« 京浜東北線にも投入 E233系 | トップページ | JR「小山車両センター開設40周年記念フェア」に行ってきました »

2006.09.06

東京メトロ10000系 デビュー

今日はお休みを頂きました。そこで、今月より有楽町線で営業運転を開始した東京メトロの新型車、10000系に乗車してきました。

Img_6661
営業運転を開始した東京メトロ10000系第2編成 10002 2006年9月6日 新線池袋で筆者撮影

今月1日より営業運転を開始した東京メトロ10000系でしたが、土曜日となった2日に有楽町線を訪れるもこの日は運用が無かったとのこと、その次の日は運用についていたものの午前中だけだったと散々な結果でした。どうもまだ西武池袋線内での試運転が行なわれていないようで、メトロ線内及び東武東上線に乗り入れる運用にしか就けられず、土・休日ダイヤにおいてメトロ車の運用はほとんど西武線にも乗り入れる運用が含まれていることから就ける運用が無いようで、平日ダイヤであれば終日就く運用があるとのことでしたので本日、10000系に乗車することとしました。

すでに、10000系に乗車された方のブログなどで就く運用は分かっていたのですが、2編成運転されているという情報がありましたので、他にも運用があるのではないかと思いとりあえず朝の時間帯にまずは市ヶ谷に行ってみました。そして、和光市行きで10000系が到着しましたので、この列車で終点の和光市まで乗車しました。

Img_6621
和光市に到着した10000系第2編成 2006年9月6日 筆者撮影

乗車してみた感想としまして、やはり車内の作りが豪華といいますかなかなかのデザインであり、特に貫通路のガラス張りは車内を広々と見せる効果があるようで印象的でした。

和光市で75S運用についていた10000系第2編成の折り返しを撮影しました。

Img_6630
折り返し新木場行きの10000系第2編成 10102 2006年9月6日 和光市で筆者撮影

Img_6625
10000系第2編成の前面に貼られたデビューステッカー

Img_6631
2006年9月6日 和光市で筆者撮影

さて、75S和光市行きの10000系第2編成乗車中に10000系の第1編成とすれ違いました。和光市で待って今度は東武東上線直通列車として到着した10000系第1編成に乗車しました。

Img_6633
到着した10000系第1編成 10001 2006年9月6日 和光市で筆者撮影

10000系の指定運用とされている27S運用に就いていた10000系第1編成で、東武東上線の川越市まで乗車してここで撮影しました。

Img_6638
2006年9月6日 東武東上線 川越市で筆者撮影

Img_6644
出発を待つ10000系第1編成 2006年9月6日 東武東上線 川越市で筆者撮影

Img_6645
10000系第1編成の前面に貼られたデビューステッカー

Img_6646
10000系車内の様子 10101 2006年9月6日 東武東上線川越市停車中に筆者撮影

川越市で撮影後、再びこの編成に乗車して一旦戻りました。

その後、夕方になって再度有楽町線を訪れ75S運用についていた10000系第2編成を撮影してみました。

Img_6651
夕方の運用に就いた10000系第2編成 2006年9月6日 和光市で筆者撮影

撮影後、この列車に乗車して新線池袋まで乗車しました。

Img_6654
新線池袋に到着した10000系第2編成 2006年9月6日 筆者撮影

こうして、少々遅れましたが東京メトロ10000系に乗車することができました。営団から東京メトロに代わって初めての新型車ということで、デザイン面には特に力を入れて設計されました。外見は曲面を強調した独特なデザインで、これからの東京メトロを表しています。また車体に巻かれたラインは有楽町線のラインカラーとは異なる茶色になっていますが、この車両は再来年6月開業予定の池袋~渋谷を結ぶ地下鉄13号線用の車両でもあり、東京の交通網に新たな変革をもたらすであろう新路線の車両になります。まだ13号線開通までは時間がありますが、それまでは有楽町線で運転されますので、今後の増備とこれからの活躍をそして13号線の開通にぜひ期待してみようではないでしょうか。

Img_6655
到着した10102の先に見えるレールは行き止まりで壁が立ちはだかっているが、その壁の向こうに10000系が活躍する未来へ繋がるレールが敷かれている。再来年、この車両はここから渋谷へ向けて走る。 2006年9月6日 新線池袋で筆者撮影

関連記事
いよいよ登場 東京メトロ13号線用新型車両(2006年5月20日)
Coming Soon! 東京メトロ10000系 東武東上線で試運転(2006年8月6日)


この記事からトラックバックを送信しました。
TOMOの鉄日誌さん
やっぱり鉄分の濃い日々さん
大沢3丁目さん
melonpanのつぶやき。さん
新・m-wonderどっと混む!さん
鉄ネタの宝庫さん
TETPR 気まぐれ日記さん
虹ブログさん
TSJ付゛録゛IIさん

|

« 京浜東北線にも投入 E233系 | トップページ | JR「小山車両センター開設40周年記念フェア」に行ってきました »

カテゴリー東京メトロ」カテゴリの記事

新登場」カテゴリの記事

コメント

関東圏で、間接照明っていうのは、初めてですか?関西ではかなり普及しているようですが。

つい最近まで、103系のように、冷房ダクトの脇に無骨な蛍光灯が突き出していたのが嘘のようですね。

Primera

投稿: Primera | 2006.09.06 23:51

Primeraさん、コメントありがとうございます。

少々遅れましたが、東京メトロの新型車10000系に乗車することができました。おっしゃるとおり、車内の照明は間接照明になっていたり、貫通路ドアも前面ガラス張りと大変凝った作りになっています。東京メトロの心意気が伝わる車両であると感じました。

投稿: Kaz-T | 2006.09.07 22:48

偶然です!!実は、新木場17時18分発の10102F編成の和光市行きに乗った後、18時21分の折り返し新線池袋行きに僕も乗車していました。

西武線では深夜に試運転が行われたそうですが、誘導障害が発生した事で現在東武直通限定で使われているとの事です(98年の西武線直通開始時も07系が同じ理由で乗り入れ開始が遅れていた)。すでに東武東上線では兄弟分とも言うべき50000系との顔合わせが実現していますが、誘導障害が解決すれば、同じ車体構造を取り入れている兄弟分の西武20000系との顔合わせがとても楽しみです。

投稿: astroboy-nj | 2006.09.09 00:39

astroboy-njさん、コメントありがとうございます。

和光市から同じ電車に乗車していたとは、これは全くもって奇遇と申しますか、世の中広いようで狭いですね。

西武乗入れは深夜に1度は行なっているのですね。その結果誘導障害が発覚してしまったのならば、これは早いうちに何とかしなければならないですね。
西武線での20000系やNRAなどとの競演も楽しみです。

投稿: Kaz-T | 2006.09.10 01:15

この記事へのコメントは終了しました。

« 京浜東北線にも投入 E233系 | トップページ | JR「小山車両センター開設40周年記念フェア」に行ってきました »