« こちらも終焉へ 都営新宿線10-010F | トップページ | 小田急新宿駅に1日2回やって来る異色の列車 »

2004.11.29

2005年の夢をのせて、小田急新型ロマンスカーVSE誕生!

さきほど、Yahoo! Newsを見たところ「小田急の新型ロマンスカーVSE」が来年3月デビューという記事が掲載されていました。

この記事には画像も掲載されていて、その姿は1988年のHiSE車10000形以来の展望席が復活し1枚の大型曲面ガラスを採用しているほか、塗装は白のボディーに赤のラインが入った、未来を感じさせる気品あるデザインになっているように、私自身思いました。

デビューは来年3月のことですが、今から話題を独占するとともに大いに注目されることは間違いないでしょう。またこれから試運転が始まると、沿線には多くの人が訪れることになるでしょう。

SE車3000形から始まった小田急ロマンスカーの、新たな歴史が始まるように感じます。
「小田急ロマンスカーはこうでなくちゃ」と言うのに申し分ない新型車両に違いなく、営業運転を始めたら早速乗ってみようかと思います。

追記:小田急電鉄HPにもリリースが掲載されました。

関連記事 少年時代の憧れの列車(2004年10月25日)

|

« こちらも終焉へ 都営新宿線10-010F | トップページ | 小田急新宿駅に1日2回やって来る異色の列車 »

ニュース」カテゴリの記事

カテゴリー小田急」カテゴリの記事

コメント

kaz-Tさん、こんばんは。

この場で初めてVSEの画像を見ました。何だか外国の列車みたいと思ったのは私だけでしょうか?
見慣れるまでは時間がかかりそうですが、EXEで無くなりガッカリした前面展望車の復活!大歓迎です。

投稿: r104 | 2004.11.30 00:23

初めまして。先日はトラックバックありがとうございます。

ちょうどVSE正式発表後のことを書こうかと思いましたので、いきなりですがトラックバック入れさせて頂きました。

小田急電鉄からも、一日遅れでやっとwebにリリースが出ましたね。屋根が今までより45cmも高いなど乗ってみなければわからないところが多そうですので、私も正式営業運転がとても楽しみです。

投稿: LAPY-LAP | 2004.11.30 23:45

コメントいただきありがとうございます。やはり小田急ロマンスカーだけあって、VSE車報道発表後はそれぞれ思いや感想などを述べられているようです。

r104さん>
他のblogやWeb記事では、ドイツの高速列車「ICE」だとか、九州新幹線「つばめ」悪く言うと「救急車」なとど述べられているようですが、逆に言いますとこれまでの日本の列車にはなかったデザインだけあって、大いに注目されていることになるのでしょう。
やはり、小田急ロマンスカーに展望席は必須のようで、私も展望席の復活は大歓迎です。しかし、いざ予約しようとするとなかなか取れないようで、私は一度も展望席には乗ったことがありません。新型車の展望席は「秒殺」で満席になってしまうのでしょうか、乗るのが大変そうです。

LAPY-LAPさん>
初めまして、ようこそおこし下さいました。ご覧頂きましてありがとうございます。また、こちらから送信しましたトラックバックに際しましてのお返事もありがとうございます。
従来の車両よりも45cm屋根が高いのですか。この車両は外見が斬新なだけに、車内はどうなっているのか、また乗り心地はどうなのか、楽しみも多い夢のある車両だと思います。
ますます、私も営業運転開始が待ち遠しくなりました。
と、いうことですが、当blogはご覧の通りで鉄道記事100%のblogになっています。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Kaz-T | 2004.12.01 00:38

tbありがとうごあいました。
一時期沿線に住んでいたこともあり、
親しい友人がチトフナにいるもので
小田急はやはり気になります。
いろいろ話を聞くと賛否両論あるようですが、
それだけ期待されているということなのですね。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: ie | 2004.12.06 13:27

ieさん、当blogにご来場いただきまして、ありがとうございます。また、こちらこそTBをいただきまして、ありがとうございます。

小田急ロマンスカーの新型車両ということで、ここ数日の鉄道系blogではこの話題でもちきりの感があります。箱根への観光客の入りが減っているという現状で、復活をかけた期待の新型ロマンスカーに違いないでしょう。

と、いうことで、このblogはご覧の通りで鉄道の話題しか登場していないblogになっています。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: Kaz-T | 2004.12.07 23:29

この記事へのコメントは終了しました。

« こちらも終焉へ 都営新宿線10-010F | トップページ | 小田急新宿駅に1日2回やって来る異色の列車 »