カテゴリー「発行社局:上信電鉄」の7件の記事

2017.06.19

0996.【上信電鉄】さよなら103号記念乗車券

引退後、20年以上も倉庫として残存していた車両、やはり経年による劣化には耐えられなかったようです。解体されることになり発売された記念きっぷになります。
 
=================
 名称   :さよなら103号記念乗車券
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :2017年5月29日
 値段   :500円
 購入箇所:高崎駅
 シリアルNo.:0222
=================
 
Img_0576
 
Img_0577
 
先日解体された車両は、上信電鉄の103号車(クモハ103-クハ103)になります。この車両は、1981年に西武鉄道より451系を譲受した車両になります。
 
西武451系は1959年から導入が始まった車両で、吊り掛け駆動ではありましたが西武初の両開きドアを装備し、前面は切妻式で当時の国鉄101系を参考としたと思われる形態をしており、湘南型と並ぶ一時代の西武スタイルを持っていた車両になります。西武では1980年代前半で全車引退し、一部車両が上信電鉄のほか三重県の三岐鉄道や島根県の一畑電鉄に譲渡されました。しかしいずれの地におきましてものちに冷房付きの高性能車が導入されたことから、姿を消しました。
 
上信電鉄では2両編成4本が入線(ただし4本目は事故廃車に伴う代替入線のため、4本揃ったことはない)し活躍しましたが、ここでも冷房付きの高性能車が譲渡されたことから1996年で運転を終了しました。その後103号編成は残り高崎駅構内で倉庫として使用され、上信電鉄や並行するJR高崎線・上越新幹線列車からでも見ることができる位置に置かれていました。その後外装については塗りなおされたようでしたが、製造から58年、廃車となってから20年が経過し、車体の劣化が著しいこともあってか解体されることになりました。上信電鉄においても一時期の輸送を支えた車両であったとともに、最後の西武451系現存車両であったこともあってか、解体に際しましてこのような記念乗車券が発売されました。
 
自分も初めて上信電鉄に乗車した1992年に、100系には乗車しています。西武時代からも含めまして思い出になった車両になります。

2017.05.10

0955.【上信電鉄】開業100周年記念乗車券

群馬県の高崎から下仁田を結ぶ上信電鉄は、本日5月10日が開業日になります。1997年に開業100周年を記念して発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=================
 名称   :開業100周年記念乗車券
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :1997年5月20日
 値段   :1,030円
 購入箇所:
 シリアルNo.:00075
=================
 
Dscn1747
 
Dscn1749
 
上信電鉄は1895年に創立し、それから2年後の1897年に高崎~上州福島間か開業しましたが、同年で終点の下仁田まで開通しました。それから100年が過ぎたことから発売されました記念乗車券になります。
 
この記念乗車券発売から20年、本年2017年で開業120周年を迎えた上信電鉄になります。

2016.08.20

0567.【上信電鉄】ぐんまちゃん列車運行記念乗車券

この夏で各地を旅しておりますが、群馬県では上信電鉄に乗車しました。この時やってきた列車の記念きっぷが発売されていましたので、記念に買っていくことにしました。
 
====================
 名称   :ぐんまちゃん列車運行記念乗車券
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :2016年2月--日
 値段   :500円
 購入箇所:高崎駅
 シリアルNo.:0438
====================
 
Dscn3612
 
Dscn3613
 
上信電鉄に乗車した際にやってきた列車は、「ぐんまちゃん列車」と呼ばれるラッピング装飾車両になります。2014年のゆるキャラグランプリで見事1位に輝いた群馬県のマスコットキャラクターである「ぐんまちゃん」をあしらった外観になっています。元西武新101系の譲受車である500形の1編成にこのような装飾がなされました。ちょうどこの列車が到着したことから高崎駅で購入したものになります。
 
上信電鉄創立120周年事業の一環として登場した「ぐんまちゃん列車」、この沿線には世界遺産に登録された富岡製糸場などがありこの夏休み期間中も、多くの方が訪れているかと思います。注目を集めた列車であったかと思います。

2015.12.27

0259.【上信電鉄】上信電鉄創立120周年記念切符

群馬県の高崎から下仁田を結ぶ上信電鉄、本日2015年12月27日で会社創立から120周年を迎えました。これを記念して発売されたアイテムを公開いたします。
 
====================
 名称   :上信電鉄創立120周年記念切符
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :2015年11月--日
 値段   :1,200円
 購入箇所:高崎駅
 シリアルNo.:0537
====================
 
Dscn1738
 
Dscn1739
 
本日で会社創立から120周年を迎えた上信電鉄、これを記念して発売されたアイテムになります。すでに11月に120周年記念イベントが開催されておりましたので、この時点で発売されていたものと思われます。
 
120年の歴史を歩んできた上信電鉄、当時は蒸気機関車による軽便鉄道であったそうなのですが、電化・改軌が行われこのとき導入されたドイツ製の電気機関車が今も残されています。
戦後はこの沿線も例外なくクルマ社会になり、利用が減ってきたという状況がありましたが、新造車を積極的に導入したこともありました。1976年に導入された1000形車両は鉄道友の会ローレル賞を受賞し、その後6000形も導入、そして近年は7000形という新型車両が導入されました。
 
沿線地域のクルマ社会化により利用が減ってきたという状況がありましたが、昨年沿線の上州富岡駅近くにある富岡製糸場が世界遺産に登録され、訪れる観光客により上信電鉄の利用が増えているようです。
 
幾多の困難を乗り越えて120年の歴史を刻んできた上信電鉄、これからの発展に期待したいと思います。

0258.【上信電鉄】佐野のわたし駅開業記念切符

本日で創立120周年を迎えた上信電鉄では、昨年新駅が開業しています。
 
================================
 名称   :佐野のわたし駅開業記念切符
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :2014年12月22日
 値段   :540円
 購入箇所:秩父鉄道わくわく鉄道フェスタ2015会場(広瀬河原車両基地)
 シリアルNo.:0216
================================
  
Dscn1740
 
Dscn1741
 
佐野のわたし駅は、高崎市内の南高崎~根小屋間に開設された新駅になります。烏川の鉄橋を渡る直前に設置され、駅名は公募で決められたそうです。上越・北陸新幹線の高架橋も間近な場所ですが、駅周辺は住宅地でマンションも建っているというところになりますので、これら地域の鉄道利用促進と利便性の向上が図られました。

0257.【上信電鉄】7000形デビュー記念乗車券

本日で創立から120年を迎えた群馬県の高崎~下仁田を結ぶ上信電鉄、ここ最近いろいろと動向がありますので、ここにアイテムを公開いたします。
 
上信電鉄では以前、積極的に新造車を導入したことがあります。その車両は今の活躍していますが、近年の輸送需要からなかなか新造車を導入することは難しい面もありますが、2014年に新型車を導入しました。
 
==================
 名称   :7000形デビュー記念乗車券
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :2014年3月--日
 値段   :770円
 購入箇所:高崎駅
 シリアルNo.:0281
==================
 
Dscn1750
 
Dscn1752
 
Dscn1753
 
2014年に導入された新型車両7000形、デビューを記念して発売されたアイテムになります。上信電鉄では1981年の6000形・250形以来33年ぶりの新造車となった7000形、車体は鋼製ですがVVVFインバータ制御で車内は観光需要も考慮してクロスシートがあるという車両となります。
外装は公募で決定したデザインをまとっています。
 
こうして登場した新型車7000形ですが、この車両は1編成しかないため出会うのは難しいのかもしれません。私も見たことはあっても乗車したことはありませんので、また上信電鉄に乗車する機会がありました時はぜひ乗車してみたいと思っています。

0256.【上信電鉄】創立100周年記念乗車券

本日が会社創立記念日になります。今から20年前の1995年に創立100周年を迎えて発売されたアイテムになります。
 
=================
 名称   :創立100周年記念乗車券
 発行社局:上信電鉄
 発売日  :1995年12月20日
 値段   :860円
 購入箇所:
 シリアルNo.:01093
=================
 
Dscn1742
 
本日12月27日に会社を創立したのは、上信電鉄になります。群馬県の高崎からネギとコンニャクの産地で知られる下仁田を結ぶ鉄道になります。当初は上野(こうずけ)鉄道として1895年に創立し、その後1897年に高崎~下仁田の全線が開業しました。その後上信電鉄と改名し、下仁田から山を越え長野県の佐久地方まで線路を延ばす計画もあったそうなのですが、これは実現せず現在の路線になっています。
 
このアイテムは1995年に創立100周年を記念して発売されたもので、鉄道敷設免状に開業時の蒸気機関車、今や上信電鉄の名物と言えるドイツ製の電気機関車、そして活躍している車両があしらわれた栞型の乗車券になります。
 
1995年で100年という歴史を刻んできた上信電鉄になります。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter