カテゴリー「発行社局:ゆりかもめ」の4件の記事

2016.03.27

0418.【ゆりかもめ】豊洲延伸・新4駅開業記念 一日乗車券

新橋からお台場・有明を結んでいた「ゆりかもめ」、その後2006年に有明から豊洲まで延伸されました。
 
=======================
 名称   :豊洲延伸・新4駅開業記念 一日乗車券
 発行社局:ゆりかもめ
 発売日  :2006年3月27日
 値段   :800円(大人用)、400円(小児用)
 購入箇所:新橋駅
=======================
 
Dscn2853
 
延伸した豊洲は地下鉄有楽町線の駅があり乗り換えができます。豊洲周辺は工場が移転した等で大規模な開発が進められることになり、その一環としてゆりかもめが延伸されました。豊洲周辺は今ではタワーマンションた立ち並ぶ新しい街となりました。また、延伸した区間は早速開業した日に乗車しましたが、このときは何もないところでした。しかし、延伸区間に開業した駅の中に市場前という駅があり、築地にある市場がこの地に移転してくることになって、本年2016年に新市場が開設されることになっています。
 
さて、ゆりかもめ豊洲延伸に際しましてこのような記念一日乗車券が発売されました。大人用と小児用でデザインが異なり、いずれもゆりかもめのイメージキャラクターである「ゆりも」をあしらったものになります。また、開業した4駅の券売機ではそれぞれオリジナルデザインのパスネットカードが発売されていました。
 
Dscn2762
開業した4駅で発売されたオリジナルかもめカード(パスネット)
 
ゆりかもめでは、各駅で異なった江戸文様があしらわれていますが、このとき開業した4駅の江戸文様をあしらったカードがそれぞれの駅の券売機で発売されていました。
 
開業時は新橋から有明を結んでいたゆりかもめ、お台場や有明地区が観光地となりイベントが開催されると、新橋駅で乗車するのに待つという混雑が発生していましたが、豊洲まで延伸されたことによりその混雑が分散されるという効果がありましたた。その延伸から本日2016年3月27日で10年が過ぎました。この沿線も開発が進み築地の市場が移転してくるなど新たな街ができつつあるようです。

0417.【ゆりかもめ】新橋駅本駅開業記念 一日乗車券

お台場に向かうおなじみの路線「ゆりかもめ」、始発駅である新橋駅が現在の形になったのは、今から15年前の2001年のことでした。
 
=====================
 名称   :新橋駅本駅開業記念 一日乗車券
 発行社局:ゆりかもめ
 発売日  :2001年3月22日
 値段   :800円(大人用)
 購入箇所:新橋駅
=====================
 
Dscn2760
 
1995年11月に開業した「ゆりかもめ」、始発駅である新橋駅は開業時はまだ再開発工事中ということもあって、現在地よりも有明方にあった仮設駅でしたが、開発が進んで今から15年前の2001年3月22日に、現在の場所に移転しました。これを記念して発売されたゆりかもめ1日乗車券になります。この移転及び本設開業により、山手線等JR線からの乗り換えが便利になり、ゆりかもめも輸送力増強が図れるようになりました。
 
今ではおなじみになったゆりかもめの始発駅である新橋駅、行楽地にもなったお台場へ本日も運行されています。

2016.01.18

0282.【ゆりかもめ】新型車両7300系営業運転開始記念一日乗車券

都心からレインボーブリッジを渡ってお台場にむかう、新橋から豊洲を結ぶゆりかもめで、現在増備が進められている車両になります。
 
==========================
 名称   :新型車両7300系営業運転開始記念一日乗車券
 発行社局:ゆりかもめ
 発売日  :2014年1月18日
 値段   :2,000円
 購入箇所:新橋駅
 シリアルNo.:0360
==========================
 
Dscn1905
 
Dscn1906
 
新橋からお台場・有明を経由して豊洲を結ぶ新交通ゆりかもめ、1995年に開業した時に入線した車両が老朽化してきたことから、取替のため導入されたのが7300系になります。
大きなガラス窓と、両開きのドア、車内はロングシート構造となっており、輸送力増強も図られています。
 
このアイテムは、7300系営業運転開始を記念して発売されたもので、ゆりかもめの大人用一日乗車券2枚と小児用一日乗車券1枚がセットになっているものです。なお、台紙にセットされているD型硬券は記念券で、これ自体に乗車券等の効力はありません。
 
増備が続いている7300系、本日2016年1月18日で運転開始2周年となりました。本数も増えてきたようで、今後も増備が続くことになり、やがてはゆりかもめの主力車両となることでしょう。

2015.11.01

0185.【ゆりかもめ】開業記念 かもめカード・一日乗車券

今から20年前の1995年11月1日、お台場に向かうおなじみの路線が開業しました。
 
====================
 名称   :ゆりかもめ開業記念 かもめカード
 発行社局:東京臨海新交通
 発売日  :1995年11月1日
 値段   :1,000円
 購入箇所:新橋駅
====================
 
Dscn1286
 
====================
 名称   :ゆりかもめ開業記念 一日乗車券
 発行社局:東京臨海新交通
 発売日  :1995年11月1日
 値段   :800円(大人用)
 購入箇所:新橋駅
====================
 
Dscn1280
 
1995年11月1日に開業したのは、新橋からお台場・有明をむすぶ新交通システム「ゆりかもめ」になります。
当時はこの翌年開催予定であった「世界都市博」へのアクセスとして建設されていましたが、この博覧会は中止となり、また臨海部の開発も進まない中、開業を迎えました。
 
レインボーブリッジを渡り何もなかった臨海部、当初はその収益性など危ぶまれましたが逆に人気になり、その後お台場・有明地域の開発が進むと多く利用されるようになり、その後有明から豊洲まで延伸されました。
 
2015年で開業20周年を迎えたゆりかもめ、もう開業当時の車両は廃車が始まっているようですが、お台場・有明地域への足としてこれからも活躍していくことになるでしょう。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter