« 地下鉄に乗り入れた国鉄・JRの車両 千代田線編 | トップページ | 東葉高速の新型車に乗車した »

2005.01.22

東京メトロ東西線開業40周年記念イベント

今日は、東京メトロ東西線開業40周年と同線の妙典駅開業5周年を記念したイベントが各種開催されました。

まずは、開業5周年を迎えた妙典駅から西船橋・九段下・妙典と往復し、妙典から再び葛西まで走る「メモリアルトレイン」が運転されました。
この列車に乗ってみようと思っていたのですが、寝坊してしまいまして乗ることができず、何とか葛西の到着に間に合い撮影することができました。

kinentrain
東西線開業40周年・妙典駅開業5周年 メモリアルトレイン 2005年1月22日 葛西で筆者撮影

メモリアルトレインは5000系が使われ、葛西に到着するとすでにここで張っていた方も含めて大勢の方が撮影していました。

さて、葛西を後にして次に向かったのが東陽町です。同駅が最寄となる深川車両基地で撮影会及び工場見学会が開催されました。

narabi

narabi2

今回撮影会用に揃えた車両は東京メトロの車両だけでしたが、おなじみ5000系のステンレス車、現在東西線では1編成しか残っていない5000系アルミ車、現在の主力05系の標準タイプ車、第24編成アルミニウムリサイクル車、今年度入線の最新タイプと東西線の車両のほぼ代表的なスタイルの車両が集められました。

kaigyoushukuga

撮影会用の車両のうち5000系ステンレス車は、今から約40年前の高田馬場~九段下の第一期開業時の祝賀列車が再現されていました。

このほか、工場見学会ということで内部も公開され、車体をクレーンで吊り上げや車両洗浄機体験・運転台での撮影会など、盛りだくさんのイベントでした。

40周年を迎えた東西線ですが、長らく東西線で活躍してきた5000系がそろそろという話があるようです。そして増備されている05系も製造ロットにより幅広ドア車あり、側窓が1枚タイプあり、前面も変わっているなど1系列でバリエーション豊富な車両です。

今後東西線では、増備される05系とともに5000系の去就にも注目が集まることでしょう。

|

« 地下鉄に乗り入れた国鉄・JRの車両 千代田線編 | トップページ | 東葉高速の新型車に乗車した »

イベント」カテゴリの記事

カテゴリー東京メトロ」カテゴリの記事

臨時列車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。