カテゴリー「発行社局:京阪」の12件の記事

2017.10.25

1142.【京阪】水の上の新都心へ 中之島線開業・京都3駅 駅名変更 スルッとKANSAI K CARD

京阪電鉄の大阪の「水の上の新都心」といわれた中之島へ向かう中之島線が本年で開業から9年が過ぎました。弊ブログでは以前、開業記念入場券を公開しておりますが、同時にスルッとKANSAIカードの発売もありましたので公開いたします。
 
================================
 名称   :水の上の新都心へ 中之島線開業 スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2008年10月--日
 値段   :マルチ券(額面1,000円)
 購入箇所:中之島駅
================================
 
Img_1187
 
中之島線開業に合わせて発売されたスルッとKANSAI K CARDになります。中之島線の路線図とこの時から運転を開始した3000系をあしらいました。
このカードは京阪線各駅の券売機で発売され、自分は1,000円券で購入しました。
 
中之島線開業と同時に京都市内においては、駅名を変更した駅が3駅あります。これに伴うカードの発売もありました。
 
==========================
 名称   :京都3駅 駅名変更 スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2008年10月--日
 値段   :マルチ券(額面1,000円)
 購入箇所:祇園四条駅
==========================
 
Img_1188
 
この日、五条は清水五条駅に、四条は祇園四条に、丸太町は神宮丸太町と京都市営地下鉄と同駅名であった駅をそれぞれ駅付近にある観光名所の名前を取り入れた駅名に変更しました。このカードも京阪線各駅の券売機でマルチ券として発売されました。
 
早いもので中之島線開業と3000系デビュー、京都市内3駅の駅名変更から9年、来年で10年を迎えます。中之島線開業時に設定された快速急行は今では本数を減らし、3000系も中之島線ではなく8000系と混じって特急運用に就くことが多く、また京都~大阪をノンストップで運転される快速特急「洛楽」にも使用されているようで、最近前面が変更され特急運行時には鳩の特急マークが表示されるようになったとのことです。
 
すでに9年が過ぎ、その後も変化がある京阪電鉄になります。

1141.【京阪】鉄道の日 K CARD

京阪電鉄においては、鉄道の日において毎年日比谷公園の鉄道フェスティバルにおいては大変人気を集めています。ここで鉄道の日が制定された1994年に発売されましたアイテムが手元にありますので公開いたします。
 
===============
 名称   :鉄道の日 K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :1994年10月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:淀屋橋駅
 シリアルNo.:001875
===============
 
Img_0983
 
1994年の鉄道の日で発売されたアイテムになります。この時代ですとまだスルッとKANSAIは出現しておらず、京阪線の駅の券売機で乗車券を購入できるプリペイドカードとしてK CARDで発売されました。
 
この時、初めて京阪に乗車しましてこのカードにあしらわれている8000系特急に乗車しました。噂にたがわぬ豪華な設備と大阪府内での複々線の走行を堪能しました。
 
この時代も京阪のフラッグシップであった8000系、現在ではダブルデッカー車が連結され外装が変更になり、車内も車端部がロングシートになるとともに京阪特急のシンボルであったテレビはなくなった一方、本年2017年より指定席車「プレミアムカー」の連結が開始されました。
進化を続けている京阪特急になります。


2017.08.23

1057.【京阪】京阪大津線 新塗装車両登場 記念1dayチケット

京都から琵琶湖を結ぶ京阪大津線において、新塗装車両が登場したことからこのような記念きっぷが発売されました。
 
===========================
 名称   :京阪大津線 新塗装車両登場 記念1dayチケット
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2017年8月11日
 値段   :1,400円
 購入箇所:京阪石山駅
 シリアルNo.:
===========================
 
Img_0845
セットの内容 
 
Img_0846
 
Img_0847
 
京阪大津線とは、京都市営地下鉄東西線の御陵から浜大津を結ぶ京津線と、浜大津で接続して石山寺と坂本を結ぶ石山坂本線の総称になります。京津線は京都市営地下鉄東西線に直通運転を行っています。
 
この路線においては、本線系統で実施された新塗装化は行われておらず、京津線用800系はブルーを基調とした独自塗装、石山坂本線用の600系・700系は旧通勤車の緑色の外装が標準で、各種ラッピングや特別塗装車も多くある路線でしたがこの路線でも本線系統の通勤車と同じ外装となった車両が登場することになったことから発売されたものです。内容は大津線用の1日乗車券が2枚セットされており、使用するときは切り取って使用するようになっています。またこの記念きっぷには新塗装車両とともにこの路線の「鉄道むすめ」のキャラクターである「石山ともか」があしらわれ、記念きっぷを購入するとクリアフォルダーも付属してくるという内容になります。
 
さて、この記念きっぷはこの前の日曜日の8月20日に京阪を訪れ入手しました。この日は本線の特急に「プレミアムカー」が登場した日で早速乗車してきましたが、プレミアムカー関連の記念きっぷの発売はなく、大津線でこのような記念きっぷが発売されていたということで入手したものになります。
 
琵琶湖畔の地域の足として運転されている京阪大津線にも、新塗装化の波が押し寄せてきました。

2017.04.15

0894.【京阪】京阪電鉄10000系デビュー スルッとKANSAI K CARD

今から15年前の2002年、京阪に登場した車両になります。
 
=============================
 名称   :京阪電鉄10000系デビュー スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2002年4月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:京橋駅
 シリアルNo.:0134
=============================
 
Img_0206
 
2002年に京阪に登場した車両は10000系になります。4両編成で登場したこの車両は、主に交野・宇治線といった支線系統用として導入され、外装は新塗装「ターコイズグリーン」になりました。
 
私はデビュー間もなく交野線で乗車しており、この時10000系を使用した臨時急行列車が私市発の本線直通急行として運転されました。
 
その後も支線系統用に増備が進められ1900系や2600系といった車両を置き換え、これら路線においてワンマン運転実施に向けた合理化という目的もありました。しかし「ターコイズグリーン」での活躍は6年ほどで、その後は中之島線開業に合わせて実施された塗装変更により、他の通勤車と同様の外装になりました。
 
そして現在も交野線・宇治線の支線で活躍している10000系になります。

2017.03.10

0781.【京阪】京阪電車旧3000系特急車引退記念 京阪電車・富山地鉄・大井川鐵道 1日フリー乗車券セット

京阪電鉄において、特急車として長きにわたり親しまれた旧3000系、2013年3月に引退しました。これを記念して発売されましたアイテムになります。
 
=====================================
 名称   :京阪電車旧3000系特急車引退記念
         京阪電車・富山地鉄・大井川鐵道 1日フリー乗車券セット
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2013年1月12日
 値段   :大人用5,000円・小児用2,500円
 購入箇所:三条駅
 備考   :富山地方鉄道・大井川鐵道でも発売(台紙は異なる)
       京阪では「さようならテレビカー ありがとう旧3000系特急車 京阪線1日乗車券」
         (京阪電車1日乗車券)単体での発売もあり(大人用・小児用共)
        いずれもシール&スタンプラリーシートが付属
=====================================
 
Dscn4703
大人用セット
 
Dscn4705
小児用セット
 
Dscn4704
台紙裏面(大人用・小児用共同一)
 
京阪旧3000系は、1971年にデビューした特急車でした。特急車として初めて冷房装置を装備し、先代の1900系より受け継いだテレビを車内に設け、以降京阪のフラッグシップを担い京都と大阪を結んで運転されてきました。1989年には後継の8000系が登場すると、3000系は一般車に改造されることなく引退していき、一部車両が富山地方鉄道・大井川鐵道に譲渡されましたが1編成だけは残りその後も運転されてきました。
1995年に編成から外されていた車両を改造し、側面に京都時代祭りの装飾がなされたダブルデッカー車を組み込んだことにより、京阪の看板車両として1編成のみとなってもさらに活躍していきました。
2008年になりますと中之島線開業に伴い、この路線に直通する快速急行用の新型車両が3000系を名乗ることになったことから、1編成残っていた3000系特急車は8000系に編入され、その後も運転されてきました。しかし寄る年波には勝てず、ついに2013年3月10日の運転をもって定期運用から離脱、そして同年3月31日まで数回実施されたラストランイベントをもって引退しました。
 
引退を迎えるに当たり発売されましたアイテムになります。京阪電車の「さようならテレビカー ありがとう旧3000系特急車 京阪線1日乗車券」(京阪線と男山ケーブル線で有効)と旧3000系が譲渡された富山地方鉄道と大井川鐵道の1日乗車券(富山地方鉄道は市内電車を含む全線で有効、大井川鐵道は金谷~千頭間の大井川本線で有効)がセットになった記念乗車券で、大人用・小児用があります。また富山地方鉄道・大井川鐵道においても台紙が異なる仕様でそれぞれ発売されました。さらに京阪においては、京阪電車の「さようならテレビカー ありがとう旧3000系特急車 京阪線1日乗車券」の単体の発売も大人用・小児用と発売されました。
これら記念きっぷを購入しますと、引退記念イベントとして「旧3000系特急車 想い出の停車駅めぐり シール&スタンプラリー」が開催され、これに参加するためのシール&スタンプラリーシートがついてきました。
 
Dscn4706
旧3000系特急車 想い出の停車駅めぐり シール&スタンプラリーシート
 
シール&スタンプラリーシートは、京阪の特急停車駅6駅を巡ると駅においてスタンプを押印しあわせてシールがもらえ、全駅揃えるとプレミアムカードがもらえるもので、更にプレミアムカードの裏面に当たりがついておりそれにより引退記念のラストランイベントに参加できるというものでした。また富山地方鉄道・大井川鐵道も参加しており、富山地方鉄道では電鉄富山駅と宇奈月温泉駅、大井川鐵道では新金谷駅前プラザロコと千頭駅でスタンプを押印すると、それぞれのプレミアムカードがもらえるという企画で、この記念きっぷは事前に購入しましたが、その後こちらのイベントに参加して、京阪・富山地鉄・大井川とそれぞれのプレミアムカードを入手しました。特に大井川鐵道はこのイベントに参加したことにより、初めて乗車することができた路線で、その際往路はSL、復路は京阪3000系の譲渡車に乗車できたという思い出があります。
 
引退後の旧3000系ですが、譲渡された車両以外では、京阪本線の樟葉駅前のショッピングセンター内で先頭車が1両保存されています。合わせてちょっとした京阪の資料館的な施設にもなっています。
 
ということで、長きにわたり京阪のフラッグシップを担い活躍した旧3000系特急車、私も何度かこの車両を追って京阪線で特に複々線の野江や森小路・千林・大和田といったところで撮影し、乗車した思い出があります。この車両が営業運転を終了して4年という年月が流れました。

2016.08.25

0579.【京阪】「さようなら、ありがとう。」1900系 スルッとKANSAI K CARD

特急車として登場した京阪1900系、通勤車に格下げとなってもなお運行されていましたが、この車両にも終焉の時が来ました。引退を記念して発売されたアイテムを公開いたします。
 
=================================
 名称   :「さようなら、ありがとう。」1900系 スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2008年12月20日
 値段   :5,000円(1,000円券5枚セット)
 購入箇所:祗園四条駅
 シリアルNo.:2778
=================================
 
