カテゴリー「発行社局:野岩鉄道」の2件の記事

2016.10.09

0633.【野岩鉄道】会津鬼怒川線開業記念乗車券

この路線の開業は、会津の人々の父祖三代の悲願でありました。
 
====================
 名称   :会津鬼怒川線開業記念乗車券
 発行社局:野岩鉄道
 発売日  :1986年10月9日
 値段   :800円
 シリアルNo.:03830
====================
 
Dscn3916
 
====================
 名称   :会津鬼怒川線開業記念乗車券
 発行社局:野岩鉄道
 発売日  :1986年10月9日
 値段   :400円
 シリアルNo.:5348
====================
 
Dscn3917
 
Dscn3918
 
Dscn3919
 
今から30年前の1986年10月9日、栃木県の東武鬼怒川線の終点、新藤原から福島県の当時の国鉄会津線会津高原を結ぶ第三セクター会社野岩鉄道の会津鬼怒川線が開業しました。この路線の開業は会津の人々の悲願であったようで、これら記念乗車券に「父祖三代の悲願を乗せて」という記述があることからもうかがえるかと思います。
開業と同時に東武鉄道と直通運転を開始し、浅草から会津高原まで、この沿線にある川治温泉や湯西川温泉へも直通で行けるようになりました。
 
開業に合わせてこのように2種類の記念乗車券が発売されましたが、これらアイテムは後年、東武鉄道の南栗橋で毎年開催される東武ファンフェスタ会場に出店していた野岩鉄道ブースで入手しました。
 
父祖三代の悲願といわれた野岩鉄道、その開業の日は沿線各地でそれこそ大賑わいであったと思われます。それから30年という年月が流れた2016年になります。

2015.09.13

0127.【野岩鉄道】会津鬼怒川線開業10周年記念乗車券

この路線も、9月9日~10日の大雨により被害を受けました。
 
=======================
 名称   :会津鬼怒川線開通10周年記念乗車券
 発行社局:野岩鉄道
 発売日  :1996年10月--日
 値段   :480円
 シリアルNo.:0963
=======================
 
Dscn0915
 
Dscn0921
 
Dscn0923_2
 
会津鬼怒川線は、東武鬼怒川線の終点である新藤原から福島県に入って会津高原尾瀬口を結ぶ第三セクター会社の路線で、新藤原からは東武鉄道に、会津高原尾瀬口からは第三セクター会社である会津鉄道に乗り入れており、東武浅草から福島県の会津地方を結ぶルートを形成しています。
このアイテムは開業10周年を記念して発売されたアイテムですが、自分は後年に東武ファンフェスタ会場(南栗橋車両基地)で出店していた野岩鉄道のブースで購入しました。
 
さて、野岩鉄道会津鬼怒川線は、東京電力からの送電鉄塔が傾斜し送電線が断線したことにより、全線で停電状態になっており、また線路に土砂流入もありこの記事作成時点では、復旧の見通しが立っていないとのことです。栃木からさらに会津へ向かう路線である会津鬼怒川線、この路線の開業は沿線地域の悲願であったとされています。早期の復旧を祈念いたします。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter