カテゴリー「発行社局:JR東海」の13件の記事

2017.03.16

0798.【JR東海】ありがとう300系引退記念入場券

日本の大動脈に君臨した車両、引退を迎えて早5年が過ぎました。
 
====================
 名称   :ありがとう300系引退記念入場券
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :2012年3月16日
 値段   :770円
 購入箇所:新横浜駅
 シリアルNo.:4289
====================
 
Dscn4610
 
Dscn4611
 
2012年3月のダイヤ改正で引退を迎えた車両、東海道・山陽新幹線で活躍していた300系になります。この車両は新幹線の更なるスピードアップを行い最高速度は270kmにまで高めた性能を持ちます。
 
1992年に登場した300系、この車両の運転開始にあわせて東海道新幹線には新たな愛称名を付けることになり「のぞみ」号と命名され、まずは早朝・深夜帯の時間帯で運転を開始、当初朝の下り列車は名古屋駅を通過するということで話題になりました。
その後300系は増備され、後に毎時間帯に運転されるようになったとともに山陽新幹線にも運転を開始、1990年代の東海道・山陽新幹線の代表的な車両として日本の大動脈で活躍しました。その後後継となる700系が登場すると300系は「のぞみ」から徐々に撤退し「ひかり」「こだま」といった列車に使用されることが多くなりました。そしてついに2012年3月のダイヤ改正で運転を終了することになりました。
 
この運転終了に合わせて、JR東海で発売されました記念入場券になります。発売日はダイヤ改正の前日、発売開始時刻は昼頃からでこの日は通常通り仕事に行き時期的に年度末であったことから結構遅くなって東京・品川と向かったものの完売、あきらめようと思ったのですがもしやと思い、品川から新幹線に乗車して新横浜に向かいますとまだ残っていたということで、このように入手できたものになります。東海道新幹線の「のぞみ」号停車駅で発売された記念入場券、その停車駅の硬券入場券が栞がついた台紙にセットされています。
 
初代「のぞみ」号車両として注目を浴びた300系、今から5年前の2012年で引退しました。約20年間の活躍でした。東海道・山陽新幹線の高速化といった進化の中で現れた車両、いつの間にか数を減らして引退を迎えてしまったと感じます。それこそ300系は、あっという間に日本の大動脈を駆け抜けていった車両だったのかもしれません。
 
私も成人を迎えてから東海道・山陽新幹線で何度も乗車した思い出がある300系、今では名古屋・金城ふ頭にある「リニア・鉄道館」に試作車の先頭車が保存展示されています。活躍の日々が思い出になって5年が過ぎた、2017年の春になります。

2017.03.05

0770.【JR東海】TOICA・Suica・ICOCA相互利用記念

2008年3月にJR東日本・東海・西日本の3社のICカードが相互利用できるようになり発売された記念カード、JR東日本発行のSuica、JR西日本発行のICOCAとくれば、JR東海発行のTOICAも手元にあります。ここに公開いたします。
 
=====================
 名称   :TOICA・Suica・ICOCA相互利用記念
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :2008年3月29日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:清水駅
=====================
 
Dscn4651
 
Dscn4652
 
Dscn4653
 
JR東海でも発行された、TOICA・Suica・ICOCA相互利用開始を記念して発売されましたカードになります。デザインは同じように見えますが、ここではJR東海のTOICAのキャラクターであるヒヨコが中央になっているというところに違いがあります。
 
先の記事で後輩の邪な提案に乗って3社揃えることになった記念ICカード、私はJR東海担当ということになり、この日の前夜より家を出発し、真夜中の東名高速を走って静岡県の清水駅で入手したカードになります。この駅でも発売前に列ができており整理券が配布されましたが、入手することができました。
 
記念カードのために真夜中の高速道路を走って買い求めに行ったという思い出があるものになります。

0767.【JR東海】TOICA 静岡デビュー記念カード 

2006年からスタートしたJR東海のICカード「TOICA」は2008年3月、静岡県内でも使用できるようになりました。記念カードがこの時も発売されています。
 
====================
 名称   :TOICA 静岡デビュー記念カード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :2008年3月1日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:
====================
 
Dscn4636
 
Dscn4637
 
Dscn4638
 
名古屋エリアから始まったTOICAは、2008年3月1日より東海道線の函南~新所原間の各駅でも使用可能となりました。カードの図柄は富士山とヒヨコのキャラクターをあしらったデザインになっています。
 
東海道線では函南~関ヶ原間の各駅で使用可能となったTOICAですが、函南から東へ丹那トンネルを越えることはできず、この時点では御殿場線や身延線での使用はできませんでした。
 
エリアを拡大したTOICAになります。

0766.【JR東海】TOICAデビュー記念カード

2001年にJR東日本でSuica2003年にJR西日本でICOCAがスタートし、2004年には相互利用が可能となったICカード、続いてはJR東海においてもICカード乗車システムを導入することになり、2006年よりサービスが開始され、記念カードが発売されました。
 
===================
 名称   :TOICAデビュー記念カード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :2006年11月25日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:
===================
 
Dscn4633
 
Dscn4634
 
Dscn4635
 
JR東海においては2006年11月25日に、名古屋を中心とした東海道線二川~関ケ原間、中央線の金山~中津川間、関西線の名古屋~四日市間、武豊線でサービスが開始されました。JR東海TOICAにおいては、ヒヨコのキャラクターが起用されました。
 
この時、名古屋エリアにおいてもICカード乗車券が登場しました。

2016.09.18

0600.【JR東海】さよなら0系 オレンジカード

日本の大動脈である東海道新幹線において、開業当初から運転されてきた0系車両が東京~新大阪間において運行を終了してから、本年2016年で17年が過ぎました。当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :さよなら0系 オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1999年7月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
===================
 
Dscn1063
 
Dscn1064
 
Dscn1065
 
1964年の東海道新幹線開業時から運転されてきた0系車両、今から17年前の1999年9月18日の運転をもって東海道新幹線東京~新大阪間での運転を終了しました。これを記念して発売されましたオレンジカードになります。
 
この当時はこだま号として最後の運転を行っていた0系、運転終了に合わせて発売されたオレンジカードには、1964年の東京駅で出発式にのぞむシーンと、日本を代表する鉄道風景といえる富士山の麓を疾走する0系車両をあしらった2枚のカードと全盛期に車両基地に勢ぞろいした姿を表紙とした台紙にセットされています。
 
東海道新幹線から姿を消した後も、新大阪~博多間の山陽新幹線においては短い編成になって運転されてきた0系車両、こちらでも2008年で運転を終了しました。現在0系車両は京都鉄道博物館に第1編成が、さいたま大宮の鉄道博物館には東海道新幹線開業時の出発式に使用された編成の大阪方先頭車が、また名古屋のリニア鉄道館や東京の青梅鉄道公園など各地で保存展示されています。
 
日本の歴史においても大きなエポックとなった東海道新幹線の開業、その当時の車両であった0系新幹線車両、東海道新幹線から姿を消して17年という年月が流れ、この車両を置き換えた100系や300系も今は姿を消し、700系も風前の灯になってきているという、2016年の日本の大動脈になります。

2016.05.01

0494.【JR東海】名古屋駅開業130周年記念きっぷ

このゴールデンウィークの三連休で、名古屋に行ってきました。携帯位置ゲームの企画が名古屋近辺で開催されておりましたので、各ポイントを4月29日と30日にわたって回りました。そして4月30日はそのまま名古屋駅前に泊まって、翌日5月1日は朝から名古屋駅に向かいました。そこで入手したアイテムを公開いたします。
 
=====================
 名称   :名古屋駅開業130周年記念きっぷ
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :2016年5月1日
 値段   :1,800円
 購入箇所:名古屋駅
 シリアルNo.:1009
=====================
 
Dscn3137
 
Dscn3143
 
Dscn3140
 
本日2016年5月1日、JR名古屋駅は開業130周年を迎えました。これにあわせて発売された記念きっぷになります。名古屋駅の硬券入場券大人用・小児用と、名古屋駅と同じく開業130周年を迎えた武豊及び尾張一宮までのA型硬券による片道乗車券大人用・小児用がセットされており、開業時の表記のレプリカ入場券も台紙にセットされています。
 
