カテゴリー「発行社局:JR東日本」の96件の記事

2018.03.09

1239.【JR東日本】ありがとうE351系記念入場券

中央本線で活躍した特急車両、まもなく実施されるダイヤ改正で運転を終了します。
 
===================
 名称   :ありがとうE351系記念入場券
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2018年3月9日
 値段   :2,800円
 購入箇所:松本駅
 シリアルNo.:0196
===================
 
Img_1633
 
Img_1634
 
Img_1636
 
まもなく実施されるダイヤ改正で引退を迎える車両は、中央本線の特急「スーパーあずさ」号で運転されていたE351系になります。
 
E351系は1993年にデビューし、中央本線で活躍しました。山間部が多く急カーブが多い路線であったことからカーブでは車体を傾けて走行する振り子機構が設けられました。またそれ以前の183系よりも性能が向上したことから、1994年からE351系使用列車は最高時速130km運転が開始され、この時からE351系使用列車は「スーパーあずさ」号と呼ばれることになりました。またこの車両からJR東日本所有の車両であることを示すため、形式名に東を意味するEastの頭文字「E」を冠することになりました。
 
中央本線の特急「スーパーあずさ」号で運転されてきたE351系、寄る年波には勝てずに昨年2017年12月に後継となるE353系が登場し置き換えが始まり、まもなく実施されるダイヤ改正でスーパーあずさ号での運転は終了し、その後は松本からツアー形式のラストランが実施されるようで、E351系は引退を迎えることになります。
 
引退を前に、松本ほか長野県内のスーパーあずさ号停車駅で発売された記念入場券になります。E351系がスーパーあずさ号として運転され停車した駅のB型硬券入場券がセットされています。入場券の駅には大糸線の駅や中央線の東京駅も含まれております。この記念入場券を買い求めるために松本に向かいまして入手できました。その帰りでちょうどE351系使用の「スーパーあずさ」号があったことから、今回はグリーン車に乗車してこれで最後になるであろうE351系を堪能しました。
 
JR発足後に導入された特急型車両であるE351系、気が付けばデビューから24年以上が過ぎていました。E351系デビュー時の中央線は、都内近郊区間の快速線は201系、高尾以西の普通は115系が全盛の時代、三鷹~立川間は地上を走行しており、この車両の活躍の間で大きく変わりました。実はそれだけの年月がいつの間にか流れ、多くの人々に活躍の日々の思い出を残して引退を迎えるE351系になります。

2017.12.23

1228.【JR東日本】E353系デビュー記念入場券

中央本線の特急「スーパーあずさ」号、待望の新型車両がデビューしました。
 
==================
 名称   :E353系デビュー記念入場券
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2017年12月23日
 値段   :1,280円
 購入箇所:松本駅
 シリアルNo.:0229
==================
 
Img_1508
 
Img_1511
 
Img_1514
 
中央本線を走る特急列車「あずさ」号、このうちE351系で運転される列車は「スーパーあずさ」号と呼ばれておりますが、その置き換え用に登場したE353系、本日より営業運転を開始したことから発売されました記念きっぷになります。松本から新宿までのあずさ号の主要停車駅の硬券入場券が、E353系の特徴などを記した台紙にセットされています。この記念きっぷは長野県内のスーパーあずさ号の停車駅で発売されましたので、私は松本駅にて購入しました。前日に松本入りして当日朝駅に向かいますとすでに列ができておりましたが、このように入手することができました。その帰りで運転を開始したE353系のスーパーあずさ号に乗車しました。
 
E353系は空気バネ高さ制御により車体を傾けて走行するという機能があり、カーブが多い中央本線においても高速で走行できるという性能を持ち、また動揺防止制御装置や全席に電源コンセントやLED照明といった装備がなされた車両になり、従来のE351系やE257系から進化した特急車両になります。早速その乗り心地を体感したことになります。
 
本日より4往復のスーパーあずさ号でデビューしたE353系、今後も増備され2018年3月のダイヤ改正ではすべてのスーパーあずさ号がE353系で運転されるようになり、E351系を置き換えます。
 
最初の編成が入線し、試運転やそれに伴う調整に長い時間を要しましたが本日より運転を開始したE353系、満を持してのデビューとなりました。これから中央本線のフラッグシップとして新宿から甲斐路・信濃路で活躍するE353系、今後の活躍は十分に期待できることでしょう。

2017.12.01

1204.【JR東日本】東北新幹線 八戸開業 「はやて」デビュー記念 Suicaイオカード

2002年12月1日はりんかい線全線開通と合わせて、ペンギン柄の記念SuicaがJR・東京モノレール・りんかい線と3社で発売されたことからそれぞれの発売箇所へ奔走した日でありましたが、同じ日にJR東日本においてはさらに別の記念Suicaの発売がありました。
 
================================
 名称   :東北新幹線 八戸開業 「はやて」デビュー記念 Suicaイオカード 
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2002年12月1日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:渋谷駅
================================
 
Img_1334
 
Img_1335
 
Img_1336
 
東京ではりんかい線が全線開通した日、東北新幹線においては盛岡から青森県の八戸まで延伸開業しました。東北新幹線においては八戸まで走行する列車は基本的に全席指定とし、新たな愛称として「はやて」と命名して、2002年12月1日より運転を開始しました。八戸延伸と「はやて」デビューを記念して発売されたSuicaイオカードになります。JRのりんかい線直通運転開始記念と同時に入手できました。
 
図柄は「はやて」用に導入されたE2系1000番台をあしらったものになりました。
 
東北新幹線はこれから8年後に新青森まで延伸しました。それから数か月後にE5系「はやぶさ」が登場したことから「はやて」は少数になったとともに、E2系1000番台についても東北新幹線では「やまびこ」等の列車に使用されることが多くなったとともに、上越新幹線にも進出するようになりました。
 
本年で八戸まで延伸されて15年、その後東北新幹線E5系により最高時速320Kmで新青森へ、そして津軽海峡を越えて北海道新幹線となって新函館北斗へ運転されるようになりました。

1201.【JR東日本】Suicaネットワーク拡大 りんかい線相互乗り入れ記念 Suicaイオカード

2002年12月1日のりんかい線全線開通によりJR埼京線と直通運転を開始し、合わせてりんかい線がSuicaエリアとなったことから、JR東日本でも記念カードが発売されました。
 
====================================
 名称   :Suicaネットワーク拡大 りんかい線相互乗り入れ記念 Suicaイオカード 
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2002年12月1日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:渋谷駅
====================================
 
Img_1327
 
Img_1329
 
Img_1330
 
りんかい線と直通運転を開始するとともに、りんかい線がSuicaエリアになったことからJR東日本で発売された記念Suicaになります。3羽のペンギンがあしらわれたデザインになります。
 
このカードはりんかい線の大井町に向かう前に山手線の渋谷駅で購入しました。早朝に出向いたのですがここでも列ができておりました。
 
この時3社目のSuicaエリアとなったりんかい線、この後徐々にSuica利用可能エリアは拡大していくことになります。

2017.11.17

1181.【JR東日本】常磐線交流電化&勝田電車区 40周年記念 オレンジカード

先日11月14日は埼玉県民の日としていくつか記事を公開いたしましたが、その前日の11月13日は茨城県民の日であったそうです。そこで、手元にあります茨城県内の佳節となるアイテムを公開いたします。
 
===============================
 名称   :常磐線交流電化&勝田電車区 40周年記念 オレンジカード
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2001年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
===============================
  
Img_1340
 
ここに公開しましたアイテムは、2001年の常磐線の取手~勝田間交流電化及び常磐線の茨城県内における車両基地である勝田電車区開設40周年を記念して、この当時JR各社の券売機で乗車券などが購入できたプリペイドカードであるオレンジカードで発売されました。
このカードは発売時期に、高崎エリアの駅でオレンジカードの即売会イベントが開催されその会場で入手した記憶があります。図柄はローズピンク色の415系配置間もないころの試運転の様子が図柄になりました。
 
常磐線の特急や中距離列車の車両基地となった勝田電車区は、2004年に勝田車両センターと改称しています。
かつては特急用485系、近郊型401・403・415系が配属されていた車両基地でしたが、JR化後は特急用に「スーパーひたち」651系や「フレッシュひたち」E653系の配属もありましたが、651系こそ波動用に一部残っていますが、E653系については新潟エリアに転属となり、415系も姿を消して、今では特急用E657系と近郊型E531系及びE501系、そしてJR東日本エリアの電化区間の線路・電気・信号関係の検測車であるE491系「Easti-E」が配属されています。いずれにしましても常磐線の特急や近郊型車両の基地として常磐線の運行を支えている車両基地になります。

2017.11.15

1180.【JR東日本】上越新幹線開業30周年記念入場券

本日で開業35周年を迎えた上越新幹線、今回は今から5年前の2012年に30周年を迎えた際に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
======================
 名称   :上越新幹線開業30周年記念入場券
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2012年11月17日
 値段   :1,390円
 購入箇所:大宮駅
 シリアルNo.:3462
======================
 
Img_1254
 
Img_1256

2012年の開業30周年を記念して発売された記念入場券、大宮~新潟間各駅の硬券入場券がセットされており、台紙には上越新幹線の歴史が記されています。
 
表紙には200系とE1系、E4系があしらわれておりE4系はこの時代はまだ黄色帯でありました。
 
この記念入場券発売から5年、35周年を迎えた上越新幹線になります。

2017.11.14

1177.【JR東日本】183系特急「とき号」復活運転記念イオカード

今では上越新幹線の列車の愛称になっている「とき」、新幹線開業前は在来線で上野~新潟を運転していた特急列車の愛称でした。新幹線開業により在来線からは姿を消しましたが、2001年10月にリバイバル運転が行われることになり、発売されたアイテムになります。
 
=========================
 名称   :183系特急「とき号」復活運転記念イオカード
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2001年10月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
=========================
 
Img_1244
 
Img_1242
 
Img_1243
 
上野から新潟を結んでいた特急「とき」、自分の父親が新潟県出身であったことから新幹線開業前に183系の「とき」号に乗車した思い出があります。1982年の上越新幹線開業で新幹線の愛称に移行するのですが、新幹線開業直前まで旧こだま型電車を始祖とする181系も使用されておりました。2001年10月にリバイバル運転を行うにあたり発売された、この当時首都圏のJR線の自動改札機に直接投入して乗車できるプリペイドカードであったイオカードで発売され、181系と183系の「とき」号をあしらいました。
 
新潟に向けて運転されていた「とき」号、その愛称の由来は佐渡島で保護されている国際保護鳥の「朱鷺」に由来します。1962年に上野~新潟を結ぶ特急列車の愛称に採用されました。新幹線開業直前には14往復運転にまで成長しました。
 
1982年に上越新幹線が開業すると「とき」の愛称はそのまま新幹線に移行しますが、列車名の整理で1997年10月で一旦消滅します。しかし2002年12月に再び上越新幹線の列車名として「とき」の愛称は復活し、今でも東京から新潟を結ぶ新幹線列車の愛称として親しまれています。

1176.【JR東日本】165系急行「佐渡」「アルプス」復活運転記念オレンジカード

2000年代に入り、リバイバル運転が多く実施された時期、この列車も2003年にリバイバル運転されました。
 
==============================
 名称   :165系急行「佐渡」「アルプス」復活運転記念オレンジカード
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2003年6月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
==============================
 
Img_1241
 
Img_1239
 
Img_1240
 
この時代、まだ残っていた急行型電車165系を使用して運転されたリバイバル列車、2003年6月21日と22日に上野~新潟間で急行「佐渡」、2003年6月28日と29日に新宿~松本間で急行「アルプス」が復活運転しました。
 
上越線の急行「佐渡」、中央線の急行「アルプス」、いずれも165系全盛時代において使用された代表的な列車になります。165系は勾配線区用の車両でしたので、これら路線においてその性能を発揮していました。このオレンジカードにもそれぞれの列車の全盛時代、ヘッドマーク付きの姿があしらわれています。
 
急行「佐渡」は1985年、急行「アルプス」は165系での運転は1986年で終了しており、それ以来のリバイバル運転となりました。
 
今では165系は全車両引退し、このリバイバル運転自体も思い出になりました。

2017.10.19

1122.【JR東日本】品川駅開業130周年記念入場券

鉄道の日関連のアイテムを続々と公開しておりますが、2002年に鉄道開業130周年となった際に品川駅で発売されましたアイテムになります。
 
===================
 名称   :品川駅開業130周年記念入場券
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2002年6月12日
 値段   :500円
 購入箇所:
 シリアルNo:3153
===================
 
Img_1104
 
2002年に130周年を迎えた鉄道開業・品川駅開業を記念して発売されたアイテムになります。
 
鉄道の開業日は正式には当時の暦で1872年9月13日、翌年に現在の暦が採用されて10月14日となりましたが、これ以前に品川~横浜(現:桜木町)間は仮開業をしており、当時の暦で1872年5月7日、現在の暦で6月12日に1日2往復途中駅ななしで仮開業しており、それから2002年で130周年を迎えたことから発売されたもので、その旨の記述がこの記念入場券の裏面にあります。
 
この記念入場券発売から15年、本年で鉄道開業から145周年となりました。

2017.10.16

1114.【JR東日本】グリーン車Suicaシステム登場記念 Suicaイオカード

今から13年前の2004年10月16日、Suicaを用いた新たなサービスが開始されました。
 
============================
 名称   :グリーン車Suicaシステム登場記念 Suicaイオカード 
 発行社局:東日本旅客鉄道
 発売日  :2004年10月16日
 値段   :2,000円(デポジット500円含む)
 購入箇所:
============================
 
Img_1073
 
Img_1071
 
Img_1072
 
この時始まったサービスは、グリーン車Suicaシステムと呼ばれるもので、まずはこの日からグリーン車の連結を始めた湘南新宿ラインと宇都宮線・高崎線列車において、駅ホーム上にあるグリーン券売機にSuicaを投入してチャージされた金額からグリーン料金分を支払い、カードのグリーン券の情報を書き込んで、乗車後は座席上にあるセンサーにSuicaをタッチしてランプが赤から緑になれば、車内での検札は省略というサービスになります。
 
まずは湘南新宿ラインと宇都宮線・高崎線から始まったグリーン車Suicaシステム、その後は東海道線や横須賀線・総武快速線にも導入され、のちにグリーン車を連結した常磐線でもサービスが始まっています。
 
Suicaを使ってチケットレスでグリーン車に乗車できるサービスが始まって、もう13年という年月が流れました。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter