« 関東の駅百選 新スタンプラリー開催中 | トップページ | 東京メトロ1周年ヘッドマーク(東西線) »

2005.05.01

常磐線403・415系一族の珍車

まもなくダイヤ改正が実施され、E531系の導入が始まり置き換えが始まろうとしているJR常磐線の403・415系一族、この系列は製造年次や更新時期などによって、一見同じように見えても大変多くのバリエーションが存在しています。
そんな中、このバリエーション豊富な系列でも1両しか存在していないという珍車が今回の話題となります。

その珍車は「クハ415-1901」という車号を持つ車両です。

ではまず、「クハ415-1901」のビジュアルをご覧ください。

IMG_0451
クハ415-1901 2005年4月30日 上野で筆者撮影

この車両は、首都圏で混雑が著しく距離も延びた常磐線で着席サービスの向上を図るため、1991年に導入されました。画像をご覧いただいたとおり「2階建て普通車」となっております。主にラッシュ時間帯の下り方に連結されています。
しかし、2階建て普通車のクハ415-1901に続く車両は、その後東海道線「湘南ライナー」用にオールダブルデッカーの215系として花開いたもののクハ415-1900番台としては製造されず、現在でもこの1両が存在するのみです。

1両しか存在していない常磐線の「2階建て普通車」ですが、その運用は固定されていて以下の列車で運用されています。

下り
上野 7:49発 勝田行き 1335M
上野 20:51発 勝田行き 1461M(土浦まで連結)

上り
勝田 5:22発 上野行き 1326M(土浦から連結 土浦6:24発)
勝田 16:47発 土浦行き 646M
土浦 19:24発 上野行き 2452M

なお、これら列車には時刻表において“(2階建普通車連結)”と記載されていますので、選んで乗ることは可能ですが、撮影するとなりますと若干困難なようです。特に上野で撮影する場合、7:49発の列車は10番線からの発車で、11番線ホームから撮影することは不可能です。

車体はステンレス製ではありますが、2階建という特殊設計であり1両しか存在していないという珍車ですので、これから始まるE531系の導入による去就が早くも気になるところです。

|

« 関東の駅百選 新スタンプラリー開催中 | トップページ | 東京メトロ1周年ヘッドマーク(東西線) »

レアもの」カテゴリの記事

コメント

上りは、ラッシュ時間帯を避けていますね。やはり問題があるのでしょうか。

Primera

投稿: Primera | 2005.05.01 09:56

2扉で客扱いに時間がかかるのがネックとなってピークを避けた運用を余儀なくされているんですね。
 それでも着席機会の増加を売りにオフピーク通勤を奨励する意味で使用されていると見ることができます。
 東海道線の215系もそうですが、結局ダブルデッカーによるラッシュ輸送はうまくいかなかったという総括になるのでしょう。ダイヤ改正後どうなるか注目です。

投稿: 走ルンです | 2005.05.01 12:04

昔から常磐線でオール二階建て車輌を導入するような噂を聞きました。そんな背景から試行的に導入されたような車輌だと思います。

そう言えば東海道線の215系も今や定期運用を失ってたんですよね・・・。やはり快速クラスの列車で2ドア車は首都圏では無理があったのですね。

こういう車輌に限って予告も無しに、ひっそり姿を消してしまうような気がします。私も近々撮影に行きたいと思います。

投稿: red star | 2005.05.01 20:59

コメントをいただきまして、ありがとうございます。

Primeraさん>
おっしゃるとおり、見事にラッシュピーク帯を外しています。当初は「通勤快速」に充当されていたとのことですが、やはりこの車両が着席重視の分、他の車両の混雑が増してしまい今日の運用になったものと思われます。

走ルンですさん>
上野到着時では改札・乗り換えに際しては最も遠い最後尾になる位置に連結されていますが、2ドアであることや車内に段差があることからどうしても客扱いに時間がかかってしまいます。
完全着席通勤を目指して試作された車両でしたが、理想は高くても実情にそぐわなかったのでしょうか?

red starさん>
のちに東海道線に導入された215系は現在では「湘南ライナー」系の列車しか定期運用は無く、土休日は中央線の臨時快速「ホリデー快速ビューやまなし号」ぐらいしか運用はありません。やはり、2階建て普通車は首都圏では無理があったのかもしれません。
そういう意味で、今後導入が始まるE531系によって、このクハ415-1901もいつの間にか姿を消してしまうことは十分に予想できます。
せっかくのダブルデッカーですので、なんとか活用の道がないものかと思います。

投稿: Kaz-T | 2005.05.01 23:25

こんばんわ。^^
うわーまだこの車両あったんですね。
昔はよく見かけたのですが、
最近、タイミングが悪いのか
すっかりごぶさただったんで。
とりあえず今は頑張ってるようで嬉しいです。

投稿: nohito | 2005.05.02 01:10

nohitoさん、コメントいただきまして、ありがとうございます。

一時は「完全着席通勤」という理想を目指して試作されたクハ415-1901でしたが、その後は他の車両が混雑するといった問題が発生したようです。そのため今ではラッシュピーク時間帯を外したごく限られた運用になっており、いつの間にか忘れ去られてしまった感じです。しかし、今でも時刻表に「2階建普通車連結」という記載とともに存在しています。
これから始まるE531系への置き換えの過程で、この車両はどうなってしまうのか、気になるところです。

投稿: Kaz-T | 2005.05.02 22:25

最大の問題は、日暮里駅で乗降車に時間がかかるため、その後の列車がつかえてしまうことだそうです。
日暮里駅にホームがもう1面あって交互発着できたら違っていたかも。

投稿: kakeyama | 2005.05.05 05:23

kakeyamaさん、コメントありがとうございます。

上野行きでは最後尾の位置に連結されている2階建普通車ですが、日暮里ではちょうど乗り換え階段付近ですね。確かに2ドアでしかも段差のある車内構造ですから、乗り降りに時間がかかり、後続列車がつかえる原因になってしまいますね。
そうしますと、この車両は今後どうなってしまうのでしょうか?気になるところです。

投稿: Kaz-T | 2005.05.06 01:08

この記事へのコメントは終了しました。

« 関東の駅百選 新スタンプラリー開催中 | トップページ | 東京メトロ1周年ヘッドマーク(東西線) »