« JR常磐線 7月9日ダイヤ改正 | トップページ | 開通100周年 名鉄瀬戸線 »

2005.04.14

終焉間近 八高・川越線103系3000番台

終焉間近  八高・川越線103系3000番台

八高・川越線を走る103系の変わり種、3000番台ですが、本日ハエ52・53編成に出会いました。
この103系にも、まもなく終焉が近づいてきました。

(画像はハエ53編成 2005年4月14日 八王子で撮影)

|

« JR常磐線 7月9日ダイヤ改正 | トップページ | 開通100周年 名鉄瀬戸線 »

セレクトE電」カテゴリの記事

コメント

仙石線73アコモ改車の生き残りですが、後輩の101が無くなったあとも、よくぞ生きながらえましたよね。長い間お疲れ様でした。そんな感じです。

投稿: mac | 2005.04.16 10:11

macさん、コメントありがとうございます。

この103系は、仙石線に存在していた旧型国電の改造車でしたね。おっしゃるとおり、103系の仲間ではあるのですが、旧型国電の生き残りですが、果たして終焉の日はいつになるのでしょうか?こちらも気になるところです。

波乱万丈の車生を送ったこれら車両に贈る言葉は、まさに「長い間おつかれさまでした」に間違いはないと私も感じます。

投稿: Kaz-T | 2005.04.16 21:09

昔、仙石線が旧国天下だった頃、ピカピカの新車に見えたものです。てっきり山手線のお古だと思ってました。

投稿: mac | 2005.04.17 17:55

macさん、コメントありがとうございます。

今でこそ、オンボロの部類になってしまったこの103系3000番台ですが、72系のアコモ改造車として仙石線に登場したときは、それこそ新車に見えたことでしょう。その後、103系の一員になり電化された川越線では、見かけ的には山手線のお古でも、電車が来たと言う点で注目を集めたのではと思います。

ちなみに、今日もこの103系3000番台ハエ53編成は走っていたのを確認しています。
もう残り少ない日々であるとは思うのですが、波乱万丈な車生を送った103系3000番台を、しっかりと見届けておく必用がありそうです。

投稿: Kaz-T | 2005.04.18 21:38

僕は実家が拝島なので、八高線には
DC時代からの愛着があります。
ところでこの103-3000のサハが、青梅線用基本4連に組み込まれていたのが懐かしいです。また、101系改ですがサハ103-750ってのもいましたね(^^
いよいよ終焉、寂しいけど、仕方ないとも思う次第です。

投稿: ie | 2005.04.21 18:42

ieさん、コメントありがとうございます。

拝島がご実家とのことで、八高線には馴染みが深いようですね。電化されてからまだ10年も過ぎていない中。209系に混じって活躍した103系3000番台ももう終焉です。その波乱万丈ともいえる車生とともに、その活躍を称え労いたいと思います。

さて、これに代わる209系が運転を始めています。この209系も変り種な車両です。乗車してきましたので、早速記事にしております。どうぞご覧ください。

投稿: Kaz-T | 2005.04.24 00:31

この記事へのコメントは終了しました。

« JR常磐線 7月9日ダイヤ改正 | トップページ | 開通100周年 名鉄瀬戸線 »