カテゴリー「発行社局:えちごトキめき鉄道」の4件の記事

2021.07.10

1395.【えちごトキめき鉄道】国鉄形観光急行運行開始記念乗車券・急行券

2015年の北陸新幹線開業に伴い並行在来線の新潟県内の路線を運営しているえちごトキめき鉄道、新たな観光列車の運行が開始されました。

  

========================
 名称   :国鉄形観光急行運行開始記念乗車券
 発行社局:えちごトキめき鉄道
 発売日  :2021年7月4日
 値段   :各900円
 購入箇所:上越妙高駅
 シリアルNo.:2731(Aタイプ)
         2728(Bタイプ)
========================

 

Img_2939

記念乗車券(左:Aタイプ、右:Bタイプ)

  

Img_2940_20210710202201

記念乗車券裏面(左:Aタイプ、右:Bタイプ)
 

========================
 名称   :国鉄形観光急行運行開始記念急行券
 発行社局:えちごトキめき鉄道
 発売日  :2021年7月4日
 値段   :各500円
 購入箇所:上越妙高駅
 シリアルNo.:2743(Aタイプ)
         2734(Bタイプ)
========================

 

Img_2941

記念急行券(左:Aタイプ、右:Bタイプ)

 

Img_2942

記念急行券裏面(左:Aタイプ、右:Bタイプ)

  

えちごトキめき鉄道で新たに運行を開始した観光列車は、国鉄形車両を使用した往年の急行列車を再現した列車になります。JR西日本で2021年3月まで主に七尾線等で運転されていた413系3両編成と、この路線で413系に混じって運行されていた急行型電車生き残りといえるクハ455-701を譲り受け、外装を交直流国鉄急行色として、413系のMcMユニットにクハ455-701と連結した3両編成で、旧北陸本線であった日本海ひすいラインの直江津~糸魚川・市振間で急行列車として2021年7月4日より運行を開始しました。

なお413系のクハ412も譲受しましたがこの車両は運行はせず、急行色となって直江津駅構内にオープンした「直江津D51レールパーク」で展示されているとのことです。

 

413系は国鉄時代末期に急行型電車であった471系等の台車や電装品・空調装置等の機器を使用し、車体を2ドアセミクロスシートとした車両になりますので、この形式が急行として運行された実績もなければこの外装をまとったこともありませんでしたが、国鉄時代の急行列車の雰囲気を可能な限り再現するためにこの外装になりました。なお台車や電装品等は急行型車両のものですので、走行音は当時のものが再現されています。

 

観光急行列車運行開始を記念してこのように記念乗車券・記念急行券が発売されました。それぞれ2種類ずつ短冊式で発売されました。

 

現在のえちごトキめき鉄道の社長は、かつて千葉県のいすみ鉄道で社長を務められていたことがあり、その時代にやはりJR西日本の大糸線で運行されていた気動車キハ52を譲り受け、いすみ鉄道線において観光急行の運行を始めたという実績があります。この地でも同様な取り組みが行われることになり、観光列車ではありますが急行列車の運行を開始しました。沿線地域の活性化にむけて、えちごトキめき鉄道の新たな取り組みが始まりました。

2018.09.01

1259.【えちごトキめき鉄道】えちごトキめきリゾート雪月花 鉄道友の会ローレル賞受賞記念乗車券

2016年より、えちごトキめき鉄道で運行を開始した観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」、2017年に鉄道友の会ローレル賞を受賞しました。
 
====================================
 名称   :えちごトキめきリゾート雪月花 鉄道友の会ローレル賞受賞記念乗車券
 発行社局:えちごトキめき鉄道
 発売日  :2017年10月14日
 値段   :各1,820円
 購入箇所:糸魚川駅
 シリアルNo.:000817(Aセット・山から海へ)
         000081(Bセット・海から山へ)
====================================
 
Img_1866
 
Img_1867
Aセット 山から海へ

 
Img_1868
 
Img_1870
Bセット 海から山へ

 
北陸新幹線開通に伴い第三セクターに移管された在来線のうち新潟県内の路線を継承したえちごトキめき鉄道に2016年に登場した観光列車「雪月花」、展望が効く大きな窓が特徴の車体、車内では沿線のグルメや地酒などが堪能できるという観光列車になります。運転区間は新幹線との接続駅である上越妙高から一旦妙高高原まで走行したのち折り返して直江津を経由して糸魚川まで走行するという列車になり、乗車には事前に申し込みが必要となります。
そのデザインなどが評価され、2017年に鉄道友の会ローレル賞を受賞しました。
 
ローレル賞受賞を記念して発売されたこの記念きっぷは、山から海へのAセットと海から山へのBセットがあり、そのコンセプトに沿って、製造中の写真や走行シーンをあしらった台紙に硬券乗車券がそれぞれ2枚セットされております。
 
2種類あるローレル賞受賞記念乗車券、表紙を並べますと雪月花の前面になるという仕掛けがあります。
 
Img_1864
A・Bを並べた様子

 
2017年のローレル賞受賞を記念して発売されました記念乗車券ですが、2018年8月11日の時点で、糸魚川駅ではまだ発売しておりましたので入手したものになります。
 
えちごトキめき鉄道を彩る観光列車「雪月花」、好評の上運行されております。

2016.08.20

0571.【えちごトキめき鉄道】えちごトキめきリゾート雪月花運行開始記念入場券

2015年、北陸新幹線開業に伴い新潟県内の並行在来線の運行を行うために開業した第三セクターえちごトキめき鉄道、この路線に2016年、観光列車が登場しました。
 
===========================
 名称   :えちごトキめきリゾート雪月花運行開始記念入場券
 発行社局:えちごトキめき鉄道
 発売日  :2016年4月23日
 値段   :980円
 購入箇所:上越妙高駅
 シリアルNo.:0848
===========================
 
Dscn3620
 
Dscn3622
 
開業1周年を迎えたえちごトキめき鉄道に登場した観光列車は「雪月花」と名付けられました。展望が効く大きな窓が特徴の車体、車内では沿線のグルメや地酒などが堪能できるという観光列車になります。運転区間は新幹線との接続駅である上越妙高から一旦妙高高原まで走行したのち折り返して直江津を経由して糸魚川まで走行するという列車になり、乗車には事前に申し込みが必要となります。
 
えちごトキめきリゾート雪月花運行開始を記念して発売されたこの記念きっぷは、「雪月花」の車両とともに、この列車が停車する駅のD型硬券入場券がセットされています。
 
新幹線の開業により誕生したえちごトキめき鉄道、この路線を彩る列車の登場になります。

2015.07.04

0017.【えちごトキめき鉄道】えちごトキめき鉄道開業記念入場券

この鉄道も、北陸新幹線長野~金沢開業によって開業した会社になります。
 
======================
 名称   :えちごトキめき鉄道開業記念入場券
 発行社局:えちごトキめき鉄道
 発売日  :2015年3月14日
 値段   :2,940円
 購入箇所:糸魚川駅
 シリアルNo.:2882
======================
 
Dscn0057
 
Dscn0058
 
Dscn0059
 
えちごトキめき鉄道は、北陸新幹線長野~金沢開業に伴い新潟県内の並行在来線、妙高高原~直江津~市振間を運営することになった会社になります。
路線名は分けられ、妙高高原~直江津間の旧JR東日本信越本線だった区間は「妙高はねうまライン」、直江津~市振間の旧JR西日本北陸本線だった区間は「日本海ひすいライン」と名付けられ、妙高はねうまラインではJR東日本より譲受されたE127系電車をET127系として使用し、日本海ひすいラインではJR西日本キハ122形と同系のET122型気動車を新造して運転しています。日本海ひすいラインも当然全線電化がなされていますが、梶屋敷~糸魚川間で直流1500Vから交流20000Vに切り替わるセクションが存在し、同区間の利用予測などを考慮して全線架線下を走る気動車として運転されています。なお、市振駅では同じく開業したあいの風とやま鉄道に乗り入れるほか、妙高高原駅でしなの鉄道と、また直江津ではJR信越本線(長岡・新潟方面)と接続しており、これらの駅も含めてえちごトキめき鉄道が管理を行っております。

この記念入場券はゴールデンウィークの連休で糸魚川駅でまだ発売していましたので、この会社の経営支援という意味も込めまして買い求めました。内容はえちごトキめき鉄道全駅の硬券入場券がセットになっています。
 
IRいしかわ鉄道に続いて購入することができた、えちごトキめき鉄道の開業記念入場券、残念ながら富山県内の北陸本線を引き継いだあいの風とやま鉄道の記念入場券は売り切れで買い求めることができませんでした。
いずれもしましても、北陸新幹線開業とともに営業を開始した並行在来線の経営を行うこれら会社、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー