« 本格的に実用化される日を夢見て・・・大江から | トップページ | 「愛・地球博」会場へ、「エキスポシャトル」運行中 »

2005.03.06

ついに開業 東部丘陵線「Linimo」

「愛・地球博」開催・東部丘陵線「Linimo」開業記念 特別連載企画 第6回

今日3月6日、万博開催が間近になった愛知県で新路線が開業しました。名古屋市営地下鉄東山線の終点、藤が丘から愛知環状鉄道の万博八草を結ぶ愛知高速交通東部丘陵線「Linimo(リニモ)」です。まもなく開催される「愛・地球博」へのアクセスとして開業しました。
さて、このリニモは我が国では初めてとなる「磁気浮上式リニアモーターカー」の本格的な実用化となります。今から30年ほど前に開発が始まった「HSST」のシステムによります。

さて、前日より名古屋入りして今日の朝、始発駅の藤が丘に行きました。藤が丘駅は地下構造になります。このリニモ開業を記念したプリペイドカードが発売されていました。

LinimoCard
リニモ開業記念 リニモカード(筆者所蔵)

LinimoPanf
リニモ開業のパンプレットも配布していた(表紙・筆者所蔵)

リニモは3両編成で昼間は6分間隔で運行されます。一旦終点の万博八草まで乗車したのですが、この路線も最近の新路線のご多分にもれず、地下駅の藤が丘以外は高架駅で全駅ホームゲートが設けられているため、ホーム上からの撮影はほとんど絶望的な状況でした。しかし、なんとか撮影できる箇所がありましたので、リニモを撮影しました。

SN310276
万博会場で万博八草行を撮影 背後は「愛・地球博会場」 2005年3月6日 筆者撮影

SN310279
陶磁資料館南で万博八草行を撮影 2005年3月6日 筆者撮影

SN310268
リニモには1編成「日本財団」による「愛・地球博」のラッピング車が存在する
2005年3月6日 万博八草で筆者撮影

リニモに乗車した感想ですが、浮上して走るので走行音はVVVFの音ぐらいで静かでした。また時速100kmで走行するため加速は良く、特に駅で後追いで撮影しようとするとシャッターチャンスが間に合わず、加速の良さを感じました。

東部丘陵線は1992年に答申され、磁気浮上式鉄道として陽の目を見ることとなりました。また「愛・地球博」開催に伴うアクセスという役割も担うことになりました。
しかし、如何せんリニモは3両編成でその輸送力は明らかに少なく、博覧会へのアクセスルートもこの輸送力を懸念してか、名古屋からJR線中央線高蔵寺経由・愛知環状鉄道万博八草乗り換えのルートを推奨しており、万博八草・万博会場とも乗車・降車はホームとともに旅客導線も分けられてはいるのですが、果たして無事博覧会期間中を乗り切ることができるでしょうか?不安に感じました。

東部丘陵線「Linimo」はこうして開業することができました。「HSST」として開発が始まり、1985年の科学万博で初めて出展され当時「夢の乗り物」だったリニアモーターカーは、科学万博から20年を過ぎて実用化にこぎつけました。初めての開発から30年で実用化にこぎつけたリニアモーターカー「HSST」、東部丘陵線での成功により各地で採用される事例が増えていくことに、これからも期待してみようではないでしょうか?


参考 東部丘陵線「リニモ」 オフィシャルサイト

当ブログではこの開業にあたりまして、「リニモ」として陽の目を見た「HSST」の歴史を振り返る記事を連載していました。こちらもあわせてご覧下さい。

東部丘陵線Linimoの祖先(2005年2月20日・第1回)
博覧会に登場したHSST(2005年2月23日・第2回)
続・博覧会に登場したHSST(2005年2月26日・第3回)
鉄道事業法の適用を初めて受けたリニアモーターカー(2005年2月28日・第4回)
本格的に実用化される日を夢見て・・・大江から(2005年3月4日・第5回)

|

« 本格的に実用化される日を夢見て・・・大江から | トップページ | 「愛・地球博」会場へ、「エキスポシャトル」運行中 »

モノレール・新交通」カテゴリの記事

特別連載企画 リニモ開業」カテゴリの記事

祝開業」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
開業日のリニモの写真。楽しませていただきました。
乗り物全般が趣味の対象の私としては、リニアモーターカー。特に今日開業したHSSTはつくば万博や名古屋の実験線で試乗したこともあり、今日の本格開業を嬉しく思っております。
「愛・地球博」には家族で行きたいと目論んでおり、その目的のひとつがこのLinimoなのですが、お書きになられているとおり輸送力に懸念があり、万博開催中は簡単に乗れないかもしれませんね。
たとえ家族で乗れなくても、つぎに名古屋で時間があるときには中部国際空港とあわせ、ぜひ訪ねてみたいと思っております。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 海外鉄道旅行愛好者 | 2005.03.06 21:45

 こんばんは。TBありがとうございます。

 さっそく乗られたとのことでうらやましい限りです。私もできるだけ早い時期に訪れたいところではありますが、万博会場のIMTSと合わせての訪問を考えておりますので、25日以降になりそうです。

 国内初のリニアモーターカーによる営業運転とうことで、早くリニアの乗り心地を体験したいところです。

投稿: mattoh | 2005.03.06 23:03

コメントいただきまして、ありがとうございます。

海外鉄道旅行愛好者さん>
当ブログにようこそお越しくださいました。ご覧頂きまして、ありがとうございます。
まもなく開催される「愛・地球博」のある意味目玉とも言える「リニモ」ですが、やはり我が国初の実用化された磁気浮上式リニアモータカーとして注目されるとともに、乗ってみようと思われる方が多く集まってくるように思います。
また、20年前のつくば科学万博で出展された時はまだ「夢の乗り物」であったリニアモーターカーが実用化されたということで、この当時を覚えていらっしゃる方々にとっては、感無量の思いなのではないでしょうか?私もその一人であります。というよりも科学万博からもう20年も過ぎてしまったのかと、改めて感じた次第です。

さて、このブログはタイトルのとおりで「鉄道ネタ」専門のブログになっております。最近多くのアクセスを頂いておりますが、実は海外には行ったことがないもので、海外鉄道旅行愛好者さんのブログの記事を拝見するにつれ、国内だけでなく海外にも目を向けなければと感じました。これからもよろしくお願いいたします。

mattohさん>
万博のアクセスとして目玉とも言える「リニモ」ですが、会場内には博覧会ならではの新しい乗り物が登場する様です。またパビリオンとして出展するJR東海は、山梨の実験線で走行していたリニアモーターカーの実物の展示があるとのことです。ぜひ私も「愛・地球博」に行ってみようかと思います。

投稿: Kaz-T | 2005.03.08 00:36

この記事へのコメントは終了しました。

« 本格的に実用化される日を夢見て・・・大江から | トップページ | 「愛・地球博」会場へ、「エキスポシャトル」運行中 »