カテゴリー「発行社局:会津鉄道」の2件の記事

2017.03.23

0823.【会津鉄道】キハ8500形 さよなら記念乗車券

会津鉄道にやってきた名鉄キハ8500系、しかしここでの活躍も約8年ほどでした。
 
=====================
 名称   :キハ8500形 さよなら記念乗車券
 発行社局:会津鉄道
 発売日  :2010年4月1日
 値段   :1,500円
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:0685
=====================
 
Dscn3913
 
Dscn3914
 
会津鉄道において2002年より快速「AIZUマウントエクスプレス」として運転を開始したキハ8500形、2003年には土休日のみ会津若松からJR磐越西線の喜多方まで乗り入れを開始、2005年には会津高原から野岩鉄道経由で東武鬼怒川線の鬼怒川温泉まで乗り入れを開始し、鬼怒川温泉で東武特急「スペーシア」等と接続して首都圏から会津を結ぶ列車として活躍してきました。しかし、この車両も特急用車両であったことから、会津鉄道では扱いづらいところがあったようで、代替車を導入して引退することになりました。これに合わせて発売されました記念乗車券になります。
 
引退後ですが、2両が海を渡りミャンマーの地で活躍しているとともに、2両が栃木県内で保存されているとのことです。
名鉄で10年、会津では8年という期間で運転されたキハ8500形、数奇な運命をたどった車両であったのかもしれません。

0822.【会津鉄道】AIZUマウントエクスプレス運行記念乗車券

首都圏と会津地方を結ぶ会津鉄道において、顔となる列車が2002年に登場、本年で15年が過ぎました。運転開始時に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=========================
 名称   :AIZUマウントエクスプレス運行記念乗車券
 発行社局:会津鉄道
 発売日  :2002年3月23日
 値段   :1,500円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0405
=========================
 
Dscn3910
 
Dscn3912
 
Dscn3911
 
福島県のJR只見線西若松から会津高原を結ぶ会津鉄道、西若松からはJR只見線に乗り入れ会津若松まで運転されているとともに、会津田島~会津高原間は電化されており、会津田島から会津高原から野岩鉄道を経由して、東武鉄道の浅草へ直通列車を運転しております。
2002年、会津高原・会津田島~会津若松を結ぶ快速列車「AIZUマウントエクスプレス」を運転することになり、このような記念乗車券が発売されました。
 
快速「AIZUマウントエクスプレス」運転に際しまして、会津鉄道ではキハ8500形気動車を導入しました。2001年9月まで新名古屋から高山を結んでいた特急「北アルプス」号で使用されていた名鉄の特急車キハ8500系を譲り受け、運転を開始しました。名鉄時代からの変化は、主に運転関係の保安装置が会津鉄道に適したものに変更されたぐらいで、特に外観や内装は名鉄時代のままで運転を開始しました。
 
名鉄の特急車が首都圏からも近いところで再デビューを果たすということで、運転開始日に早速会津鉄道に向かいまして乗車してきた思い出があります。
 
名鉄で特急「北アルプス」としての活躍期間はほぼ10年ほどであったキハ8500形、会津の地が新たな活躍の舞台になりました。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter