« 試運転中 京成千葉線に乗り入れる新京成電鉄 | トップページ | 秋のハイキングに 小田急「丹沢もみじ号」運転 »

2006.11.12

日本最短距離鉄道の車両に遭遇

さて、先日は雨の中尾久のイベントから京成津田沼へ新京成の京成乗り入れ試運転を撮影してきましたが、その最中にこの車両も運用についていましたので撮影してきました。弊ブログの名物カテゴリーである「レアモノ」記事にようやく登場する車両です。

まずはその車両のビジュアルをご覧下さい。

Img_0337
京成の特急運用に就く 芝山鉄道3600形 2006年11月11日 京成本線 八千代台で筆者撮影

京成電鉄の通勤車両として登場した3600形でしたが、このうち1編成が2002年に開通した芝山鉄道に譲渡され、ご覧のように赤と緑のラインで前面に芝山鉄道のシンボルマーク「SR」が表記されました。なお、車番は変更されていないようです。
この車両は、京成車と共通運用で主に京成上野~成田空港の特急で運用されていることが多く、来月のダイヤ改正以後も変化はないと思われます。なお、3600形は先頭車はクハですので都営浅草線に入ることはあるとは思いますが、京急線に乗り入れることはできないのは京成に残る3600形と同様です。

さて、この車両は芝山鉄道の車両となっていますが、その「芝山鉄道」とはどんな鉄道なのでしょうか?

芝山鉄道は2002年に開業した鉄道で、京成電鉄東成田線の終点、東成田から1駅で終点の芝山千代田までを結ぶ鉄道で、全列車京成線に直通します。昼間は京成成田から京成車の4両編成で運転されています。東成田から芝山千代田までの営業キロは2.2キロで、これは我が国の鉄道で最も短い営業距離の鉄道ということになります。終点の芝山千代田駅は成田空港の航空機の整備場に近く、この駅のホームからは世界に向けて飛び立つ飛行機を眺めることができます。

芝山鉄道が開通したいきさつですが、成田空港建設の際、地域住民から反対運動が起き現在でも完全解決には至っていないのですが、その地域の見返り策として開業しました。現在ではまだ成田空港周辺で芝山町のはずれにしか駅はありませんが、今後芝山町中心部へさらには総武本線の横芝への延伸も模索されています。実現するかどうかは流動的ですが、地域の鉄道として開通した鉄道です。

日本最短距離鉄道である芝山鉄道の車両になった3600形ですが、運用上なかなか芝山千代田に来ることはなさそうですが、京成線の特急の運用に就く芝山鉄道の車両、気になる車両ではないかと思います。

|

« 試運転中 京成千葉線に乗り入れる新京成電鉄 | トップページ | 秋のハイキングに 小田急「丹沢もみじ号」運転 »

レアもの」カテゴリの記事

カテゴリー京成・新京成・北総」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいとります。
芝山鉄道・・・そんな鉄道会社があること自体知りませんでした。(笑)
わずか1駅間だけの鉄道ですから、車輌を「譲渡」されても終電後は京成の車庫へ帰るのでしょうね。(津田沼とか?)
京成には、全列車乗務員ともども乗り入れるのかな?

投稿: noda@vvvf | 2006.11.15 12:59

noda@vvvfさん、コメントありがとうございます。

芝山鉄道は、記事の本文にありますように京成東成田線の終点、東成田から1駅芝山千代田までの2.2キロの路線で、日本最短距離の鉄道(ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等を除く)になります。わずか2.2キロの鉄道の車両がこの3600形です。

運用的には、京成車と共通で本線特急の運用についており、車両基地も芝山鉄道内にはありませんので、おそらく京成高砂あるいは宗吾参道の京成の車両基地に入庫すると思われます。また、乗務員は京成の乗務員がそのまま乗り入れます。

成田空港開港による地域の見返り策として開通した芝山鉄道ですは、それほど利用はないと聞いております。今後どうなるのか、言われている路線延伸はあるのかどうか、気になります。

投稿: Kaz-T | 2006.11.16 01:09

全列車警官が添乗し、日本一安全(?)と言われている芝山鉄道ですね。パスネットが使えなかったのは、正直意外でした。

投稿: mac | 2006.11.18 21:10

macさん、コメントありがとうございます。

芝山鉄道は、開業後まもなく乗車したのですが、その時警官が乗車したのが印象的でしたが、今も継続されているのですね。成田空港付近という場所柄、止むを得ないのかもしれません。またパスネットは、芝山千代田まで乗車した際東成田までを精算窓口でカードから引き落として芝山鉄道区間を現金で精算する方法で、自動改札機・券売機ではパスネットは使えません。来年導入されるICカード「PASMO」にも対応していないようで、不便さは当面続くようです。

投稿: Kaz-T | 2006.11.19 00:44

以前にSとしてコメントしていたF02です。今回ブログを作り直したので、ハンドルネームを「S」から「F02」に変更しました。
この芝山鉄道3600型、この目で見たことはありませんが、芝山千代田行には殆ど充当されていませんね。F02は横浜在住だから、京急に直通して欲しいのですが・・・

投稿: F02 | 2006.11.19 07:58

F02さん、コメントありがとうございます。

まずは、ハンドルネーム変更の件、了承しました。

さて、芝山鉄道の車両になった3600形は1編成しかありませんので見るのは難しく、運用上は京成線の上野~成田空港の特急の運用に就くことが多いようです。横浜直通ですが、この車両に限らず京成3600形も含めて8両編成では先頭車がクハで、京急線に直通できる先頭台車がM台車という要件を満たしていませんので、京急線に直通することはありません。残念ですが、上野・日暮里・青砥といった京成本線まで行かないと見ることはできなさそうです。

投稿: Kaz-T | 2006.11.20 20:52

私はこの芝山鉄道の3600系は去年の3月11日偶然京成成田で特急上野行きで走っているのを見ました。その時はラッキーと思いました。そしてこの間の都営フェスタの帰りに特急運用の多いこの車両が偶然普通青砥行きで走っていたので超ラッキーと思い西馬込から浅草まで始めて乗りました。また普通運用で乗りたいです。

投稿: KITAKOSHIGAYA | 2007.01.29 22:06

KITAKOSHIGAYAさん、コメントありがとうございます。

芝山鉄道の車両になった3600形ですが、運用的には本線京成上野~成田空港の特急に就くことが多いのですが、ラッシュ時間帯などには都営線に直通する運用があるようですね。ただ、いかんせん1編成しかありませんので、見ることは難しいことには変わりありません。

投稿: Kaz-T | 2007.01.30 22:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 試運転中 京成千葉線に乗り入れる新京成電鉄 | トップページ | 秋のハイキングに 小田急「丹沢もみじ号」運転 »