カテゴリー「発行社局:埼玉高速鉄道」の5件の記事

2021.03.28

1383.【埼玉高速】開業20周年記念乗車券

あのサッカースタジアムに向かう路線、本年2021年で開業から20周年の佳節を迎えました。

 

===================
 名称   :開業20周年記念乗車券
 発行社局:埼玉高速鉄道
 発売日  :2021年3月28日
 値段   :1,500円
 購入箇所:川口元郷駅
 シリアルNo.:00362
===================

 

Img_2895

 

Img_2896_20210329225201

 

本年2021年3月28日で開業から20周年を迎えた路線は、埼玉高速鉄道になります。赤羽岩淵~浦和美園の全区間が開業し、同時に地下鉄南北線と直通運転を開始、地下鉄南北線経由で東急目黒線武蔵小杉(当時)まで乗り入れを開始しました。終点の浦和美園付近を除いて全区間が地下路線となっています。

 

開業20周年を迎えて発売されました記念乗車券になります。埼玉高速鉄道線全線1日乗車券の大人用3枚がD型硬券で台紙にセットされています。価格は1,500円ということですが、通常発売の1日乗車券は580円とこの路線の運賃形態を考えますと格安であるところ記念乗車券は1枚当たり500円と更にお得になっているとのことです。

 

この路線も開業した日に早速乗車した思い出があります。早いものであの日から20年という年月が流れました。開業時に導入された2000形車両は現在も活躍中で、乗り入れ区間も東急目黒線の日吉まで延びています。東急目黒線や地下鉄南北線においては2022年度末と予定されている新横浜延伸及び相鉄との直通運転のため現状6両編成から8両編成に増結することになっているようで、これに合わせて埼玉高速鉄道線内でも対応する工事が行われるようですが、2000形についても何かしら手が入るのかという気がします。また、浦和美園からさいたま市内の岩槻まで延伸が計画されているようです。

 

開業から20周年を迎えた埼玉高速鉄道、終点浦和美園にはサッカースタジアムがあり試合開催日には大変多くの利用があります。もう20年が過ぎた埼玉高速鉄道、これから何かしらの変化があるようです。

2017.11.14

1171.【埼玉高速】開業5周年記念乗車券セット

本日は埼玉県民の日だそうです。それにちなみまして、埼玉高速鉄道で2006年に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :開業5周年記念乗車券セット
 発行社局:埼玉高速鉄道
 発売日  :2006年3月28日
 値段   :1,680円
 購入箇所:
 シリアルNo.:
===================
 
Img_1189
 
Img_1191
 
2006年に開業5周年を迎えた際に発売された記念乗車券になります。赤羽岩淵を含む埼玉高速鉄道全駅の硬券乗車券がセットされています。
 
今年で開業から16年が過ぎた、2017年の埼玉県民の日になります。

2017.10.26

1142.【埼玉高速】2008 鉄道の日 記念乗車券

2008年の鉄道の日に埼玉高速鉄道で発売したアイテムになります。
 
===================
 名称   :2008 鉄道の日 記念乗車券
 発行社局:埼玉高速鉄道
 発売日  :2008年10月5日
 値段   :770円
 購入箇所:
 シリアルNo.:00120
===================
  
Img_1192

 
埼玉高速鉄道が2008年の鉄道の日で発売した記念乗車券になります。開業時からの2000系があしらわれていますが、この当時運転されていた沿線のサッカーチームである浦和レッズのPRトレインもあしらわれています。
 
開業から16年が過ぎ地域の足として運転されている埼玉高速鉄道になります。

2016.03.28

0426.【埼玉高速】埼玉高速鉄道線・営団南北線・東急目黒線相互直通運転開始記念パスネット

2001年3月28にに開業した埼玉高速鉄道は、開業時より営団南北線を経由して東急目黒線へ相互直通運転を開始しました。開業記念のほか、直通運転開始記念のパスネットも発売されました。
 
=====================================
 名称   :埼玉高速鉄道線・営団南北線・東急目黒線相互直通運転開始記念パスネット
 発行社局:埼玉高速鉄道
 発売日  :2001年3月28日
 値段   :1,000円
 購入箇所:鳩ヶ谷駅
 シリアルNo.:09987
 備考   :営団・東急でも同一図柄で発売あり
=====================================
 
Dscn2748
 
Dscn2749

 
Dscn2750
 
直通運転開始を記念して発売されたパスネット、この運転に使用される営団南北線9000系、埼玉高速鉄道2000系、東急目黒線3000系が車両基地に並んだ図柄のカードになります。自分は埼玉高速鉄道発行分しか入手しませんでしたが、同じ図柄で営団地下鉄・東急電鉄でもこの記念カードは発売されました。この時代首都圏私鉄・地下鉄共通カードとしてパスネットが登場したこともあり、これら直通運転区間でも使用できることをアピールしたのかもしれません。
 
この直通運転開始から、本日2016年3月28日で15年になります。営団南北線は東京メトロに移行し9000系で仕様が変更になった車両があるほか今年に入って更新が行われた車両も出現しています。また東急では5080系が登場しており、15年の間で車両のバリエーションが増えました。

0425.【埼玉高速】開業記念 パスネット

今から15年前の2001年3月28日に開業した路線になります。
 
===========================
 名称   :開業記念 パスネット
 発行社局:埼玉高速鉄道
 発売日  :2001年3月28日
 値段   :9,000円(1,000円券、3,000円券、5000円券のセット)
 購入箇所:鳩ヶ谷駅
 備考   :各券種単体の発売もあり
===========================
 
Dscn2744
 
Dscn2746
 
Dscn2855

 
2001年3月28日、待望の新路線が開業しました。埼玉高速鉄道になります。地下鉄南北線の終点赤羽岩淵から浦和美園を結ぶ路線で、埼玉県内初の地下鉄となりました。
開業当日に早速乗車して、到着した鳩ヶ谷駅で発売していた記念カードを購入しました。
発売されたパスネットは各券種バラ売りもあったのですが、セット発売を購入しまして、図柄は埼玉高速鉄道の車両と沿線の施設を「夢」「元気」「自然」にテーマ分けしてあしらった図柄になっています。
 
埼玉高速鉄道は埼玉県南部において交通不便地域を解消する目的と合わせて、荒川から取水した水を綾瀬川・芝川に送水する導水管が合わせて設置され、これら河川の水質改善の目的もありました。このカードを購入した鳩ヶ谷は、当時鳩ヶ谷市という独立した都市であるにもかかわらず市内には鉄道が通っていなかったというところでしたが、埼玉高速鉄道の開業で市内から都心への利便性が向上しました。また終点の浦和美園駅からは、この翌年に開催されたサッカーワールドカップの会場になった埼玉スタジアム2002の最寄り駅となり、通常はJリーグ浦和レッズのホームスタジアムとして、試合開催日には多くの人が訪れる場所になります。
 
こうして、埼玉高速鉄道は本日2016年3月28日で開業から15周年を迎えました。このカードを購入した際に下車した鳩ヶ谷はその後川口市と合併してそのまま川口市に取り込まれる形になりました。また終点の浦和美園はこの当時はまだ浦和市でしたが、のちに大宮・与野市と合併してさいたま市となって政令市に移行しました。15年の間で変わった埼玉高速鉄道沿線であります。

カテゴリー