カテゴリー「発行社局:横浜シーサイドライン」の3件の記事

2017.07.05

1020.【横浜シーサイドライン】開業20周年記念乗車券

JR根岸線の新杉田から京急金沢八景を結ぶ横浜シーサイドライン、1989年7月5日に開業しました。それから20年が過ぎた2009年に発売されましたアイテムになります。
 
=================
 名称   :開業20周年記念乗車券
 発行社局:横浜新都市交通
 発売日  :2009年7月5日
 値段   :900円
 購入箇所:新杉田駅
 シリアルNo.:00174
=================
 
Img_0631
 
横浜シーサイドライン開業20周年を記念して発売されました、記念乗車券になります。透明シートに印刷された台紙に丸型の300円区間の乗車券が3枚セットされています。
 
この時代はまだ開業時の1000形で運転されていました。本年で開業から28年、沿線には八景島シーパラダイスや沿線地域とともに歩んできた路線であります。

2016.05.26

0501.【横浜シーサイドライン】サヨナラ1000型 記念乗車券

JR根岸線の新杉田から京急金沢八景を結ぶ横浜シーサイドライン、この路線で開業時から活躍した車両が引退したのは2014年5月のことでした。
 
====================================
 名称   :サヨナラ1000型 記念乗車券
 発行社局:横浜シーサイドライン
 発売日  :2014年5月24日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京急ファミリー鉄道フェスタ2014会場(京急ファインテック久里浜事業所)
 シリアルNo.:0245
====================================
 
Dscn3192
 
Dscn3194
 
Dscn3197
 
1989年7月に開業した横浜シーサイドライン、この路線で開業時から活躍していた車両が1000型になります。以降四半世紀にわたり沿線地域の足として活躍しました。八景島シーパラダイスや海の公園などのアミューズメントも多く、行楽輸送にも活躍した車両でした。2014年5月で運転を終了し、発売された記念乗車券になります。この時毎年京急の久里浜で開催されるイベント会場に出店していたところで入手しました。
 
引退後一部の車両が並木の車両基地で保存されているようで、一般公開の際に展示されるようです。
 
いつの間にか世代交代が完了し、思い出になった横浜シーサイドライン1000型であります。

2016.02.26

0325.【横浜シーサイドライン】シーサイドライン2000SERIES Memorial Tichet

JR根岸線の新杉田から京急金沢八景を結ぶ横浜シーサイドライン、この路線で現在活躍中の車両のデビュー記念アイテムになります。
 
=========================
 名称   :シーサイドライン2000SERIES Memorial Tichet
 発行社局:横浜新都市交通
 発売日  :2011年2月26日
 値段   :600円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0940
=========================
 
Dscn2275
 
Dscn2276
 
Dscn2279
 
沿線に八景島シーパラダイスを抱え、海沿いの町を行く横浜シーサイドラインで現在活躍中の車両が2000形になります。開業当初からの1000形の置き換え用として登場し、ステンレス製の車体にVVVFインバータ制御を採用しました。
 
運転開始を記念して発売された記念乗車券を公開しましたが、台紙には入線整備時の写真があしらわれ、乗車券はアルミ製という特徴があります。
 
今ではすべての列車が2000形で運転されている横浜シーサイドライン、本日2016年2月26日で運転開始から5周年を迎えました。八景島へ、沿線地域の人々の足として活躍中の車両になります。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter