カテゴリー「発行社局:名古屋市交通局」の3件の記事

2017.03.27

0837.【名古屋市交】地下鉄上飯田線開業記念ユリカ

2003年3月27日、名古屋市営地下鉄に新路線が開業しました。
 
====================
 名称   :地下鉄上飯田線開業記念ユリカ
 発行社局:名古屋市交通局
 発売日  :2003年3月27日
 値段   :1,000円
 購入箇所:久屋大通駅
====================
 
Dscn4905
 
今から14年前の今日開業した路線は、名古屋市営地下鉄上飯田線で、名城線の平安通から上飯田までの0.8キロの路線になります。開業に合わせて名鉄小牧線と相互直通運転を開始しました。
 
開業を記念して発売されました、名古屋市営地下鉄ではストアードフェア対応カード、バスにも使用可能なプリペイドカード「ユリカ」として発売されました。この時より名鉄線等でも使用可能となり、名古屋近郊エリアにおいて「トランパス」対応の共通乗車カードになりました。そのカードには上飯田線用車両として登場した7000形車両のイラストがあしらわれています。
 
名鉄小牧線の始発駅であった上飯田駅は名古屋市内であったとはいえ、この駅には路面電車廃止後は接続する路線がなく、至近の地下鉄名城線の平安通まで約1キロを徒歩で連絡していたという交通の不連続という状況でありました。この状態を解消して利便性向上を図るために開業した地下鉄上飯田線になります。開業から14年が過ぎました。

2016.12.13

0703.【名古屋市交】地下鉄4号線砂田橋・名古屋大学間開通記念ユリカ

本日は、2003年に名古屋市営地下鉄で路線延伸があった日になります。その当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
============================
 名称   :地下鉄4号線砂田橋・名古屋大学間開通記念ユリカ
 発行社局:名古屋市交通局
 発売日  :2003年12月13日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
============================
 
Dscn4343
 
Dscn4344
 
この時開通した路線は当時4号線と呼ばれていた路線の砂田橋~名古屋大学間で、途中茶屋ヶ坂・自由ヶ丘・本山の3駅が設けられ、本山では既存線である地下鉄東山線との乗換駅となりました。発売されたものはユリカで、名古屋市営地下鉄や市営バスで利用できるプリペイドカードになりますが、この時代になりますと「トランパス」対応カードとなり名鉄でも共通利用が可能となっていました。
 
開通した4号線ですが、これから1年後の2004年に名古屋大学から八事・瑞穂運動場東を経由して新瑞橋までが開通、既存の路線とつながり新瑞橋~金山~上前津~栄~久屋大通~平安通~大曽根~ナゴヤドーム前矢田~砂田橋~本山~八事~新瑞橋と名古屋にも出現した環状線となり、名城線と呼ばれるようになりました。
 
現在の名城線の路線形成の一端となる記念アイテムになります。

2016.03.23

0404.【名古屋GWB・名市交】ゆとりーとライン開業記念カード

名古屋に登場した新交通システム、わが国初のシステムを採用しました。
 
=========================
 名称   :ゆとりーとライン開業記念 ゆとりーとカード
 発行社局:名古屋ガイドウェイバス
 発売日  :2001年3月23日
 値段   :1,000円
 購入箇所:大曽根駅
=========================
 
Dscn2805
 
Dscn2807
 
Dscn2808
 
2001年3月、名古屋に開業した新交通システムは「ガイドウェイバス」と呼ばれるもので、専用の高架橋をバス車両につけられた案内輪で操舵して走行し、平面区間では一般の道路を通常の路線バスとして走行するという、鉄道とバスの利点を取り入れたシステムとなりました。なお、法令上は専用の高架橋は鉄道(扱いは無軌条電車を準用)、平面区間は乗り合いバスという扱いになります。
「ゆとりーとライン」と名付けられたこの路線は、JR中央線・地下鉄名城線・名鉄瀬戸線の大曽根駅から中志段味を運転し、途中の木幡緑地までが専用の高架橋を走行し、以降は一般の道路を走行します。また中志段味から先はJR中央線の高蔵寺駅へも運転されたり、平面区間において異なる経路で運転する系統も存在します。
 
開業を記念して発売されたカードを公開しましたが、このカードはゆとりーとラインでのみ使用可能なプリペイドカードになります。その図柄はゆとりーとラインの車両があしらわれていますが、見かけは路線バスそのものですが、分類上は高架橋を走行する区間においては、鉄道と同じ扱いとなります。
 
ゆとりーとラインは名古屋ガイドウェイバス株式会社により、車両・施設を保有していますが、運行・管理は名古屋市交通局に委託されています。この当時、名古屋市交通局においても記念カードが発売されました。
 
====================
 名称   :ゆとりーとライン開業記念 ユリカ
 発行社局:名古屋市交通局
 発売日  :2001年3月23日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
====================
 
Dscn2809
 
名古屋市営地下鉄及び市営バスで使用できるカードとして当時「ユリカ」という名称で発売していた、地下鉄では自動改札機に直接投入して乗車することができたプリペイドカードになります。図柄は専用の高架橋を走行しているガイドウェイバス車両になります。
 
ゆとりーとライン開業時は、名古屋市営バスの他、名鉄バス・JR東海バスにも運行・管理を委託していましたが、これらバス会社は撤退し名古屋市交通局が現在も運行・管理を行っています。
  
わが国初の新交通システム「ガイドウェイバス」として開業した「ゆとりーとライン」、本日2016年3月23日で開業から15周年を迎えました。その後の利用は伸び悩んでいるという状況のようで、またこのシステムを導入したところは名古屋の後はまだ出現していません。
 
いずれにしましても、本日で開業15周年を迎えた名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」、今後発展していくことを祈念したいと思います。

カテゴリー

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google