カテゴリー「発行社局:東葉高速鉄道」の5件の記事

2016.12.07

0685.【東葉高速】2000系デビュー記念 パスネット

現在の東葉高速鉄道で活躍している車両、デビューから12年が過ぎました。
 
===================
 名称   :2000系デビュー記念 パスネット
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2004年12月7日
 値段   :1,000円
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:02537
===================
 
Dscn4204
 
開業当時は、乗り入れる地下鉄東西線の5000系を譲り受けリニューアルを行って1000形として使用してきた東葉高速鉄道、地下鉄東西線において保安装置の取替を行うことになったことから、1000形の置き換え用に登場したのが2000系になります。
そのスタイルはこの当時東京メトロ東西線で増備が進められていた05系と同一の設計で、外観のラインと車内の内装を東葉高速オリジナルとした車両になりました。
 
今ではすべての車両が2000系になった東葉高速鉄道、本年で開業から20周年を迎え地下鉄東西線中野までの乗り入れている車両になります。

2016.12.04

0675.【東葉高速】さよなら1000形 パスネット

本年2016年で開業20周年を迎えた東葉高速鉄道、開業当時の車両が姿を消して10年になろうとしています。当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
==================
 名称   :さよなら1000形 パスネット
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2006年11月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:通信販売
 シリアルNo.:05088
==================
 
Dscn4203
 
東葉高速鉄道開業時に用意された車両である1000形、新造車ではなく当時の営団地下鉄東西線で使用されていた5000系を譲受しリニューアルを行ってデビューしました。東葉高速線で活躍してきましたが、地下鉄東西線の保安設備が更新されることになったことから、この車両についても置き換えることになりました。その最終編成が運用を離脱してちょうど10年になります。
 
引退に際しまして、東葉高速鉄道では特にさよなら運転等のイベントは開催されませんでしたが、このようなパスネットカードが発売されました。自分は通信販売で入手することができました。
 
開業当初の車両が姿を消して10年が過ぎた東葉高速鉄道になります。

2016.04.27

0484.【東葉高速】東葉高速線開業20周年 記念入場券セット

2016年4月27日で、東葉高速鉄道は開業20周年を迎えました。これを記念したアイテムが発売されました。
 
================================
 名称   :東葉高速線開業20周年 記念入場券セット 船橋市内 4駅
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2016年4月27日
 値段   :840円
 購入箇所:八千代緑が丘駅
 シリアルNo.:0303
================================
 
Dscn3112
 
Dscn3115
 
================================
 名称   :東葉高速線開業20周年 記念入場券セット 八千代市内 4駅
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2016年4月27日
 値段   :840円
 購入箇所:八千代緑が丘駅
 シリアルNo.:0002
================================
 
Dscn3116
 
Dscn3117
 
東葉高速鉄道開業20周年を記念して発売された記念入場券、D型硬券の4枚セットが2種類発売されました。内容は東京メトロ及びJR東日本管理となっている西船橋駅を除いて、船橋市内の4駅セットと八千代市内の4駅セットとして発売されました。
入場券及び台紙には、開業当時及び現在の車両や風景などがあしらわれており、車両では開業時にリニューアルが間に合わず、暫定的に整備した1000形も登場しています。開業から20年で発展した東葉高速鉄道の様子がわかる内容になっています。
 
2種類発売された記念入場券セットですが、裏表紙はそれぞれの市内の東葉高速線の地図になっています。
 
Dscn3119
裏表紙を並べた様子
 
記念入場券セットの台紙裏表紙を並べますと、東葉高速鉄道全線の路線地図が表れるという仕掛けがあります。
 
さて、開業20周年を迎えた東葉高速鉄道では開業記念日となる2016年4月27日のみ、このような企画乗車券が発売されました。
 
Dscn3121
開業20周年記念日の2016年4月27日のみ発売・有効の「東葉高速線 開業記念日1日乗車券」
 
20周年の開業記念日にのみ有効の東葉高速線全線1日乗車券となる「東葉高速線 開業記念日1日乗車券」が、このように大人用900円で西船橋を除く東葉高速線各駅で発売されました。なお小児用も450円で発売されました。
またこの数日後のゴールデンウィーク期間中に任意の3日間で東葉高速線全線乗り降り自由の「東葉高速線20周年きっぷ」も大人用2,000円、小児用1,000円でやはり西船橋を除く東葉高速線各駅で発売され、その後お盆及び年末年始時期にも発売を予定しているとのことです。
 
開業から20周年を迎えた東葉高速鉄道、開業まで紆余曲折はありましたが、その後は沿線地域の発展とともに歩んできた20年であり、今後も沿線地域の足としての活躍が期待されます。

0483.【東葉高速】東葉高速線・東西線 相互直通運転10周年 記念パスネット

1996年4月27日に開業した東葉高速鉄道、それから10年が過ぎた2006年に東京メトロとコラボレーションした記念カードが発売されました。
 
===============================
 名称   :東葉高速線・東西線 相互直通運転10周年 記念パスネット
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2006年4月27日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:01999
===============================
 
Dscn3056
 
Dscn3057
 
Dscn3059
 
東葉高速鉄道開業10周年、同時に地下鉄東西線との直通運転開始10周年を記念して発売されたカードになります。この時代になりますと東葉高速鉄道においてもパスネットが導入され、東京メトロ東西線からそのままパスネットで乗車できるようになっていました。
記念カードも東京メトロ発売分とコラボレーションしており、東葉高速鉄道発売分は東京メトロ5000系と東葉高速1000形があしらわれた図柄になりました。まだこの時代は両車とも数を減らしてきていましたが、健在でした。
またカードの台紙に、東葉高速の歴史が記載されておりますが、この時代は東葉高速鉄道線内でも平日の朝・夕に快速列車の設定があり「東葉快速」と呼ばれた列車が運転されておりました。
 
さて、開業10周年を迎えた東葉高速鉄道ではこの他にも券売機で発売された10周年カードがありました。
 
==================
 名称   :開業10周年 パスネット
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2006年4月--日
 値段   :全券種対応(券売機発売)
 購入箇所:
==================
  
Dscn3055
 
また、10周年を記念した全線1日乗車券の発売もありました。
 
==================
 名称   :開業10周年記念 JOYきっぷ
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :2006年4月27日
 値段   :800円
 購入箇所:
 シリアルNo.:00154
==================
 
Dscn3066
 
10周年記念時に発売された1日乗車券、カードタイプになりますが800円という値段は東葉高速線の運賃体系を考えますとかなり破格の乗車券と言えるのではないかと思います。
 
これらアイテム発売から本日2016年4月27日で10年が過ぎました。平日朝・夕時間帯に運転されていた東葉高速線内も快速運転を行う東葉快速は姿を消し、また東葉1000形や東京メトロ5000系も姿を消した2016年4月の開業日になります。

0480.【東葉高速】東葉高速鉄道開業 記念乗車券

今から20年前の1996年、その沿線地域において待望の新路線が開業しました。
 
====================
 名称   :東葉高速鉄道開業 記念乗車券
 発行社局:東葉高速鉄道
 発売日  :1996年4月27日
 値段   :1,000円
 購入箇所:北習志野駅
 シリアルNo.:6208
====================
 
Dscn3049
 
Dscn3052
 
Dscn3054
 
今から20年前の1996年4月27日に開業した路線は東葉高速鉄道で、JR総武線・地下鉄東西線の西船橋から京成本線勝田台に隣接する東葉勝田台を結ぶ路線で、開業に合わせて地下鉄東西線と直通運転を開始しました。
 
この路線は早い時期から建設が始まっていたものの、一部地域で用地買収が難航したり工事の遅れ等もあって、ようやく1996年になって開業を迎えることとなりました。
開業まで時間を要し建設費もかなりかかったこともあってか、東葉高速鉄道では車両は新造せず乗り入れる営団地下鉄東西線5000系車両を譲受しリニューアルを行い東葉1000形として運転を開始しましたが、一部編成はリニューアルが間に合わなかったことから、営団5000系の帯を東葉高速カラーのオレンジにしたという車両も存在していました。
 
開業に合わせて発売された記念きっぷを公開しましたが、開業当日に早速乗車しに出向いてみたものの沿線地域の関心が高かったようで早い段階で売り切れた駅が多く、何とか新京成線と乗り換えができる北習志野駅においてまだ発売していましたので入手することができました。路線図と車両、駅などがあしらわれた台紙に硬券乗車券がセットされたものになります。
 
開業にこぎつけることができた東葉高速鉄道、建設に時間を要したことから当時の初乗りが200円、終点まで16.2kmを乗りとおすと600円という近隣路線から比較しますと割高な運賃になってしまいました。しかし地下鉄東西線に乗り入れることから都心の日本橋・大手町へは直通で行けるという利便性の高さからその後利用は増えているようです。
 
早いもので、東葉高速鉄道の開業から20年が過ぎた2016年4月になります。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter