カテゴリー「発行社局:三岐鉄道」の3件の記事

2021.08.15

1403.【三岐鉄道】三岐鉄道開業90周年記念乗車券

鈴鹿山脈の藤原岳にから産出されたセメントを運んだ路線、開業から90周年の佳節を迎えました。

 

=======================
 名称   :三岐鉄道開業90周年記念乗車券
 発行社局:三岐鉄道
 発売日  :2021年7月23日
 値段   :1,100円
 購入箇所:西桑名駅
 シリアルNo.:0714
=======================

 

Img_2967_20210815140201

 

Img_2966_20210815140201

 

開業から90周年を迎えた路線は三岐鉄道三岐線になります。三重県の富田から鈴鹿山脈の藤原岳の麓西藤原を結ぶ路線になります。1931年7月23日に富田から東藤原まで開通、同年12月に西藤原まで全線開通しました。この路線は藤原岳にて産出されるセメントを運ぶ目的で開通しました。社名になった三岐とは設立時に三重県から岐阜県の関ケ原を結ぶ意図があったとのことですが、三重県内の西藤原から先には延びることはありませんでした。開業時は蒸気機関車での運行でしたが、1952年に全線電化となり1956年から旅客列車も電車での運行となりました。

1970年に近鉄富田駅に乗り入れる路線が開通したことにより、旅客列車は近鉄富田発着の列車が多くなり1985年には関西線富田発着の旅客列車は廃止となり、現在では近鉄富田から西藤原を結ぶ旅客列車と、JR関西線富田から東藤原間で貨物列車の運行が行われています。

 

開業90周年を迎えて発売されました記念乗車券になります。開業時に用意された蒸気機関車E102と1972年に導入されたモハ150形をあしらったC型硬券乗車券2枚が、三岐鉄道の歴史等を綴った台紙にセットされています。この記念乗車券は三岐線内の他北勢線の有人駅でも発売され、自分は北勢線の西桑名駅にて入手しました。なお、この記念乗車券にあしらわれている蒸気機関車E102は現在、西藤原駅構内にて保存・展示されています。

 

開業90周年を迎えた三岐鉄道三岐線、現在運行されている旅客列車はすべて西武鉄道から譲渡された車両で運転されています。西武時代は401系・701系・新101系と呼ばれた車両、一部車両に西武時代の赤電塗装・黄色塗装が再現された編成があり注目を集めています。また貨物列車がJR富田から東藤原間でセメント及び炭酸カルシウム・フライアッシュの輸送を行っており、三岐線内では電気機関車重連による長大編成となっており、こちらも三岐線の特徴の一つになっています。

 

90年周年を迎え、これからも地域の発展に貢献する三岐鉄道であります。

1402.【三岐鉄道】北勢線電化全線開通90周年記念乗車券

三重県桑名市からいなべ市を結ぶ路線、全線開通から90周年の佳節を迎えました。

 

============================
 名称   :北勢線電化全線開通90周年記念乗車券
 発行社局:三岐鉄道
 発売日  :2021年7月23日
 値段   :1,020円
 購入箇所:西桑名駅
 シリアルNo.:0098
============================

 

Img_2969_20210815130901

 

Img_2971

 

JR関西線・近鉄名古屋線・養老鉄道の桑名駅に隣接している西桑名からいなべ市の阿下喜を結ぶ三岐鉄道北勢線、電化全線開通から90周年を迎え記念乗車券が発売されました。8月中旬にこのエリアを訪れたのに合わせて西桑名駅にて購入しました。

 

三岐鉄道北勢線は北勢軽便鉄道により1914年に大山田(現在の西桑名)から楚原間が蒸気機関車による運行で開通、その後路線延伸を繰り返し今から90年前の1931年7月8日に終点の阿下喜駅までの全線が開通、合わせて電化が行われ電車での運行となり、社名も北勢電気鉄道になりました。

その後の変遷ですが、北勢電気鉄道は1944年に神都交通・三重鉄道・志摩電気鉄道等三重県内の鉄道・バス会社と合併・統合され三重交通となり同社北勢線になり、1964年に三重交通から鉄道部門が分社化され三重電気鉄道となり、翌年の1965年には近畿日本鉄道に合併、近鉄北勢線となりました。近鉄の路線となってからは1977年頃に近代化が行われ現在の主力車両となっている270形が導入されました。しかし1990年代後半頃になると利用客減少などにより赤字路線となり存廃問題が発生しましたが、路線は存続することになり近鉄としての営業は2003年3月31日で終了し、その翌日からは三岐鉄道に移管となり現在三岐鉄道北勢線として運行を行っています。

 

北勢線電化全線開通を記念して発売されました記念乗車券になります。電化全線開通時に導入されたモニ220形と90周年のロゴをあしらったC型硬券乗車券2枚が北勢線の歴史を綴った台紙にセットされています。この記念乗車券にあしらわれているモニ220形は、226号車が現在阿下喜駅に併設している軽便鉄道博物館に保存・展示されています。

 

電化全線開通から90周年を迎えた北勢線、この路線は今では我が国に3路線しか残っていない軌間762mmの軽便鉄道の路線であり、小型の電車で運行を行っています。沿線地域の発展とともに歩んできた北勢線であります。

2017.12.13

1211.【三岐鉄道】大安駅・大安図書館開業30周年 記念乗車券・入場券セット

三重県の近鉄富田駅から西藤原を結ぶ三岐鉄道三岐線、この路線にある駅が30周年の佳節を迎えたことから発売されたアイテムになります。
 
===============================
 名称   :大安駅・大安図書館開業30周年 記念乗車券・入場券セット
 発行社局:三岐鉄道
 発売日  :2016年3月25日
 値段   :600円
 購入箇所:西藤原駅
 シリアルNo.:0434
===============================
 
Img_1410
 
Img_1413
 
三岐線の大安駅は、1986年3月25日に大井田駅を現在の場所に移設した際に改称して誕生した駅になります。この時から図書館を併設した駅となりました。
 
それから30年が過ぎた佳節に発売された記念きっぷになります。2017年春に三岐線に乗車して終点の西藤原駅でまだ発売していたものを入手しました。
 
図書館が併設され、「大安」という縁起の良い駅として地域に親しまれている駅になります。

カテゴリー