この記念きっぷは名古屋駅で朝8:00から発売開始ということで、当日朝6:00過ぎに駅に向かったところすでに長い列ができておりまして、発売開始時刻を約1時間ほど早めて結局2時間ほど待って入手することができましたが、発行部数が1,300部と絞られていたようで午前中の早い時間帯で完売になりました。
 
開業から130周年を迎えた名古屋駅、名古屋市の玄関であるとともにJR東海により高層ビルが建てられ、デパートやホテルなどが入り、「名駅」と呼ばれる名古屋の繁華街の一角にもなりました。
130周年を迎えた名古屋駅、今後はリニア新幹線が開業し更に高層ビルが建設されるようです。
名古屋の玄関として、これからも発展していく名古屋駅であります。

2016.03.16

0388.【JR東海】快速「ムーンライトながら」号運転開始記念 オレンジカード

1996年3月のダイヤ改正により、東海道線で165系で運転されていた「大垣夜行」と呼ばれた普通列車は、快速として運転されることになりました。
 
===============================
 名称   :快速「ムーンライトながら」号運転開始記念 オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1996年3月16日
 値段   :1,000円
 購入箇所:通信販売
===============================
 
Dscn2567
 
1996年3月16日のダイヤ改正より「大垣夜行」は、快速「ムーンライトながら」号として運転されることになりました。JR東海の373系3本つないだ9両編成で、下り大垣行きは東京~小田原間は全車指定席で以降は一部指定席、上り東京行きは熱海まで全車指定席という列車になりました。また混雑時には臨時便の運転も行われ、時代により多様な車両が使われたようでしたが、JR東日本の183系を使用することが多かったようです。

快速「ムーンライトながら」号運転開始を記念して、JR東海においてこのようなオレンジカードが発売されました。東京の夜景と373系及びこの列車にもデザインされたヘッドマークをあしらいました。そのヘッドマークはこの列車名の由来となった岐阜県内を流れる長良川の鵜飼いがモチーフになっています。
 
「大垣夜行」の快速化は、当時青春18きっぷで旅に出る方々にとっては大変大きな変更となりました。以前でしたら始発駅で数時間前から並ぶところ、今度はこの列車の指定席を確保するところから始めなければいけないという時代になりました。
 
青春18きっぷで旅をする方御用達の列車となった快速「ムーンライトながら」でしたが、やはり利用が低迷してきたようで、2007年3月のダイヤ改正で373系を使用した定期列車での運転は終了となり、主に青春18きっぷ発売時期の臨時列車としてJR東日本の183系、のちに185系で運転されるのみになっています。けれども、まだまだ青春18きっぷ利用客にとって根強い需要がある列車になります。
 
快速「ムーンライトながら」号が登場して、もう20年が過ぎた2016年春になります。

0383.【JR東海】特急東海 運転開始記念オレンジカード

1996年3月15日、東海道線で最後までよき時代の姿で運転されてきた急行「東海」号は運転を終了しました。その翌日、ダイヤ改正に合わせて「東海」号は特急に進化しました。
 
=======================
 名称   :特急東海 運転開始記念オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1996年3月16日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:通信販売
=======================
 
Dscn2564
 
Dscn2565
 
Dscn2640
 
1996年のダイヤ改正より新たに東京~静岡を結ぶ特急列車になった「東海」号、JR東海の373系を2本つないだ6両編成モノクラスで2往復の運転を開始しました。同時にイラストマークも制定され、373系とともにヘッドマークデザインもカードにあしらわれています。
 
特急に進化した「東海」号、その後JR東海の在来線特急列車群にあわせて「(ワイドビュー)東海」と呼ばれるようになりましたが、、その後利用が低迷してきたようで2007年3月のダイヤ改正で廃止となりました。客車列車として登場したのが1955年、その後80系・153系・165系と準急・急行と電車優等列車の草分け的な列車であり、平成になって373系の特急に進化した「東海」号、52年の歴史に幕を下ろしました。
 
特急「東海」号は、一度乗車したことがありましたが、それが最後になってしまいました。
特急化から20年、廃止から9年、もう思い出になった列車であります。

2016.03.15

0380.【JR東海】さようなら 165系大垣夜行 375M 372M オレンジカード

かつて、青春18きっぷでこの列車に乗車して旅をした思い出をお持ちの方も多いことでしょう。
 
=============================
 名称   :さようなら 165系大垣夜行 375M 372M オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1996年3月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:通信販売
=============================
  
Dscn2563
  
急行東海号が165系で運転を終了するのに合わせて、この列車も165系での運転を終了しました。下り列車は375Mという列車番号の東京発大垣行普通列車、上り列車は372Mという列車番号の大垣発東京行普通列車、通称「大垣夜行」と呼ばれた列車になります。
 
かつて主要幹線においては長距離を運転する普通列車が設定され、中には夜行で運転されるものもありました。東海道線においても、1往復東京~大垣を運転する夜行の普通列車が運転されていました。
 
普通列車ですので地味な列車ではあったのですが、春・夏・冬シーズンに発売される全国JR線普通列車1日乗り放題の「青春18きっぷ」が利用できる時期になりますと、この列車は夜行で運転されることから有効に利用できるということで多くの方が利用し、始発駅では発車数時間前から列ができていたという列車になり、その期間は増発便も運転されたほどのよく知られた列車となりました。
 
東海道線の深夜帯に運転されていた375M・372M、私もこの列車には何度か乗車した思い出があります。本来であれば急行型車両である165系の思い出についても、急行で活躍していた姿よりこの「大垣夜行」での姿が強く印象に残っています。
 
地味な列車ではありましたが、165系での運転終了を記念してJR東海においてこのように記念オレンジカードが発売されました。図柄は深夜の静岡駅に停車している375M大垣行の165系があしらわれ、合わせて大垣夜行と呼ばれた375M・372M列車の略歴を記したカードが付いています。これも通信販売で購入しました。
 
東海道線を走行した「大垣夜行」と呼ばれた普通列車、多くの人々に思い出を残した名列車であったのかもしれません。早いもので、この列車の運転終了から20年という年月が流れました。

0377.【JR東海】さようなら急行東海 記念オレンジカード

それは、日本の鉄道の歴史に名を残す列車の転機でありました。
 
=======================
 名称   :さようなら急行東海 記念オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1996年3月--日
 値段   :4,000円(1,000円券4枚組)
 購入箇所:通信販売
=======================
 
Dscn2555
 
Dscn2556
 
Dscn2637_2
 
Dscn2558
 
1996年3月16日に行われたダイヤ改正により、東京~静岡を結んでいた「東海」号が急行としての運転を終了することになったことからJR東海において発売されたオレンジカードになります。内容は「東海」号の在りし日の姿をあしらった4枚のオレンジカードがセットになったものになります。
 
「東海」号は、わが国の鉄道の歴史の中において、それまでの機関車が牽引する客車列車から電車を用いた最初の優等列車となりました。前史は略しますが、1957年に湘南形と呼ばれた80系電車を使用した初の電車優等列車として当時は準急として東京~名古屋・大垣として運転されました。その翌年には新性能電車153系に置き換えられました。153系はのちに急行型電車と呼ばれる車両の初の車両となり、前面貫通式のパノラミックウィンドのスタイルはこの列車の愛称から「東海形」と呼ばれるようになり、その後の黄金時代を築きます。その後急行になり運転区間も東京~静岡に短縮され、1982年には165系で運転されるようになりました。
 
国鉄が分割民営化されJRが発足しても、165系がほぼオリジナルの姿で運転されグリーン車も連結されていた急行「東海」号、すでに東海道新幹線が主流となってからも新幹線の恩恵を受けない都市間の需要で運転されてきましたが、さすがに寄る年波には勝てず1996年3月をもって165系の急行「東海」は運転を終了することになりました。
 
このオレンジカードは通信販売で購入したものですが、急行「東海」号には運転終了が近くなって東京~静岡を1往復、復路はグリーン車に乗車して東海道線で運転されてきた急行列車の最後を体感してきました。もうこのオレンジカード発売から20年という年月が流れ、いまや急行型電車というカテゴリーも過去のものになってしまった2016年の現在であります。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter