カテゴリー「発行社局:湘南モノレール」の3件の記事

2021.10.23

1409.【湘南モノレール】黒部峡谷鉄道・湘南モノレール50周年メモリアル記念入場券

本年2021年で全線開通から50周年を迎えた湘南モノレール、同年でやはり50周年を迎えた鉄道とコラボレーションした記念入場券が発売されました。

 

===============================
 名称   :黒部峡谷鉄道・湘南モノレール50周年メモリアル記念入場券
 発行社局:湘南モノレール
 発売日  :2021年9月17日
 値段   :1,440円
 購入箇所:大船駅
 シリアルNo.:0353
===============================

 

Img_3012

 

Img_3013

 

Img_3014

 

全線開通50周年を迎えた湘南モノレール、同じく2021年で開業から50周年を迎えた黒部峡谷鉄道とコラボレーションした記念入場券になります。

黒部峡谷鉄道は、富山県の富山地方鉄道宇奈月温泉駅に隣接している宇奈月駅から欅平を結ぶ路線になります。黒部川沿いの渓谷地帯を進む観光鉄道で「黒部のトロッコ電車」として親しまれている路線になります。元は黒部川沿いの奥地に建設された発電所への資材及び職員輸送を目的とした鉄道でしたが、風光明媚な渓谷沿いを進む観光鉄道として1971年に設立され開業しました。黒部峡谷はまさに今紅葉のシーズンとなっております。この時期を過ぎますと黒部峡谷は深い雪に閉ざされますので鉄道は運休となり、年が変わった春の時期にまた運転を再開するという路線になります。ただし冬季であっても黒部川沿いの発電所への人員・物資輸送のための列車は運転されています。

 

湘南・江ノ島へ空中を進む湘南モノレールと、黒部峡谷を進む黒部峡谷鉄道とのコラボレーションした記念入場券は、湘南モノレールと黒部峡谷鉄道の車両をあしらった台紙と、同じく両社の車両のイラストをあしらった湘南モノレール全駅の硬券入場券のセットになります。

 

50周年をいうつながりで実現した、異色のコラボレーションになります。

2021.07.03

1394.【湘南モノレール】全線開通50周年記念入場券

江ノ島へ空中を進む路線、全線開通から半世紀の佳節を迎えました。

 

====================
 名称   :全線開通50周年記念入場券
 発行社局:湘南モノレール
 発売日  :2021年7月2日
 値段   :1,440円
 購入箇所:大船駅
 シリアルNo.:0031
====================

 

Img_2936

 

Img_2938

 

Img_2937_20210703190201

 

全線開通から半世紀を迎えた路線は湘南モノレールになります。JR東海道線の大船から湘南江の島を結ぶ懸垂式のモノレールになります。1970年3月にまず大船から途中の西鎌倉まで開通、その翌年の1971年7月2日に西鎌倉から湘南江の島まで全線開通しました。終点の湘南江の島駅からは、国道を渡り江ノ電江ノ島駅前を通ってすばな通りの商店街を抜けますと、江ノ島に渡る橋のたもとに行くことができます。

 
全線開通から50周年を迎えた湘南モノレール、東京都心方面からは大船で乗り換えることで江ノ島への最短ルートとなります。懸垂式モノレールとなりますので、空中を進む路線としてアトラクション的な魅力もあります。もちろんのことながら、沿線地域における重要な交通機関であり今日までその役割を果たしてきました。

この記念入場券は、全線開通から50周年を迎えて湘南モノレール全駅の硬券入場券8枚が全線開通時の様子をあしらった台紙にセットされています。全線開通から50周年を迎えた2021年7月2日当日にリリースされ発売が開始、自分はネット上でこの情報を知りまして大船に向かいまして入手してきました。

 

全線開通から半世紀の佳節を迎えた湘南モノレールになります。

2016.07.04

0548.【湘南モノレール】全線開通45周年記念入場券

湘南・江ノ島へのアクセス路線が全線開通から45周年を迎えました。
 
==================
 名称   :全線開通45周年記念入場券
 発行社局:湘南モノレール
 発売日  :2016年7月2日
 値段   :170円
 購入箇所:大船駅
 シリアルNo.:0345
==================
 
Dscn3451
 
東海道線の大船から江ノ島を結ぶ湘南モノレールが、本年2016年7月で全線開通から45周年を迎えて発売されました記念入場券になります。全線開通時の祝賀列車をあしらったD型硬券になります。
 
湘南モノレールでは、すでに開業当時の車両は全車引退しており、先日開業時の車両を置き換えた500形が引退して、現在は全列車5000形列での運転となっています。
 
懸垂式モノレールの湘南モノレール、意外にも自分は初めて湘南モノレールの記念きっぷを入手しました。大船から江ノ島への足として、また地元沿線の生活の足としても運転されている湘南モノレールになります。

カテゴリー