カテゴリー「発行社局:千葉都市モノレール」の4件の記事

2017.10.26

1144.【千葉都市モノレール】千葉都市モノレール 開業25周年記念乗車券セット

千葉都市モノレールでは、毎年鉄道の日関連で硬券乗車券をイベント開催に合わせて発売することがよくあるようです。2013年は開業25周年という佳節でしたので、このような記念乗車券が発売されました。
 
============================
 名称   :千葉都市モノレール 開業25周年記念乗車券セット
 発行社局:千葉都市モノレール
 発売日  :2013年3月28日
 値段   :1,020円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0827
============================
 
Img_1199
 
Img_1201
 
全路線4期にわたって開業した千葉モノレール、2013年から翌年までの開業日が刻印された準常備硬券のセットで発売されました。記載から2013年3月で発売されていたようでしたが、自分はこの年の鉄道の日関連のイベント会場で入手した記憶があります。
 
本年で開業から29年となりました。来年で1期開業から30周年を迎える千葉モノレールになります。

2017.10.07

1097.【千葉都市モノレール】アーバンフライヤー グッドデザイン賞受賞記念乗車券セット

2012年7月に千葉都市モノレールに登場した新型車0形「アーバンフライヤー」は、そのデザイン性などが評価され、同年グッドデザイン賞を受賞しました。受賞を記念して発売されたアイテムになります。
 
===============================
 名称   :アーバンフライヤー グッドデザイン賞受賞記念乗車券セット
 発行社局:千葉都市モノレール
 発売日  :2012年10月1日
 値段   :500円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0435
===============================
 
Img_0651
 
Img_0652
 
千葉都市モノレール0形「アーバンフライヤー」が得た勲章、グッドデザイン賞受賞を記念して発売されました記念乗車券になります。どこかのイベント会場にて入手しました。
 
この車両のデビューから5年、千葉の街並みをその独特なデザインで運行されています。

2017.07.08

1025.【千葉都市モノレール】アーバン・フライヤー 営業運転開始記念入場券・乗車券セット

千葉市内で運転されているモノレール、開業時の車両が老朽化したことから新型車両が導入されることになりました。
 
================================
 名称   :アーバン・フライヤー 営業運転開始記念入場券・乗車券セット
 発行社局:千葉都市モノレール
 発売日  :2012年7月8日
 値段   :1,000円
 購入箇所:千葉駅
 シリアルNo.:0341
================================
 
Img_0648
 
Img_0649
 
Img_0650
 
千葉都市モノレールに2012年7月8日にデビューした新型車両は0形と呼ばれ「アーバン・フライヤー」と命名されました。モノレールを千葉のシンボルとするため「空」をイメージコンセプトとし、眺望性などに配慮した独特なデザインとなりました。
 
営業運転開始を記念して発売された記念きっぷになりますが、千葉から早速この車両に乗車しており、そのデザイン性を体感してきました。
 
本年でデビューから5年、千葉の街並みを現在4編成が運行されている「アーバン・フライヤー」になります。

2017.03.28

0839.【千葉都市モノレール】千葉都市モノレール開業記念

まずは郊外から開業したモノレールになります。
 
===================
 名称   :千葉都市モノレール開業記念
 発行社局:千葉都市モノレール
 発売日  :1988年3月28日
 値段   :1,000円
 購入箇所:都賀駅
 シリアルNo.:
===================
 
Img_0007
 
今から29年前の1988年3月28日に開業したのは千葉都市モノレールで、第一期区間はスポーツセンター~千城台間で、途中の都賀駅で総武本線に連絡していました。
開業を記念して発売された「モノレールカード」と呼ばれるもので、千葉都市モノレールの券売機できっぷを購入する際に使用するプリペイドカードになります。
 
当初は都賀駅から東西に延びる区間で開業した千葉都市モノレール、その後スポーツセンターから千葉駅、そして千葉みなと駅へ、そして千葉駅から県庁前に向かう路線が開業しました。
 
最初の区間の開業から29年、その当時の車両は引退が始まっています。その後の経営状況は思わしくないと言われておりますが、千葉市民の足として今日も運転されている千葉都市モノレールになります。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter