« 京王の名車に終焉の時せまる | トップページ | 少年時代の憧れの列車 »

2004.10.22

JR103系の変り種健在なり

 今日は、打って変わってJRの電車の話題です。

 大都市の通勤型車両として国鉄時代に大量増備された車両と言えば、もう103系を置いて他なりません。
 山手線から始まって各路線に配置され、一時は一形式で最多両数を誇った103系でしたが、特にJR東日本管内では、山手線に配属されたE231系によって捻出された205系を活用して、103系は置き換えられています。あと1・2年ほどでJR東日本管内から103系は姿を消すであろうと言われています。

 さて、首都圏を走る103系の中で変り種といえるのが八高・川越線(八王子~高麗川~川越)を走る3000番代と呼ばれる車両です。この車両元をただすと72系と呼ばれた旧型国電からの改造になります。72系時代、当時配属されていた東北・宮城県の直流区間である仙石線時代に車体のみ当時の103系と同じ車体(先頭車は高運転台タイプ)に載せかえられました。その後仙石線に本物の103系が転属してきたため余剰となっていたところ、1985年の川越線電化により今度は足回りを取り替えて103系の仲間入りをしたという経歴を持っています。この時代は国鉄末期の財政的に逼迫していた時期であったため、有効活用したというのが実情なのではないでしょうか?
 その後、八高線の八王子~高麗川が電化となり運転系統が八王子~高麗川~川越となってからは、八高線電化用に新造された209系3000番代とともに運用されています。

 そして今日、103系3000番代はウグイス色の車体で健在です。

1033002.jpg
2004年10月22日 八王子で筆者撮影

 103系3000番代ですが外観上の特徴として、元は仙石線という寒冷地を走っていたため半自動ドア機能があり、ドアに手で開けられるように取っ手がついています。そのため、この車両では完全にドアが開くことはありません。

1033000.jpg
2003年5月28日 拝島で筆者撮影 ドアにある取っ手にご注目を

 八高・川越線(八王子~高麗川~川越)では、103系3000番代と209系3000番代が共通で運用されていたのですが、この線にも山手線から捻出されサハから改造の先頭車を持ち、半自動機能がついたやはり3000番代を名乗る205系の導入が始まっています。すでに103系3000番代からも廃車が出ているという情報があります。

 この103系もそう遠くないうちに消滅するものと思われます。変り種の103系を見にまた乗りに一度訪れてみてはいかがでしょうか?

|

« 京王の名車に終焉の時せまる | トップページ | 少年時代の憧れの列車 »

セレクトE電」カテゴリの記事

コメント

いつもながら渋いblogで内容と読み応えを実感できます。

仙石線への時期遅れの73投入も当時の国鉄の財政状況をそのまま写しています。一時期は程度の良い旧型国電をリニューアルして継続使用しようとする発想がありました。そのモデルケースとしてこの仙石線の73と身延線のモハ62が選ばれたのです。
しかし冷房が載せられない(後年解消)などのハンデがあることもわかり結局計画は頓挫、モデルケースの例のみで終わったということがあります。
この電車のもう一つの特徴が乗務員扉直後の鉄板、タブレット支障よけですね。これは通過型電車(特別快速)などをタブレット交換していた際にぶつけて壊さないような補強板を張っていたのです。73原型時代はここが鉄格子で補強されていました。
旧型国電も大好きですのでこれからも渋いblog待っています。

投稿: SATO | 2004.10.23 08:34

写真を見ると、高運転台なのに、簡易冷房改造というのが違和感ありますね。

62系というのもありましたね。元車の台枠の関係で裾の絞りが113系とは違うのが特徴点でしたよね。

Primera

投稿: primera | 2004.10.24 18:19

 SATOさん、Primeraさん、コメントありがとうございます。

 実は、私が見たことがある・乗ったことがある旧型国電というのは鶴見線大川支線で走っていたクモハ12と、小野田線本山支線で走っていたクモハ42だけで、それこそ、南武線や青梅線などはすでに101系や103系になったあと、また身延線や飯田線も初めて乗った時には115系・119系になっていました。
 ということで、何とか記事にしてみたのですが、やはり私ではこれ以上のことが書けないというのが実際のところです。

>SATOさん
 72系の車体載せ替えのいきさつをご教示くださいましてありがとうございます。やはり、東北の仙石線にいきなり新製車を導入ということはできないということなのですね。しかし、何とか新型車に見せようとしたという点において、今後このようなコンセプトの車両はもう登場することはおそらくは無いのではと思います。
 また、タブレットの支障よけについてですが、現在の103系3000番代にその装備が残っている車両があったような覚えがあります。

>Primeraさん
 113系タイプの車体に載せ変えた旧型国電もあったのですね。この車両は、113系(115系)になることなくひっそりと消えてしまったようです。

 いろいろとご教示くださいましてありがとうございました。

投稿: Kaz-T | 2004.10.25 01:21

この記事へのコメントは終了しました。

« 京王の名車に終焉の時せまる | トップページ | 少年時代の憧れの列車 »