« 開通100周年 名鉄瀬戸線 | トップページ | 勝負師を乗せ続けて半世紀 ~日本最短距離列車が走る路線~ »

2005.04.24

ついに出現 209系3100番台

続々と103系の置き換えを進めているJR東日本、近郊の長閑なローカル線の趣も残っている八高・川越線も例外ではありません。川越線電化時に導入された103系3000番を置き換えるため、山手線から改造の上転用されてきた205系3000番台に置き換えが進んでいたのですが、ここにきて車両の需給の関係上、再び209系が導入されることになり、八高線電化時に導入された3000番台に続いて、3100番台の付番がされました。

IMG_0417
八高・川越線に新たに導入された209系3100番台 画像はハエ71編成
2005年4月23日 八高・川越線 高麗川で筆者撮影

さて、今回4両編成2本導入された209系3100番台は、東京臨海高速鉄道「りんかい線」の70-000系の先頭車4両と中間車ユニット1ユニット2両を譲り受け中間モハユニットを1組2両新製したという、近年まれに見る変り種の経歴を持つ車両です。
りんかい線では昨年10月のダイヤ改正より、りんかい線内を折り返す東臨車もすべて10両編成で運転されることになり、それにともなう運用本数の見直しが行われることとなったのですが、単純に6両編成を増結したわけではなく、中間車サハに相当する車両を新製し編成を組み替えた結果、余剰となった先頭車4両と中間車モハユニット2両をJR東日本が買い取り、八高・川越線の置き換え用に活用することとなったものです。

今回私が乗車したハエ71編成3101の編成は、先頭車が元東臨の70-000系で中間車は新製車になります。
外観については、前面は209系に近いようには改造されていますが、どこか違和感があるような感じが、側面はほぼ209系と同じ様な感じになっています、なお、行き先表示はLEDになっています。

IMG_0416
ハエ71編成 川越方先頭車 クハ209-3101
2005年4月23日 八高・川越線 高麗川で筆者撮影

IMG_0418
ハエ71編成の中間車は新製車 モハ209-3101
2005年4月23日 八高・川越線 高麗川で筆者撮影

この3100番台、車内については東臨時代と内装や座席などはほとんど変わっていません。また、今回新製されたモハユニットも先頭車に準じた仕様になっています。

JR209系の一員になったこの3100番台ですが、ハエ71編成の先頭車にはいかにも「元東臨車」という痕跡が見られます。

IMG_0420
「TWR」の後がうっすらと残っているハエ71編成の先頭車

このほか車号や配置表記部分にもその痕跡が見受けられます。この車両の経歴が分かってしまう状態になっています。

今日はこの209系3100番台、2編成とも運用に入っていました。第3セクターとはいえ、私鉄からJRに買い取られた車両というのはそんなに例はありません。
けれどもこれで、八高・川越線の車両の置き換えは完了したことになります。つい10年~20年くらい前まで、気動車で運行されていたこの路線が、ステンレス車体の電車に統一されたことは、時代の移り変わりを感じさせずにはいられません。

IMG_2557
209系3100番台の種車になった東臨70-000系
2005年1月30日 JR埼京線 池袋で筆者撮影

|

« 開通100周年 名鉄瀬戸線 | トップページ | 勝負師を乗せ続けて半世紀 ~日本最短距離列車が走る路線~ »

レアもの」カテゴリの記事

セレクトE電」カテゴリの記事

新登場」カテゴリの記事

コメント

りんかい線からの移籍となると、まるで買収国電状態ですね。

投稿: mac | 2005.04.24 09:54

確かに、その昔買収国電というのがありましたね。性能的には、209系に近いとはいえ、近年まれに見る珍事であることは事実です。

Primera

投稿: Primera | 2005.04.24 10:10

買収国電は籍があり、そのまま国鉄籍に移籍ですが、今件は完全な売却ですね。それもJRへ。私鉄では当たり前の光景ですがこれが国鉄時代も含めてJRとなると話は別。JR同士移籍はありましたが本当に珍しいケースですね。今後も発生する例はあまりないと思います。

投稿: SATO | 2005.04.24 11:53

コメントいただきまして、ありがとうございます。

macさん>
戦時中の国有化策により、私鉄から国鉄に編入された車両でこのような言葉がありましたが、JRになり21世紀を迎えた今日で、それを思い起こさせる車両が登場しました。もう、これ以上の増備は無いと思われますので早くも「レアモノ」に分類される車両となりそうです。

Primeraさん>
東臨70-000系はJR209系とは共通設計の部分があります。しかし、JRに移籍し、209系に編入される車両まで出現するとは思いませんでした。

SATOさん>
おっしゃるとおりこの件は「東臨からJRへの売却」です。これまで例が無かったと思われるだけに、特異なケースであると思いますし、今後このような経歴の車両の出現はまずない、といっても良いのではないかと思います。

投稿: Kaz-T | 2005.04.25 00:04

私もこの記事を見ましたら、急に実車が見たくなりまして、24日の夕方、八高線へ行って来ました。運良く2本とも運用に就いていた事から、効率よく乗り比べが出来ました。乗り比べの模様は、私のブログにも取り上げましたので、トラックバックを送信させていただきました。

投稿: TOMO | 2005.04.25 00:18

TOMOさん、コメント及びトラックバックをいただきまして、ありがとうございました。TOMOさんのブログも拝見いたしました。

私もこの日、北八王子で209系3100番台が並んだのですが、さすがに撮影まではできませんでした。その一方で103系3000番台はもう運用離脱してしまったようです。

しかし、変り種が登場したものです。

投稿: Kaz-T | 2005.04.30 00:32

この記事へのコメントは終了しました。

« 開通100周年 名鉄瀬戸線 | トップページ | 勝負師を乗せ続けて半世紀 ~日本最短距離列車が走る路線~ »