カテゴリー「発行社局:秩父鉄道」の14件の記事

2017.03.26

0835.【秩父鉄道】SL運行30周年記念入場券

今年も、秩父路を行くSL運行開始の季節がやってきました。
 
==================
 名称   :SL運行30周年記念入場券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2017年3月18日
 値段   :各170円
 購入個所:ちちてつe-shop(通信販売)
 シリアルNo.:
==================
 
Img_0005
 
Img_0006
 
東京から最も近いところでSLの運行を行っている秩父鉄道、本年もSLの運行が始まりました。秩父鉄道では毎年SL運行記念においてSL停車駅で記念入場券が発売されるのですが、本年2017年は秩父鉄道のSL運行30周年という佳節を迎えることになり、このような形で発売されました。
 
発売駅で異なる写真を使用したD型硬券入場券に台紙をセットしたもので、台紙はどこの駅でも同じ図柄となります。
 
SL停車駅でそれぞれ発売されるのですが、秩父鉄道のネット通販でも発売しており、この場合は停車駅8駅のセットでの発売となります。
 
今年も、秩父路にSLの煙たなびく季節が到来、この光景も30周年になります。

2016.11.25

0670.【秩父鉄道】さよなら3000系車両 記念乗車券・入場券

秩父路を走っていた元国鉄型車両、引退の日から本日で10年になります。
 
=========================
 名称   :さよなら3000系車両 記念乗車券セット
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2016年11月25日
 値段   :700円
 購入個所:さよなら3000系イベント会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0077
=========================
 
Dscn4140
 
Dscn4141
 
=========================
 名称   :さよなら3000系車両 記念入場券セット
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2016年11月25日
 値段   :800円
 購入個所:さよなら3000系イベント会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0122
=========================
 
Dscn4142
 
Dscn4143
 
秩父鉄道3000系は1992年にJRから急行型電車165系を譲受し改造してデビューした車両で、秩父鉄道では急行「秩父路」号として運転されてきました。しかし寄る年波には勝てず2006年11月で引退を迎えることになり、同年11月25日にさよなら運転が行われ、合わせて三峰口駅では引退記念のイベントが開催されました。この会場で発売された記念きっぷになります。
 
いずれも硬券で乗車券は台紙に季節に合わせて掲出された各種ヘッドマークがあしらわれ、入場券は活躍の日々があしらわれました。
 
今から10年前の2006年11月25日の最終運行に際しましては、三峰口にも沿線各所に多くの人が集まり急行型電車165系から改造された秩父鉄道3000系最後の姿を追っておりました。改造により外観は変わってしまいましたが、最後まで優等列車急行「秩父路」号で運転された車両になります。
 
有終の美を飾ったあの日から早くも10年が過ぎました。

2016.11.09

0666.【秩父鉄道】秩父地域開通100周年記念

1899年11月に創立した秩父鉄道、1901年10月に熊谷~寄居間がまず開業しました。その後秩父地域に向けて線路を延伸して、その線路が秩父まで到達したのが1914年10月のことになります。それから100年が過ぎた2014年10月、秩父鉄道では秩父駅構内において秩父地域開通100周年のイベントが開催されました。この会場においても、記念きっぷが発売されましたので、ここに公開いたします。
 
=========================
 名称   :秩父地域開通100周年記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2014年10月26日
 値段   :470円
 購入個所:秩父地域開通100周年イベント会場(秩父駅)
 シリアルNo.:0119
=========================
 
Dscn4137
 
=========================
 名称   :秩父地域開通100周年記念入場券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2014年10月1日
 値段   :各170円
 購入個所:秩父地域開通100周年イベント会場(秩父駅)
 シリアルNo.:1072
 備考   :イベント会場でのセット発売
=========================
 
Dscn4138
 
1914年10月27日に皆野~秩父間が開業し秩父地域まで路線を延ばした秩父鉄道、100周年記念乗車券はそれぞれの時代の代表的な車両とSLをあしらったもので、記念入場券は秩父地域まで延伸した際に開業した5駅のD型硬券入場券になります。記念入場券はいずれも同じシリアル番号ですので、おそらくはイベント会場でのセット販売であったかと思います。
 
秩父地域開通100周年を記念してこの時、急行秩父路号で運転されていた6000系の1編成に、かつての急行用車両であった300系の外装になった編成が登場しました。これを記念したきっぷも発売されました。
 
=====================
 名称   :急行リバイバルカラー 記念急行券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2014年10月26日
 値段   :200円
 購入個所:秩父駅
 シリアルNo.:0088
=====================
 
Dscn4139
 
かつての300系の外装が再現された6000系運転開始を記念した硬券の記念急行券になります。秩父鉄道発行の記念きっぷで近年よく見られるペーパークラフト付きの記念きっぷになります。
 
秩父地域への交通手段となるべく延伸された秩父鉄道、延伸から102年が過ぎた2016年の秋になります。

0665.【秩父鉄道】創立111周年記念 秋フェス記念

2009年に創立110周年を迎えた秩父鉄道では、その翌年の2010年11月13日に三峰口駅構内にて創立111周年記念秋フェスというイベントが開催されました。この時も記念きっぷが数種類発売されましたので、ここに公開いたします。
 
========================
 名称   :創立111周年記念秋フェス記念乗車券 vol.1
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2010年11月13日
 値段   :700円
 購入個所:秋フェス会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0162
========================
 
Dscn4132
 
=========================
 名称   :創立111周年記念秋フェス記念乗車券 vol.2
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2010年11月13日
 値段   :600円
 購入個所:秋フェス会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0181
=========================
 
Dscn4135
 
=========================
 名称   :創立111周年記念秋フェス開催記念入場券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2010年11月13日
 値段   :480円
 購入個所:秋フェス会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0153
=========================
 
Dscn4136
 
創立111周年で開催された秋フェスにて発売された記念きっぷ、Vol.1はこの時SLパレオエクスプレスについて、通常C58 363が牽引するところ、茶色塗装になった電気機関車デキ505と重連となる蒸電運転が行われたことを表し、Vol.2はこの時姿を消しつつあった1000系で人気を集めていたリバイバル国電カラー車をあしらったものになります。1000系の国電カラー車はこの時点でオレンジバーミリオンであった1011Fは引退しておりこの時でカナリアイエローの1012Fが退役間近となっていたことから、このようにヘッドマークもつけられていました。記念入場券については、三峰口駅構内にある鉄道車両公園で保存・展示されている電気機関車と電車をあしらったものになります。
 
このイベントからも間もなく6年が過ぎます。今では1000系は思い出になってしまいました。

2016.11.08

0664.【秩父鉄道】創立110周年ありがとうフェスタ記念

2009年11月8日に創立110周年を迎えた秩父鉄道では、同年11月23日に創立110周年を記念した「ありがとうフェスタ」というイベントが三峰口駅構内で開催されました。この時会場で発売された記念きっぷを公開いたします。
 
==========================
 名称   :創立110周年ありがとうフェスタ記念乗車券 vol.1
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2009年11月23日
 値段   :1,100円
 購入個所:ありがとうフェスタ会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0143
==========================
 
Dscn4126
 
==========================
 名称   :創立110周年ありがとうフェスタ記念乗車券 vol.2
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2009年11月23日
 値段   :1,100円
 購入個所:ありがとうフェスタ会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0163
==========================
 
Dscn4127
 
==========================
 名称   :創立110周年ありがとうフェスタ記念入場券 
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2009年11月23日
 値段   :800円
 購入個所:ありがとうフェスタ会場(三峰口駅)
 シリアルNo.:0180
==========================
 
Dscn4130
 
秩父鉄道創立110周年を記念して三峰口駅にて開催されたありがとうフェスタイベント会場で発売された記念きっぷになります。3種類発売されたものの内容は、記念乗車券vol.1は創立時から戦後までの発展期に運転されてきた蒸気機関車や電気機関車・電車をあしらった台紙に三峰口駅からの金額式硬券乗車券がセットされたもので、vol.2はこの当時の秩父鉄道で注目を集めていた車両、元国鉄・JR101系であった1000系のうち110周年ヲ記念してかつての外装を再現したリバイバルトレイン編成とC58 363をあしらった台紙に三峰口駅からの両矢式硬券乗車券がセットされ、記念入場券は100形から1000系までの歴代の車両をあしらったD型硬券入場券がセットされています。
 
秩父鉄道はいろいろとイベントを開催することが多く、このように記念きっぷも多く発売されます。創立110周年を祝うイベントでありました。

0663.【秩父鉄道】創立110周年記念乗車券

1899年11月8日に創立した秩父鉄道、それから110年が過ぎた2009年に110周年記念乗車券が発売されました。
 
=================
 名称   :創立110周年記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2009年11月8日
 値段   :1,400円
 購入個所:通信販売
 シリアルNo.:0840
=================
 
Dscn4124
 
2009年の秩父鉄道開業110周年を記念して発売された記念きっぷ、栞型の乗車券を並べるとおそらく戦前の時代の沿線案内図になるとともに、裏面は各時代のトピックが記載されています。また1901年に熊谷~寄居間開業式に際しての乗車券・入場券を再現したものもついてきました。
 
本年で開業から117周年を迎えた秩父鉄道になります。

0662.【秩父鉄道】秩父鉄道創立100周年記念 絵はがき乗車券

本日11月8日は、埼玉県にある秩父鉄道が創立した日になります。1899年に設立されました。ここで1999年に100周年を迎えました際に発売されました記念きっぷを公開いたします。
 
1999年の創立100周年記念で発売されたアイテムは、秩父鉄道の車両や駅・沿線風景などをあしらった絵はがきになっているもので、4月、6月、8月、10月と4回発売されました。ちょうど秩父鉄道の四季をモチーフとしたものになりました。ここにすべて公開いたします。
 
==========================
 名称   :秩父鉄道創立100周年記念 絵はがき乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :1999年4月1日
 値段   :500円
 購入個所:
 シリアルNo.:04681
==========================
 
Dscn4117
 
=============================
 名称   :秩父鉄道創立100周年記念 絵はがき乗車券 夏の部
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :1999年6月1日
 値段   :500円
 購入個所:
 シリアルNo.:01792
=============================
 
Dscn4119
 
=============================
 名称   :秩父鉄道創立100周年記念 絵はがき乗車券 秋の部
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :1999年8月1日
 値段   :500円
 購入個所:
 シリアルNo.:01759
=============================
 
Dscn4120
 
=============================
 名称   :秩父鉄道創立100周年記念 絵はがき乗車券 冬の部
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :1999年10月1日
 値段   :500円
 購入個所:
 シリアルNo.:00447
=============================
 
Dscn4123
 
SLや沿線風景などをあしらった記念乗車券が4回シリーズで発売されました。
 
この記念きっぷ発売から17年、今年で創立から117周年を迎えた秩父鉄道になります。

2016.06.05

0512.【西武・秩父鉄道】パレオエクスプレス×レッドアロー コラボ記念乗車券

本日2016年6月5日は、西武鉄道武蔵丘車両検修場で毎年恒例の「西武・電車フェスタ」が開催されました。この会場内において発売された記念きっぷを公開いたします。
 
=============================
 名称   :パレオエクスプレス×レッドアロー コラボ記念乗車券
 発行社局:西武鉄道・秩父鉄道
 発売日  :2016年6月5日
 値段   :1,000円
 購入箇所:西武・電車フェスタ2016会場(武蔵丘車両検修場)
 シリアルNo.:0365
=============================
 
Dscn3257
 
Dscn3258
 
西武・電車フェスタ2016会場で発売された記念きっぷは、秩父鉄道で運転されているSL列車「パレオエクスプレス」と、西武鉄道の特急列車「レッドアロー」が西武秩父駅で並ぶという企画が、このイベント開催1週間前に実施されました。秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」が西武秩父駅に乗り入れ、西武特急レッドアローと接続して西武秩父~三峰口間を臨時運転を行うという企画が行われました。このコラボレーションを記念して西武秩父駅から西武線の乗車券と、秩父鉄道の三峰口から秩父までの乗車券をセットにして、レッドアローとパレオエクスプレスの写真をそれぞれあしらったD型硬券乗車券が台紙にセットされているというものになります。
 
この記念きっぷは西武発売分は、「西武・電車フェスタ」イベント会場でのみ発売になりますが、このイベントから2日後には秩父鉄道の駅(秩父・御花畑・三峰口)でも発売されます。
 
首都圏から最も近いところで運行されている秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」、西武レッドアローを合わせて秩父の観光には欠かせない列車であります。そのコラボレーションが2016年に実現しました。

2016.05.04

0497.【秩父鉄道】7500系車両導入記念・1011号引退記念乗車券

2009年に秩父鉄道で導入された7000系でしたが、翌年からは7500系が導入されることになりました。
 
==========================
 名称   :7500系車両導入記念・1011号引退記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2010年3月25日
 値段   :750円
 購入個所:通信販売
 シリアルNo.:0887
==========================
 
Dscn3088
  
老朽化した1000系を置き換えるために東急8500系を譲受して7000系として導入した秩父鉄道でしたが、東急から8500系の廃車がしばらく発生しなくなった一方で、8090系が廃車となり始めたことからこの車両を譲受することになり秩父鉄道では7500系として2010年より運転を開始するようになりました。緑帯になるなどの変化があります。秩父鉄道においては、このあと東急8090系からの改造車が導入されていくことになります。
 
2010年当時はまず1編成が導入されるにとどまりましたが、これに合わせて1000系の1011編成が引退することになり、この引退記念も兼ねた記念きっぷになります。
 
秩父鉄道1000系は国鉄・JR101系の譲受車で、秩父鉄道において主力であった車両です。この時7500系導入に際して引退することになった1011編成は、2007年9月に国鉄時代の外装で中央快速線や武蔵野線、大阪環状線等で使用されていたオレンジバーミリオンの外装を再現した編成でした。
 
また7500系導入時に際しましても、台紙付きの硬券入場券も熊谷駅などの主要駅で発売されました。
 
Dscn3089_2
7500系導入記念の台紙を付けて発売された入場券
 
このとき、世代交代が進んでいた秩父鉄道になります。

0496.【秩父鉄道】7000系車両導入記念乗車券

ゴールデンウィークに入り行楽シーズンとなって多くの観光客が訪れる埼玉県秩父地方、この地域で運転されている秩父鉄道で現在の主力車両となった車両が入線したのが2009年春になります。当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :7000系車両導入記念乗車券
 発行社局:秩父鉄道
 発売日  :2009年3月26日
 値段   :460円
 購入個所:通信販売
 シリアルNo.:0840
===================
 
Dscn3086
 
秩父鉄道7000系は、東急電鉄から8500系を譲り受け導入された車両です。2編成が導入されましたが、車両需給の都合で7001編成はオリジナルの先頭車からの改造である一方で、7002編成は中間車から改造の先頭車になるため形態が異なっているという特徴があります。前面を緑色の帯として側扉がボタン式の開閉スイッチが取り付けられており、ワンマン運転対応になっている等の改造が行われています。
 
この記念きっぷは、発行部数が少ないこともあって通信販売で購入しましたが、すぐに完売になったようです。
 
秩父鉄道では7000系導入に合わせて、台紙付きの硬券入場券も熊谷駅などの主要駅で発売されました。
 
Dscn3087
7000系導入記念の台紙を付けて発売された入場券
 
秩父路に登場した元東急8500系、今ではその風景に馴染んで活躍しています。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter