カテゴリー「発行社局:JR四国」の12件の記事

2018.05.06

1248.【JR四国】瀬戸大橋線開業30周年記念入場券

世紀の大事業といわれた本州・四国連絡橋のひとつである瀬戸大橋が、本年で開通から30周年を迎えました。これを記念して発売されましたアイテム、四国側におきましても発売され入手しましたので公開いたします。
 
=====================
 名称   :瀬戸大橋線開業30周年記念入場券
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2018年4月10日
 値段   :800円
 購入箇所:坂出駅
 シリアルNo.:1539
=====================
 
Img_1777
 
Img_1781
 
瀬戸大橋線開業30周年を記念して、四国側で発売されました記念入場券になります。
 
1988年に瀬戸大橋が開通したことにより、四国は大変革を迎えました。JR四国では瀬戸大橋線開通によりそれまで高松から予讃線松山方面を結んでいた特急「しおかぜ」号と、やはり高松から土讃線高知方面を結んでいた特急「南風」号が、瀬戸大橋を渡り岡山発着で運転されるようになりました。この時代の特急はキハ185系とともにキハ181系気動車で運転されておりました。その後JR四国では高速化などの改良工事が行われ「南風」号にはJR四国が世界に先駆けて開発した振り子式気動車2000系に、「しおかぜ」号は松山・伊予市までの電化完成に合わせて8000系電車を導入、瀬戸大橋を渡り本州と四国を結ぶ特急列車として活躍しています。なお、「しおかぜ」号については、2016年に後継となる8600系電車が登場し瀬戸大橋線でも活躍を始めているとともに、2000系気動車については「南風」のほか徳島を結ぶ特急「うずしお」号もN2000系と呼ばれている車両が瀬戸大橋を渡っております。また2003年からは快速「マリンライナー」について高松方先頭車をダブルデッカーとした編成がJR四国保有となり、そのほかにも岡山から多度津方面へ向かう普通列車として6000系電車も瀬戸大橋を渡っております。
 
JR四国において発売されました瀬戸大橋線開業30周年記念入場券は、表紙を瀬戸大橋を構成する橋のひとつ岩黒島橋と瀬戸大橋線で活躍するマリンライナー5000系と特急しおかぜ8000系、特急うずしおN2000系があしらわれ、瀬戸大橋線路線図を記した台紙に、香川県内の快速マリンライナー停車駅である高松・鬼無・端岡・坂出の各駅(鬼無・端岡の両駅は一部時間帯のマリンライナーが停車)と特急「しおかぜ」「南風」が瀬戸大橋を渡り四国に入って最初に停車する宇多津駅の硬券入場券がセットされているものになります。
また、JR西日本で発売されました記念入場券と並べますと、連続した写真になるという仕掛けがあります。
 
Img_1782
JR西日本で発売された記念入場券と並べた様子
 
この記念入場券は坂出駅で入手しました。当初は児島で入手したあと、同日の夕方にマリンライナーに乗車して四国へ渡り買い求めに行こうと思っていたところ、強風の影響で岡山から四国方面行き特急は運休・快速マリンライナーも本州の児島止まりという異常事態で、この翌日の朝に坂出まで出向いて買い求めたものになります。
 
世紀の大事業と言われ、開業した日は熱狂に包まれた瀬戸大橋、それから30年という年月が流れました。

2017.08.16

1053.【JR四国】四国まんなか千年ものがたり 運行開始記念入場券

JR四国では本年4月から新たな観光列車が登場しました。運行開始にあたり発売されました記念きっぷがまだ発売されておりましたので入手しました。
 
============================
 名称   :四国まんなか千年ものがたり 運行開始記念入場券
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2017年4月1日
 値段   :960円
 購入箇所:高松駅
 シリアルNo.:1358
============================
 
Img_0838
 
Img_0839
 
Img_0842
 
2017年4月1日よりJR四国で運転を開始した観光列車は「四国まんなか千年ものがたり」号で、多度津~大歩危間を主に金曜日と土休日に運転する全車グリーン車の特急として運転されています。車内ではこの地方の食材で作られた料理を別料金で堪能することができるというもので、運転開始以降人気になっているようです。
 
運転開始を記念して発売された記念入場券、この列車の始発終着駅である多度津と大歩危、途中停車駅である善通寺と琴平、今でもスイッチバックが残りこの列車が立ち寄る坪尻と通過する阿波池田の各駅の硬券入場券がセットされています。
 
四国列車旅の新たなコンテンツになった「四国まんなか千年ものがたり」号、機会があれば乗車してその車窓を味わってみたいものです。

1052.【JR四国】高松駅開業120周年記念入場券

今年の夏も各地に遠征しまして、その先で入手してきた記念きっぷがありますので、公開いたします。
 
四国のターミナルであるこの駅が本年で120周年を迎えました。
 
====================
 名称   :高松駅開業120周年記念入場券
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2017年2月25日
 値段   :800円
 購入箇所:高松駅
 シリアルNo.:1339
====================
 
Img_0837
 
四国のターミナルである高松駅、1897年2月21日に開業しました。かつては本州からの連絡船が接続した四国の玄関でしたが、瀬戸大橋線の開業によりその役割は変わりましたが、今でも四国のターミナル駅として機能しています。
 
高松駅については駅舎改築とともに移設も何度か行われており、現在の駅舎は4代目で2001年に現在地に移転した駅になります。駅前も整備され機能向上が図られていますが、駅構内には高松名物のさぬきうどんの店もあり、四国のターミナルとしての機能は健在であります。
 
発売から半年が過ぎていましたが、まだ発売していたので入手できたアイテム、それだけ歴史を重ねてきた駅でもあります。

2017.04.01

0861.【JR四国】JR四国発足20周年記念オレンジカード

1987年4月1日、日本国有鉄道は6つの旅客鉄道会社と貨物鉄道会社に分割・民営化、JRが発足しました。
それから20年が過ぎた2007年、JR四国で発売されましたオレンジカードを公開いたします。
 
=======================
 名称   :JR四国発足20周年記念オレンジカード
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2007年4月1日
 値段   :各1,000円
 購入箇所:
=======================
 
Img_0066
 
JR発足20周年を迎えて、JR四国で発売されましたオレンジカードになります。各カードはバラで発売され、5種類特急列車からローカル列車まで各種車両をあしらいました。
 
本年でJR発足から30年になります。このアイテム発売から10年が経過しましたが、今ではオレンジカードも発売を終了しており、いつの間にかそれだけの年月が流れたことを感じさせます。

2017.03.18

0801.【JR四国】四国電車特急記念入場券(高松~伊予市間電化完成)

今から24年前の春、当時は青春18きっぷで旅をして瀬戸大橋を渡って初めて四国の高松に着きました。この時、記念入場券が発売されておりましたので入手しました。
 
============================
 名称   :四国電車特急記念入場券(高松~伊予市間電化完成)
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :1993年3月18日
 値段   :280円
 購入箇所:高松駅
 シリアルNo.:1361
============================
 
Dscn3827
 
1993年春、JR四国においては予讃線の高松~伊予市までの区間の電化が完成し、岡山・高松~松山間の特急が電車で運転されることになり発売されました記念入場券になります。
 
JR四国では岡山・高松~松山間の特急用に8000系を導入しました。この記念入場券にはデビューすることになった8000系があしらわれています。
 
この記念入場券発売から24年という年月が流れました。8000系はリニューアルが行われたためこの姿では残っておらず、また後継車として8600系という車両が登場しています。
 
予讃線高松~伊予市の電化は遅れていた四国内の高速化の一環として国鉄時代から進められてきました。今日においても十分に意義があった事業であるとともに、JR四国の屋台骨と言える路線であるかと思います。

2016.10.03

0629.【JR四国】5100形電車 ブルーリボン賞受賞記念オレンジカード

2003年にデビューした岡山と高松を瀬戸大橋を走行して結ぶ快速「マリンライナー」用車両、2004年に鉄道友の会からブルーリボン賞が贈られました。
 
============================
 名称   :5100形電車 ブルーリボン賞受賞記念オレンジカード
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2004年10月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:高島屋日本橋店
============================
 
Dscn3823
 
Dscn3824
 
2004年の鉄道友の会ブルーリボン賞に輝いた5000系電車、受賞の対象となったのはマリンライナーで高松方先頭車になるJR四国保有のダブルデッカー車5100形がその対象となりました。JR四国としては初の賞受賞となりました。
 
ブルーリボン賞受賞を記念して発売されましたオレンジカードですが、JR四国のオレンジカードは東京でも日本橋にある高島屋デパートの商品券サロンで購入可能であった時代があり、この記念オレンジカードも同様な方法で購入したと記憶しております。
 
この車両のデビューから13年が過ぎた2016年、本州と四国を結ぶ快速列車の先頭車として活躍しています。

2016.10.01

0618.【JR西日本・JR四国】新型マリンライナー運行記念 オレンジカード

本州の岡山と四国の高松を瀬戸大橋を走行して結ぶ快速列車「マリンライナー」号、この列車の車両の置き換えが瀬戸大橋開通15周年を迎えた年の10月に行われました。これを記念して発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=========================
 名称   :新型マリンライナー運行記念 オレンジカード
 発行社局:西日本旅客鉄道・四国旅客鉄道
 発売日  :2003年10月1日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
 備考   :ここに公開しているカードはJR四国発行
=========================
 
Dscn3818
 
Dscn3819
 
Dscn3821
 
マリンライナーの車両置き換えに合わせてJR西日本とJR四国が共同で発売して記念オレンジカードになります。それまで213系で運転されていたマリンライナーは2003年10月1日より新型車両で運転されるようになりました。この時からマリンライナーは5両編成となり岡山方2両はJR西日本保有の223系5000番台、高松方の3両はJR四国保有の5000系となり、JR四国保有の5000系高松方先頭車はダブルデッカーの5100形という車両になります。
 
新旧マリンライナー車両をあしらった図柄の2枚セットで発売されました記念オレンジカードになります。早いもので、JR四国5000系・JR西日本223系5000番台のマリンライナーが運転を開始してから13年という年月が流れました。今でも本州と四国を結ぶ快速列車として活躍している車両になります。

2016.04.10

0468.【JR四国】瀬戸大橋線開業20周年記念シリーズ オレンジカード

1988年に開業した瀬戸大橋、それから20周年を迎えた2008年になりますと、JR四国においてオレンジカードが各種発売されました。
 
============================
 名称   :瀬戸大橋線開業20周年記念シリーズ オレンジカード
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2008年4月--日~
 値段   :各1,000円
 購入箇所:
============================
 
Dscn2977
 
2008年に発売された瀬戸大橋線開業20周年記念オレンジカードはシリーズ形式で発売され、マリンライナー、しおかぜ、南風、うずしおのそれぞれ瀬戸大橋線開業時と、2008年現在の瀬戸大橋走行中の写真をあしらった図柄になります。瀬戸大橋線開業時のマリンライナーは213系、特急列車はキハ185系はもとよりキハ181系も使用されておりました。
 
瀬戸大橋線開業20周年記念オレンジカードとしましては、このようなカードが発売されました。
 
===============================
 名称   :瀬戸大橋線開業20周年記念 懐かしの213系マリンライナー
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2008年6月--日~
 値段   :各1,000円
 購入箇所:
===============================
 
Dscn2976
 
213系で運転されていた当時のマリンライナーの写真をあしらったデザインになります。
 
この当時、マリンライナーには20周年を記念したヘッドマークが付けられていました。その写真が図柄となったオレンジカードも発売されました。
 
=============================
 名称   :「瀬戸大橋開業20周年」 ヘッドマーク付マリンライナー
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2008年7月--日~
 値段   :1,000円
 購入箇所:
=============================
 
Dscn2998
 
このように各種発売された瀬戸大橋線開業20周年記念のオレンジカード、これらカードの発売から本年2016年で8年、瀬戸大橋線の開業から28年という年月が流れました。

0467.【JR西日本・JR四国】瀬戸大橋15周年記念オレンジカード

本日4月10日は瀬戸大橋が開通した日です。1988年に岡山県の児島から香川県の宇多津までの間が、上部は瀬戸中央自動車道として、下部はJR本四備讃線・愛称瀬戸大橋線として開通しました。
JRにおいては、この開通により岡山~高松を結ぶ快速列車「マリンライナー」が運転を開始、合わせて四国の特急である「しおかぜ」「南風」が瀬戸大橋を渡って岡山で新幹線に接続する列車となりました。
それから15年が過ぎた2003年にJR西日本とJR四国共同で発売された記念オレンジカードになります。
 
=======================
 名称   :瀬戸大橋15周年記念オレンジカード
 発行社局:西日本旅客鉄道・四国旅客鉄道
 発売日  :2003年4月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
 備考   :ここに公開しているカードはJR四国発行
=======================
 
Dscn2973
 
Dscn2974
 
Dscn2975
 
瀬戸大橋開業15周年を迎えて発売されたオレンジカード、瀬戸大橋を渡るJR四国の特急「しおかぜ」8000系と快速マリンライナーがあしらわれたものになります。8000系はオリジナル、マリンライナーは213系という時代になります。
 
このカード発売からすでに13年が経過し、車両のラインナップに変化が生じている本州四国連絡列車になります。

2015.07.31

0059.【JR四国】伊予灘ものがたり 運行1周年記念入場券

今回四国を訪れてぜひ乗車してみたかった列車でしたが、あいにく満席でした。
しかし、こんな記念入場券が発売されました。
 
========================
 名称   :伊予灘ものがたり 運行1周年記念入場券
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2015年7月26日
 値段   :800円
 購入箇所:伊予大洲駅
 シリアルNo.:1351
========================
 
Dscn0470
 
Dscn0471
 
伊予灘ものがたり号は、キハ47系気動車を改造した観光列車で、松山~伊予大洲・八幡浜を土休日に2往復運転されます。運転区間のうち向井原~伊予大洲間は、現在「愛ある伊予灘線」という愛称が付けられた予讃線の伊予長浜回りの旧線で運転されます。この区間は海沿いを進み瀬戸内海に浮かぶ島を眺められる区間であり、この途中にある伊予灘ものがたり号も停車する下灘駅はかつて「海にいちばん近い駅」とされ、青春18きっぷのポスターにも登場したことがあるという風光明媚な区間を走行します。
 
今回の四国旅行ではこの伊予灘ものがたり号に乗車して、予讃線伊予長浜回りの区間を乗車しようと目論んでいたのですが、案の定指定席は満席でやむを得ず一般普通列車でこの区間は乗車しました。7月26日に乗車しようとしていたのですが、その後現地についてわかったこととしまして、ちょうどこの日が運転開始から1周年を迎えることになり、松山駅では記念式典が開催されるなどといった特殊事情で、おそらくは1か月前の時点でほぼ満席であったのではないかと思います。一方で、このような記念入場券が発売開始されるということでしたので、松山に着いた時点では発売開始前でしたので、そのまま進んで下車した伊予大洲駅で購入しました。伊予灘ものがたり号が停車する駅と、実質上「愛ある伊予灘線」の始発駅となる伊予市駅の硬券入場券がセットになったものになります。

内子回りの新線が開通して、実質上はローカル線になってしまった予讃線の伊予長浜回り区間、この区間の活性化のため運転を始めた伊予灘ものがたり号、なかなか盛況なようで、景色のよい場所では徐行運転も行われるようです。今度は機会を作って乗車してみたいと思っています。

カテゴリー

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google