カテゴリー「発行社局:叡山電鉄」の3件の記事

2016.11.27

0671.【叡山電鉄】デナ21形(21・22号車)サヨナラ記念乗車券

秋も深まり、山々も色づく季節になりました。
京都の山々も紅葉の季節を迎え見ごろになっているかと思いますが、今から22年前のこの時期、色づいた山々に見送られて引退を迎えた車両がありました。
 
========================
 名称   :デナ21形(21・22号車)サヨナラ記念乗車券
 発行社局:叡山電鉄
 発売日  :1994年11月3日
 値段   :700円
 購入箇所:京阪電鉄 丹波橋駅売店
 シリアルNo.:
========================
 
Dscn4144
 
今から22年前の1994年11月に引退を迎えた車両は、叡山電鉄のデナ21形になります。1929年に鞍馬線用車両として導入されました。
長きにわたり京都市街地の出町柳から鞍馬まで、急こう配のある深い山間を走行していましたが、寄る年波には勝てず今から22年前の11月27日にサヨナラ運転が行われて引退しました。時期は山々が色づいた季節、紅葉のトンネルが65年にもわたったデナ21形の生涯の最期を飾る花道になりました。
 
引退後は21号車の前頭部が鞍馬駅構内で保存・展示されています。
 
叡山電鉄に初めて乗車したのは、この記念きっぷ発売から数年後のことで、この車両の現役時代を見ることはできませんでしたが、1994年のこの時は初めて京阪電鉄に乗車し、その帰りに京阪電鉄主要駅売店でも発売していましたので、購入したものになります。
 
この車両が引退して22年が過ぎ、今年も色づいた京都・鞍馬の山々になります。

2015.10.17

0167.【叡電】叡山電車開業90周年 叡山本線全駅入場券セット

日比谷公園で開催される鉄道フェスティバルは、地方の鉄道にとっても東京で自社の宣伝ができるとともに、我々蒐集鉄も現地まで行かずにアイテムを買い求めることができるというメリットがあります。この会社は京都の私鉄ですが、出店していました。
  
===========================
 名称   :叡山電車開業90周年 叡山本線全駅入場券セット
 発行社局:叡山電鉄
 発売日  :2015年9月27日
 値段   :2,000円
 購入個所:鉄道フェスティバル会場(日比谷公園)
 シリアルNo.:0562
===========================
 
Dscn1130
 
Dscn1131
 
Dscn1132
 
京都市内の出町柳から比叡山最寄りとなる八瀬比叡山口を結ぶ叡山電鉄の本線が今年で開業90周年を迎えることから発売されたアイテムになります。叡山本線全駅の硬券入場券がセットされているとともに、旧駅名の2駅の入場券もセットされているというものです。
 
この路線も90年という歴史の中で幾多の困難があり、一時は路線の存続も危ぶまれた事態にもなりました。10年後には100周年を迎える叡山電鉄、これから紅葉の季節となりますので、多くの観光客が訪れることになるでしょう。

2015.10.05

0152.【叡電】ローレル賞受賞記念乗車券

さて、乗り物ものニュース様の「今日は何の日」記事ですが、昨日はこんな記事が掲載されておりました。こちらについてもアイテムを紹介いたします。
 
======================
 名称   :ローレル賞受賞記念乗車券
 発行社局:叡山電鉄
 発売日  :1998年9月19日
 値段   :670円
 購入箇所:鉄道フェスティバル会場(日比谷公園)
 シリアルNo.:
======================
 
Dscn1098
 
叡山電鉄は、京都市内の出町柳駅から八瀬比叡山口を結ぶ叡山本線と途中の宝ヶ池で分岐して鞍馬に向かう鞍馬線の運営を行っています。出町柳駅で京阪電鉄と接続しており、京阪グループに属している企業になり、叡電という愛称で親しまれています。
 
さて、ここに紹介しましたアイテムは、1998年に叡山電鉄の900形車両が鉄道友の会よりローレル賞を受賞したことを記念して発売されたアイテムになります。叡電900形とは「きらら」という愛称がついた観光電車で、大きな窓とこの列車は鞍馬線に直通する列車で運転されますので出町柳の市街地から鞍馬に向かって急こう配と山間部の深い山間に入っていく車窓が楽しめる車両となっています。
 
このアイテムは、後年に日比谷公園で開催された鉄道フェスティバル会場において、京阪ブースで発売していたのを見かけまして購入したものです。
 
秋になりました。叡山電鉄鞍馬線は紅葉の名所として知られ、これから多くの人が訪れることになります。その分大変な混雑になりますが、「きらら」でぜひ今年の色づく京都・鞍馬を訪れてみるのもよいのかもしれません。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter