日 西鉄二日市で筆者撮影

この3000形にも乗車しました。先の画像を撮影後、西鉄二日市で待避線停車中だった2000形の普通筑紫行きに乗車し終点で乗り換え、西鉄小郡から急行福岡(天神)行きで花畑から到着した3000形に乗車しました。
3ドアの通勤車ながら、転換クロスシートの座席は快適そのもので、特急並みの乗り心地を体験することができましたが、通常では5000形などのロングシート車6両編成で運転されている急行が、転換クロスシートの座席が並ぶ3000形5両編成ですと、やはり福岡に近づくと混雑が増してきたように思いました。

Img_1453
西鉄福岡(天神)に到着した3000形 折り返しは普通筑紫行き 2007年1月7日 筆者撮影

西鉄の新型車3000形にも乗車することができました。3ドアの通勤車ながら転換クロスシートの座席を持つ3000形は、特急から普通までオールラウンドプレイヤーとしての活躍が期待できそうです。またこのまま6両固定編成を導入するとすれば、現在2ドアでラッシュ時間帯の運用に難がある8000形の置き換えもできてしまうようにも思えます。いずれにしましても、今後の増備が待たれるとともに、これからの活躍が期待される新型車3000形、西鉄に乗車する機会がありましたときは、ぜひ乗車されてみてはいかがでしょうか?

|

« 黄色の車体に昔日の栄光を見た 西鉄2000形 | トップページ | 今後の奮闘に期待 福岡市営地下鉄七隈線 »

カテゴリー西鉄」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この西鉄3000形ですが、車内は割合シンプルな感じながらも、転換式クロスシートが並ぶ車内は特急用として使用しても遜色ない気がします。
また6両固定編成は現在の西鉄では使い難くせいぜい4両編成程度が妥当な気がしますが、現在この車両は7000形(7050形も含む)と同程度の性能でありながらも混結は行わずに3000形同士で連結して走っている状況ですので、ラッシュ帯の急行で7000形を天神方に増結した編成を走らせれば、閑散時間帯とラッシュ帯の双方で使い勝手の良い車両になる気がします。

投稿: MAKIKYU | 2007.01.12 22:39

MAKIKYUさん、コメントありがとうございます。

西鉄3000形は、おっしゃるとおりで3ドアながら転換クロスシートな並ぶ車内は、特急として使用しても差し支えないレベルであると思います。7000形との併決はできるのかどうかは不明ですが、あまりその姿は想像したくはありませんが、それでも通勤用に、また特急用にも使用できるオールマイティーな車両であるかと思います。
今後の増備が待たれます。

投稿: Kaz-T | 2007.01.13 13:41

この記事へのコメントは終了しました。

« 黄色の車体に昔日の栄光を見た 西鉄2000形 | トップページ | 今後の奮闘に期待 福岡市営地下鉄七隈線 »