カテゴリー「発行社局:愛知環状鉄道」の2件の記事

2017.03.01

0759.【愛知環状】愛環梅坪駅開業記念・貝津駅開業記念

さて、今から12年前の2005年3月1日、愛知県の岡崎から高蔵寺を結ぶ愛知環状鉄道においては、同時に2駅が開業しました。それぞれ記念きっぷが発売されています。記事構成の都合上、本記事にて2件とも公開いたします。
 
=================
 名称   :愛環梅坪駅開業記念
 発行社局:愛知環状鉄道
 発売日  :2005年3月1日
 値段   :1,250円
 購入箇所:万博八草駅
 シリアルNo.:0334
=================
 
Dscn4694
 
Dscn4695
 
=================
 名称   :貝津駅開業記念
 発行社局:愛知環状鉄道
 発売日  :2005年3月1日
 値段   :1,250円
 購入箇所:万博八草駅
 シリアルNo.:0334
=================
 
Dscn4696
 
Dscn4697
 
2005年3月1日に、新豊田~四郷間に愛環梅坪駅、四郷~保見間に貝津駅と2駅同時に開業した新駅になります。2005年3月ですと、この沿線では愛知万博「愛・地球博」が開催される直前、愛知環状鉄道においてはこの万博輸送に備え輸送力増強等の改良が行われ完成した時期になります。それに合わせての新駅開業になりました。
 
この記念きっぷは、まさに愛知万博に行った帰りに、博覧会会場への乗換駅となっていた万博八草で発売していたところを購入したものになります。
 
この両駅の開業から12年、愛知万博からもそれだけの年月が流れました。

2015.08.18

0095.【愛知環状】万博八草駅記念乗車券

今から10年前の2005年、ある意味日本で一番熱かったのは名古屋であったのかもしれないその理由として、更に愛知県瀬戸市において「愛・地球博」という国際博覧会が開催されたことによります。
このアクセス輸送を担ったのが、東海道線の岡崎から中央線の高蔵寺を結ぶ第三セクター鉄道である、愛知環状鉄道でした。博覧会会場へ向かうための乗換駅となった八草駅は、博覧会開催前年から開催終了後数週間、「万博八草」駅として営業しておりました。この時のアイテムになります。
 
=================
 名称   :万博八草駅記念乗車券
 発行社局:愛知環状鉄道
 発売日  :2004年10月10日
 値段   :1,100円
 購入箇所:中岡崎駅
 シリアルNo.:0430
=================
 
Dscn0484
 
Dscn0486
 
Dscn0488
 
愛・地球博開催に伴い、会場への乗換駅となった八草駅を万博八草駅として営業したことを記念するアイテムで、硬券の台紙にはこの当時入線した2000系車両のイラストが、開けると博覧会会場への乗換駅となる万博八草駅のイメージ画があしらわれています。

早いもので、この博覧会から10年が経過しました。博覧会開催時には、名古屋から高蔵寺経由でこの駅まで直通した臨時列車「エキスポシャトル」が運転され、この駅は大変賑わっておりましたが、今では閑静な駅に戻りました。
 
愛・地球博は、JR東海が超伝導リニアを展示したり、また凍土から掘り起こしたマンモスを展示したりと、大変多くの注目を集めました。もう10年が過ぎてしまった、そう感じるこの頃です。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter