カテゴリー「発行社局:首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)」の6件の記事

2017.11.20

1188.【TX】車体更新場初公開記念乗車券

本年で開業から12年が経過したつくばエクスプレス、高速運転を行うこともあり車両の更新の時期が迫ってきました。そこで守谷にある車両基地内に車体更新場を設置することになり、毎年恒例のイベントである「つくばエクスプレスまつり」において初めて公開されたことから記念乗車券が会場内で発売されました。
 
========================
 名称   :車体更新場初公開記念乗車券
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2017年11月3日
 値段   :1,000円
 購入箇所:東武ファンフェスタ会場(南栗橋車両工場)
 シリアルNo.:0747
========================
 
Img_1386
 
Img_1387
 
車体更新場初公開を記念してイベント会場で発売された記念乗車券になります。車両更新場の内部の様子をあしらった栞型の乗車券4枚が台紙にセットされています。
 
2017年は11月3日に「つくばエクスプレスまつり」が開催され、このイベント会場内で発売されました。残念ながらこのイベントには参加できませんでしたが、イベント会場内では売り切れなかったようで、それから約2週間後の11月19日に東武南栗橋車両工場で開催されたイベント「東武ファンフェスタ」の会場内に出展したつくばエクスプレスブースにて発売しておりましたので入手できたものになります。
 
これから車両の更新が本格化していく中、施設の整備を行ったつくばエクスプレスになります。

2015.12.06

0228.【TX】ご利用のお客さま10億人突破記念乗車券

今年2015年で開業10周年を迎えたつくばエクスプレス、そして開業以来乗車されたお客さまが10億人を突破したことから、記念乗車券が発売されました。
 
========================
 名称   :ご利用のお客さま10億人突破記念乗車券
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2015年12月5日
 値段   :500円
 購入箇所:秋葉原駅
 シリアルNo.:1414
========================
 
Dscn1623
 
開業してからのお客さまが10億人を突破したのが2015年10月13日、それから発売されたものになります。硬券で発売されました。
1日平均の輸送人員も開業時は15万人であったところ2014年度には32万6千人と倍以上になり、開業以降沿線人口が増え発展してきたことを物語っています。10億人突破は、その通過点なだけなのかもしれません。

2015.08.24

0106.【TX】開業10周年記念乗車券

早いもので、この路線の開業から今日で10年が過ぎてしまいました。
 
=================
 名称   :開業10周年記念乗車券
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2015年8月15日
 値段   :1,000円
 購入箇所:秋葉原駅
 シリアルNo.:0403
=================
 
Dscn0721
 
Dscn0722
 
Dscn0723
 
今から10年前の8月24日、秋葉原とつくばを結ぶ「つくばエクスプレス」が開業しました。10周年を迎えて発売されたアイテムになります。
このアイテムは事前予約制で、TX各駅にて申込期限内に申し込み用紙に記入し予約ののち、発売日以降定められた期限内に申し込んだ駅で引き取ってくるという発売方法でした。また発行部数も3,000部とのことでしたが、予約数が超えたことから増刷され、申し込んだ方全員に販売されました。
 
10周年を迎えて発売されたこのアイテムは、C型硬券乗車券とD型硬券乗車券の合わせて4枚が、つくばエクスプレスの10年の歩みを記した台紙にセットされているものになります。
 
開業して10年が過ぎて、つくばエクスプレス沿線は大きく発展し利用が延びてきました。それに合わせて車両の増備やダイヤ改正も行われ、利便性も向上しました。
次の10年にむけて、一層の飛躍が期待されるつくばエクスプレスであると思います。

0103.【TX】つくばエクスプレス開業記念乗車券

2005年8月24日に開業したつくばエクスプレスでは、開業記念乗車券の発売もありました。ただしこのアイテムは浅草駅でのみ発売されました。
 
=====================
 名称   :つくばエクスプレス開業記念乗車券
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2005年8月24日
 値段   :1,000円
 購入箇所:浅草駅
 シリアルNo.:01649
=====================
 
Dscn0713
 
Dscn0712
 
Dscn0711
 
浅草駅でのみ発売された記念乗車券、デザインは浅草駅コンコースやホームの壁面に描かれた絵画をあしらっており、その絵のデザインは浅草の祭りや風物が描かれています。
 
この記念乗車券はけっこうな大きさで、開くとA3版ぐらいになります。
 
東京の歴史ある町浅草も、つくばエクスプレスの開業を待望しておりました。ただ既存の東武・地下鉄の浅草駅とは離れた場所で同じ浅草を名乗ることになってしまいましたが、多くの観光客が訪れる町である浅草、開業した新駅に描かれた壁画は、浅草駅のシンボルとなっています。

0102.【TX】つくばエクスプレス開業記念入場券

今から10年前の2005年8月24日に開業したつくばエクスプレス、記念パスネットの他、このような記念入場券も発売されました。
 
=====================
 名称   :つくばエクスプレス開業記念入場券
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2005年8月24日
 値段   :3,200円
 購入箇所:秋葉原駅
 シリアルNo.:00272
=====================
 
Dscn0708
 
Dscn0709
 
記念パスネットとともに発売された記念入場券は、開業した20駅のB型硬券入場券20枚セットが台紙に収められているというものになります。

つくばエクスプレスで硬券きっぷというのは、このような記念アイテムでもなければ発売されないと思われますので、開業時に用意されたのではないかと思います。

0101.【TX】つくばエクスプレス開業記念パスネット

2005年8月24日。この日、東京・秋葉原は早朝から多くの人が集まり大変熱気を帯びていました。それは首都圏において待望の新路線が開業し、初列車に乗ろうと集まった方、そして記念アイテムを買い求めようと集まった方々により長い列ができておました。
私もその日、早朝から長い列に並び買い求めたアイテムをここに紹介いたします。
 
======================
 名称   :つくばエクスプレス開業記念パスネット
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2005年8月24日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:秋葉原駅
 シリアルNo.:00272
======================
 
Dscn0698
 
Dscn0699
 
Dscn0701
 
今から10年前の今日、開業したのは秋葉原から茨城県のつくばを結ぶ「つくばエクスプレス」になります。最先端の研究機関や大学が集まる街つくばと都心を直結する鉄道路線となります。
関東の通勤電車で初の時速130km運転を行い、そのスタイルはスピード感を表したシャープなデザインになりました。
 
開業時から関東私鉄・地下鉄共通乗車カード「パスネット」に対応したつくばエクスプレスですが、記念パスネットはこのようなセットも存在しました。
 
===========================
 名称   :つくばエクスプレス開業記念TXカード(パスネット)
 発行社局:首都圏新都市鉄道
 発売日  :2005年8月24日
 値段   :20,000円(1,000円券20枚組)
 購入箇所:秋葉原駅
 シリアルNo.:01093
 備考   :各駅でバラ売りもあり
===========================
 
Dscn0703
 
Dscn0704
 
Dscn0707
 
こちらのセットは、開業したつくばエクスプレス20駅の駅舎などの施設をあしらったパスネットカード20枚組というものになります。なお各駅においてはバラ売りも行われていたようです。
 
ということで、この日はこれらアイテムを買い求めに地元の駅を初電で秋葉原に向かい、1時間以上並んで買い求めることができたというものになります。それだけ注目度も高く話題もあったことから、多くの人が集まったのでしょう。その後開業したばかりのつくばエクスプレスに早速乗車しまして、つくばまで行ってきました。
 
つくばエクスプレス開業は、沿線地域の発展に大いに貢献しました。それだけインパクトがあった新路線であり今も順調に発展しているようです。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter