カテゴリー「西暦2021年[令和3年]発売」の8件の記事

2021.03.06

1369.【伊豆箱根】ようこそ踊り子E257系記念乗車券特急券セット

2021年3月13日のダイヤ改正で、東京から伊豆急下田・修善寺を結ぶ特急「踊り子」号は、「サフィール踊り子」で運転されている列車や一部の臨時列車を除いて、E257系での運転になります。昨年2020年3月のダイヤ改正時より伊豆急下田行きでの運転が始まっていますが、今回のダイヤ改正では修善寺行きの踊り子号についてもE257系で運転となります。新たにE257系が乗り入れることになった伊豆箱根鉄道において、185系撤退の記念乗車券と同時にE257系の記念きっぷが発売されました。

 

==============================
 名称   :ようこそ踊り子E257系記念乗車券特急券セット
 発行社局:伊豆箱根鉄道
 発売日  :2021年2月21日
 値段   :1,540円
 購入個所:いずっぱこSHOP(Web販売)
 シリアルNo.:1231
==============================

 

Img_2852_20210306224701

 

Img_2853

 

ダイヤ改正により185系に代わって伊豆箱根鉄道線に乗り入れることになったE257系の記念きっぷになります。

こちらも発売日当日に駅にて、翌日からはWebサイト内で通信販売も開始されましたが即完売となってしまいました。自分はWeb販売当日の発売開始時刻に合わせて申し込みましたが、あっという間に完売となってしまいました。この記念きっぷにつきましても増刷販売か決まったとのことです。

 

内容は、伊豆箱根鉄道線内を走行しているE257系の走行シーンをあしらった台紙に、D型硬券乗車券がセットされているものです。また伊豆箱根鉄道においては今回のダイヤ改正に合わせて線内において特急料金が設定されることになり、伊豆箱根鉄道線内(三島~修善寺)の特急券(座席未指定)もD型硬券でセットされています。今回のダイヤ改正で「踊り子」号についても全席指定となり、自由席はなくなる代わりに設定される座席未指定特急券が新たに設定されます。なお伊豆箱根鉄道線内のみ乗車の場合は座席指定は不可能なようです。また、伊豆箱根鉄道線に乗り入れるE257系は5両編成で、元は房総方面用に導入された500番台をリニューアルして修善寺行き編成として運転されます。

 

185系に代わり伊豆箱根鉄道線に乗り入れることになったE257系、「踊り子」号の新たなページが加わろうとしています。

1368.【伊豆箱根】さよなら踊り子185系記念乗車券

近づいてきた2021年3月ダイヤ改正、このダイヤ改正で定期運用から離脱する185系、この記念乗車券が伊豆箱根鉄道でも発売されました。

 

========================
 名称   :さよなら踊り子185系記念乗車券
 発行社局:伊豆箱根鉄道
 発売日  :2021年2月21日
 値段   :1,340円
 購入個所:いずっぱこSHOP(Web販売)
 シリアルNo.:1483
========================

 

Img_2850

 

Img_2851

 

2021年3月13日のダイヤ改正の前日で定期運用から離脱する特急「踊り子」号の185系、乗り入れる伊豆箱根鉄道において発売されました記念乗車券になります。発売日当日に駅にて、翌日からはWebサイト内で通信販売も開始されましたが、即完売となってしまいました。自分はWeb販売当日の発売開始時刻に合わせて申し込みましたが、あっという間に完売となってしまいました。そのためか、このほど増刷販売か決まったとのことです。

 

内容は、伊豆箱根鉄道線内を走行する185系の走行シーンをあしらった台紙に、D型硬券乗車券がセットされているものです。伊豆箱根鉄道線内に乗り入れる姿は、熱海で伊豆急下田に向かう基本編成から分かれた5両編成で丹那トンネルを超えて、三島から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り入れ修善寺を目指します。短い編成になりますが、伊豆箱根鉄道線内では富士山をバックにしたシーンがよく知られ、この記念乗車券にもあしらわれています。

伊豆箱根鉄道直通列車については、古くから行われてきましたが、185系の乗り入れは1981年に急行「伊豆」号の時代から乗り入れ、この列車が1981年10月のダイヤ改正で特急「踊り子」号となって今日まで続いてきました。この間40年もの間、一時期外装が変更になった時期もありましたが、伊豆箱根鉄道線に乗り入れた185系になります。

 

急行「伊豆」号の時代から伊豆箱根鉄道線に乗り入れた185系、特急「踊り子」号の定期運行から間もなく離脱します。

2021.03.03

1367.【京成】令和3年3月3日記念乗車券

本日、2021年3月3日は和暦で表記しますと令和3年3月3日となり、3が並ぶ日付となります。今回も数字並び日付の記念きっぷが各社で発売されました。弊ブログにおきましては入手できました京成電鉄発行の令和3年3月3日記念きっぷを公開いたします。

 

=====================
 名称   :令和3年3月3日記念乗車券
 発行社局:京成電鉄
 発売日  :2021年3月3日
 値段   :1,000円
 購入箇所:日暮里駅
 シリアルNo.:0788
=====================

 

Img_2847_20210303231701

 

Img_2848

 

京成電鉄で発売されました令和3年3月3日記念乗車券、旧3000形から始まる3000番台の通勤車をあしらった台紙に、京成で「3」にまつわる駅からの硬券乗車券が3枚セットされています。その駅はナンバリングでKS03でかつ駅名に三が含まれる新三河島駅、ナンバリングでKS33であるユーカリが丘駅、そして同じく参が含まれる宗吾参道駅からの乗車券になります。

 

また、この記念乗車券には電車カードが付属しました。

 

Img_2849_20210303231701

付属した電車カード

 

付属したカードは、1968年に登場し2015年で引退した3300形、その中に存在していた3333号車をあしらったカードが付きました。

 

元号が令和になって、また登場するようになった数字並び日付記念乗車券、今後数年間は続くのでしょうか?

2021.02.27

1366.【伊豆急】ありがとう185系 特急「踊り子」記念自由席特急券

本年2021年3月13日のダイヤ改正で定期運行を終了する特急「踊り子」号の185系、先般発売されました記念入場券に続いて伊豆急で記念自由席特急券が発売されました。

 

================================
 名称   :ありがとう185系 特急「踊り子」記念自由席特急券
 発行社局:伊豆急行
 発売日  :2021年2月12日
 値段   :2,050円(送料別)
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:0752
================================

 

Img_2844

 

Img_2845_20210227222201

 

定期列車としての運行を終了する185系、特急「踊り子」号として乗り入れた伊豆急行にて発売されました記念自由席特急券になります。185系「踊り子」号が伊豆急行線に乗り入れた写真をモチーフとしたポストカード5枚に、185系の写真があしらわれた伊豆急行線内踊り子号停車駅間の自由席特急券5枚がD型硬券にてセットされています。特急「踊り子」号は2021年3月のダイヤ改正以降は全席指定となるため、伊豆急行において自由席特急券の設定も終了することから、それに合わせたものになります。

 

この記念自由席特急券も、事前にWebによる申し込みで抽選でしたが、今回も当選通知がきましてこのように入手できました。

 

1981年にデビューし同年10月のダイヤ改正で特急「踊り子」号として今日まで運転されてきた185系、伊豆急線においても欠かせない車両でした。3本の緑のストライプをまとった姿もいよいよ定期の「踊り子」号では見納めが近づいてきました。

2021.02.22

1365.【名鉄】ありがとう1700系記念乗車券

名鉄で活躍した特急車両、引退を迎えました。

 

======================
 名称   :ありがとう1700系記念乗車券
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2021年2月22日
 値段   :1,700円
 購入箇所:名鉄名古屋駅
 シリアルNo.:01205
======================

 

Img_2838

 

Img_2840_20210222214801

 

Img_2839_20210222214801

 

引退を迎えることになった名鉄特急車両は1700系になります。この車両は1999年に1600系として3両編成全車特別車の特急車両として4編成登場しました。前面は貫通式でしたが「パノラマsuper」として登場、この時点でまだ運用が残っていた7000系パノラマカー白帯車による全車指定席の特急運用を置き換える形でデビューしました。名鉄で親しまれたパノラマ席はなくなりましたが、この当時開港に向けて進んでいた中部国際空港アクセス特急を意識した試作的要素もありました。

 

その後2005年に中部国際空港が開港「ミュースカイ」として2000系が登場後も1600系は3両編成で主に西尾線方面の特急で運転されていましたが、2008年に実施された「特急政策の見直し」によりミュースカイ以外の特急系列車は全列車一部特別車編成とすることになったことから、1600系については豊橋方先頭であったク1600をわずか9年で廃車として残ったサ1650とモ1700を方向転換して、その後ろに新造した2200系一般車を4両連結し1700系となって、前面も2200系と同等のブラックフェイスデザインに変更になり再デビューしました。その後2015年に再び外装が変更になり、1700系についてはかつての1600系のイメージに近い外観になりました。

 

一部特別車編成の特別車として活躍してきた1700系でしたが、2200系との編成は不具合があった一方で今後の計画などもあり、昨年2019年度に1703Fと1704Fの特別車が新たに新造された2200系特別車に交換される形で廃車となり、残された2編成もまず1701Fが運用を離脱し特別車が交換、そして最後まで運転されてきた1702Fについても特別車が引退を迎えることになりました。 

引退を前に2021年1月23日に舞木検査場で撮影会が開催され、同年2月10日の運行を最後に1702Fも運用を離脱しました。引退を記念して発売されました記念乗車券になります。発売日に公式HPにリリースされ、この記念きっぷにも当たり券があり当選すると1700系の仕様書レプリカが貰えるとのことでしたが、今回も当たり券は入っておりませんでした。記念乗車券の内容は1600系として登場してからこれまでの変遷を綴った内容になっているとともに、1600系としてデビューした当時に前面貫通路に表示されていた「パノラマsuper」のヘッドマークをあしらったカードと、1700系になってからサ1650の側面に掲げられたエンブレムのステッカーが付属しました。

 

Img_2841

付属したカードとステッカー

 

こうして引退記念乗車券が発売された名鉄1700系ですが、実車は本日2021年2月22日に1701Fと1702Fのそれぞれ特別車が名電築港へ回送され、その場で線路から外され廃車となってしまいました。

 

姿を消した名鉄1700系、時代の変換点で登場しその時代に翻弄された約22年の生涯でした。

2021.02.19

1364.【名鉄】9100系デビュー記念乗車券

名鉄にこのほど登場した新型車両になります。

 

====================
 名称   :9100系デビュー記念乗車券
 発行社局:名古屋鉄道
 発売日  :2021年2月8日
 値段   :910円
 購入箇所:金山駅
 シリアルNo.:1475
====================

 

Img_2834

 

Img_2836_20210214164901

 

Img_2837

 

このほど名鉄に登場した新型車両は9100系になります。3ドア・ロングシートの通勤車両で、ステンレスの車体の2両編成になります。2019年に登場した9500系の2両編成バージョンとなり、車内には多言語に対応した案内表示器やフリーWi-Fiを搭載しました。

 2両編成の新型車となった9100系、普通から急行、そして朝夕ラッシュ時間帯における2200系快速特急・特急の増結用車両として今後活躍します。

 

9100系デビューを記念して発売されましたアイテム、大江駅から910円の硬券乗車券がセットされています。またこの記念乗車券には一部当たりとして9100系の仕様書がプレゼントされる引換券が封入されているとのことでしたが、私が購入したものにはその引換券は入っていませんでした。

 

デビューした9100系、9500系とともに今後の活躍が期待されます。

2021.02.14

1363.【伊豆急】ありがとう185系 特急「踊り子」記念入場券

本年も3月のダイヤ改正が近づいてきました。今回のダイヤ改正で定期列車としての運行を終了する車両の記念入場券が発売されました。

 

=============================
 名称   :ありがとう185系 特急「踊り子」記念入場券
 発行社局:伊豆急行
 発売日  :2021年2月8日
 値段   :850円(送料別)
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:0425
=============================

 

Img_2831

 

Img_2833

 

2021年3月13日に実施されるダイヤ改正で、定期列車としての運行を終了する車両はJR東日本の特急型電車である185系になります。1981年に登場し東京から伊豆を結んだ特急「踊り子」号で活躍した車両になります。白車体に緑の3本のストライプという大胆な外装で親しまれましたが、寄る年波もあり2021年3月のダイヤ改正で定期運用から退役します。これに合わせて発売されました記念入場券になります。当初は2021年1月24日にJR東日本・伊豆急行・伊豆箱根鉄道の3社共同企画で発売を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の影響を受け、発売が延期となりました。

 

185系踊り子号の記念入場券は、先述しましたとおりJR東日本、伊豆急、伊豆箱根鉄道の3社共同企画で各社で発売されましたが、伊豆箱根鉄道発売分については、2021年1月中にまずWebによる通信販売を開始したものの2時間以内で完売、駅発売分も修善寺駅でのみ平日に発売を開始しましたが週末まで持たず2・3日で完売となり入手できず、JR東日本発売分については事前にはがきで申し込んで当選すれば購入できるというもので、はがきで申し込んだもののその後返信等はなく(すなわち落選しました)、伊豆急行発売分は事前にWebによる申し込みで抽選でしたがこちらは当選通知がきましてこのように入手できたものになります。ということで、入手できた伊豆急発売分を公開しておりますが、内容は伊豆急線内の踊り子号停車駅(伊東駅を除く)5駅の硬券入場券が台紙にセットされており、その表面は伊豆急線において海岸線を走行しているシーンを、裏面は伊豆急線内での185系の名シーンの写真などをあしらいました。

 

2021年3月のダイヤ改正以降、踊り子号については昨年のダイヤ改正から一部導入が始まっているE257系に全面的に置き換えられます。東京から伊豆急下田・修善寺を結んだ特急列車として約40年にもわたり運行された185系、まもなく活躍に終止符を打ちます。

2021.01.31

1362.【富士急】河口湖線開業70周年記念入場券セット

富士急の現在の路線を形成する区間が開業してから70周年を迎えまして、発売されました記念きっぷになります。

 

=========================
 名称   :河口湖線開業70周年記念入場券セット
 発行社局:富士急行
 発売日  :2021年1月1日
 値段   :900円
 購入箇所:河口湖駅
 シリアルNo.:0124
=========================

 

Img_2827_20210131220101

 

Img_2829

 

Img_2830_20210131220101

 

富士急行線のうち富士山~河口湖の区間の開業は、戦後の1950年になります。それから70周年を迎え発売されました記念きっぷになります。年が明けた2021年元旦から発売を開始しました。
 
当時は富士吉田といっていた駅からスイッチバックして河口湖駅に向かう路線で、当時はこの区間には駅はありませんでしたが、1961年になって中間にハイランド駅が開業、この駅は富士急ハイランド最寄り駅であることもあって1981年に富士急ハイランドと改称しました。

 

記念入場券は硬券でそれぞれの新旧駅舎等をあしらった台紙にB型硬券入場券6枚のセットになっています。

 

この記念入場券の発売直前の2020年12月18日、河口湖駅には副名称として「富士河口湖温泉郷」が設定されました。こちらの記念入場券も発売されていました。

 

===============================
 名称   :河口湖<富士河口湖温泉郷>駅副駅名設定記念入場券
 発行社局:富士急行
 発売日  :2020年12月18日
 値段   :800円
 購入箇所:河口湖駅
 シリアルNo.:0223
===============================

 

Img_2824

 

Img_2825_20210131220101

 

Img_2826_20210131220101

 

富士河口湖観光の拠点である河口湖駅、ここは温泉観光地でもあることから「富士河口湖温泉郷」という副駅名が設定されました。

 

河口湖まで延伸して70周年を迎えていた富士急線、2020年から続く新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点で発令されている緊急事態宣言による外出自粛や、海外からの渡航が大幅に制限されていることから一時期賑わっていた海外からの観光客はほぼ皆無の状況になり、その影響はまだまだ続いています。再び観光客で賑わう日々が来ることを願いたいと思います。

カテゴリー