Dscn3627
 
Dscn3628
 
Dscn3629
 
Dscn3630
  
1963年の淀屋橋延伸に合わせて特急用車両として登場した1900系、その後後継車両が登場して通勤車に格下げとなっても運転を続けていましたが、2008年10月の中之島線開業の前日をもって定期運用は終了となりました。私もこの時に京阪を訪れております。それから2か月が過ぎて1900系のさよなら運転が行われることになり発売された記念カードになります。人気があったことなどを勘案しまして前日に京都に行き早朝に祇園四条駅に向かい入手することができました。その後は都合があったものですぐ帰りましたが、この日は最後の1900系の最後の走行シーンを収めようと大変多くの方が沿線に訪れたそうです。
 
実に50年以上にもわたり、時代に合わせてスタイルを変えながらも走り続けた京阪1900系はこれで引退となりました。残念ながらすべての車両が解体されてしまったようですが、京阪の一時期のフラッグシップを担い多くの方に思い出を残した車両でありました。

0578.【京阪】2006鉄道の日記念 京阪電車1900系50周年 スルッとKANSAI K CARD

京都と大阪を颯爽と走り抜けた車両のデビュー50周年という佳節に発売されましたアイテムになります。
 
====================================
 名称   :2006鉄道の日記念 京阪電車1900系50周年 スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2006年10月--日
 値段   :3,000円(1,000円券3枚セット)
 購入箇所:枚方市駅
 シリアルNo.:2710
====================================
 
Dscn3623
 
Dscn3625
 
Dscn3626
 
京都と大阪を結ぶ京阪電鉄、1956年に特急用車両として1810系が登場、その後1963年に1900系が登場しますと1810系として製造された車両も改番の上1900系に編入されました。その後後継の特急車が登場しますと通勤車に格下げとなり、車体更新・冷房改造などの改造が実施されました。そして1900系のうち1810系として誕生した車両が50周年を迎えることになったことから、この年の鉄道の日シーズンに記念スルッとKANSAIカードとして発売されたものになります。
 
この時点で京阪1900系は2編成にまで数を減らしていましたが、このうち50周年を迎えた車両を組み込んでいた編成について、当時の特急色が再現されました。この編成を見にこの当時京阪を訪れたのですが、当該編成は車両基地に留置中で運用には入っていませんでしたが、もう1編成通勤車塗装になっていた編成が支線ではなく本線の天満橋~萱島の区間急行の運用に就いていたことから、この列車に乗車、複々線である京橋→守口市においては優等列車が走行するA線走行で往年の走りを体感したという思い出があります。
 
このカードも発売から本年で10年になりました。関西私鉄・地下鉄・バスなどで広く使用できたスルッとKANSAIカードも、先日サービスを終了するという報道がなされました。時代が移り変わろうとしています。

2015.12.25

0254.【京阪】ダブルデッカー車デビュー10周年 スルッとKANSAI K CARD

今から20年前の1995年のクリスマスの日、京阪電鉄では特急列車にダブルデッカー車の連結を開始しました。それから10年が過ぎた2005年に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=================================
 名称   :ダブルデッカー車デビュー10周年 スルッとKANSAI K CARD
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2005年10月--日
 値段   :3,000円(1,000円券3枚セット)
 購入箇所:鉄道フェスティバル会場(日比谷公園)
 シリアルNo.:0071
=================================
 
Dscn1726
 
Dscn1727
 
Dscn1729
 
Dscn1732
 
1995年12月25日より連結が開始された京阪特急のダブルデッカー車、まず連結されたのはこの当時1編成が残っていた旧3000系に組み込まれました。ダブルデッカー車は自社の工場で改造したという京阪電鉄の高い技術力をもって登場した車両になります。また車体には京都の時代祭行列絵図があしらわれました。
ダブルデッカー車は大変好評であったことから、特急車として主力となった8000系に増結する形で全編成に組み込まれました。
 
このアイテムは、ダブルデッカー車の運転開始10周年を記念して2005年の鉄道の日時期に発売されたスルッとKANSAIカードになります。旧3000系・8000系のダブルデッカー車と、離合する8000系・3000系があしらわれたカード3枚セットで発売され、私はこの時期恒例の日比谷公園鉄道フェスティバルに出店していた京阪ブースにて入手しました。
 
このアイテム発売から10年、ダブルデッカー車のデビューから2015年のクリスマスで20年が過ぎました。旧3000系は全車引退しましたが、ダブルデッカー車は富山地方鉄道に譲渡され、すでに譲渡されていた京阪旧3000系で京阪時代の外装が再現された編成の中間に組み込まれ「ダブルデッカーエキスプレス」として運転されています。また、8000系についても外装が全編成で変更になり、8000系からは時代祭行列絵図は姿を消しました。
 
テレビカーに代わる京阪特急の新たな名物となったダブルデッカー車、今後京阪では座席指定車の導入が行われるということで、京阪電鉄のフラッグシップを担い京都と大阪を結ぶ特急列車として、進化は続いていくようです。

2015.11.15

0198.【京阪】京阪電車3000系「ローレル賞」・「グッドデザイン賞」W受賞記念入場券

2008年10月、中之島線開通に合わせてデビューした京阪3000系、そのデザイン性などが評価され、翌2009年にグッドデザイン賞と鉄道友の会から贈られる「ローレル賞」を受賞しました。
 
===================================
 名称   :京阪電車3000系「ローレル賞」・「グッドデザイン賞」W受賞記念入場券
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2009年11月14日
 値段   :600円
 購入箇所:丹波橋駅
 シリアルNo.:
===================================
 
Dscn1340
 
Dscn1341
 
Dscn1342
 
Dscn1343
 
Dscn1344
 
2009年のローレル賞及びグッドデザイン賞を受賞したことにより発行されたアイテム、3000系の形状をした冊子状のアイテムで中之島線4駅の入場券が綴られています。またこの車両の座席に採用された布地も添付されています。
グッドデザイン賞については、3000系車両の他中之島線各駅も受賞したことから、この点についても記載があります。
 
このアイテムを購入しに、前日の夜行高速バスで京都に向かいまして、その後すぐに戻ることを考慮しまして丹波橋駅で並んで購入した思い出があります。もう6年が過ぎました。
 
中之島線が開通して今年2015年で7年が過ぎました。その後行われたダイヤ改正で、中之島に向かう快速急行はごく限られた時間帯のみの運転となったようで、現在3000系は8000系に交じって出町柳~淀屋橋の特急として運転されています。一方で中之島線は利用が思ったほど伸びていないようで、昼間時間帯は普通列車と区間急行が乗り入れるのみという状況になったようです。
 
そのデザイン性が評価され勲章を得た京阪3000系、その活躍はまだ始まったばかりなのかもしれません。

2015.10.19

0175.【京阪】中之島線開業記念・京都三駅駅名変更記念入場券

今から7年前の2008年10月19日、京阪電鉄は社運を賭けた新路線が開業しました。
 
============================
 名称   :中之島線開業記念・京都三駅駅名変更記念入場券
 発行社局:京阪電気鉄道
 発売日  :2008年10月19日
 値段   :1,050円
 購入箇所:淀屋橋駅
 シリアルNo.:2514
============================
  
Dscn1201
 
Dscn1202
 
Dscn1204
 
今から7年前の2008年10月19日は、京阪電鉄の中之島線が開業した日になります。本線の天満橋駅から大阪の「水の上の新都心」となった中之島への新路線になります。開業に合わせて発売された記念入場券になります。
 
このアイテムは開業した中之島線の4駅(中之島、渡辺橋、大江橋、なにわ橋)と、同日京都市内で駅名を変更した3駅(清水五条、祇園四条、神宮丸太町)の硬券入場券がセットされ、台紙にはそれぞれに駅周辺の紹介が掲載されているほか、この新路線開通に合わせて京阪では車両の塗装を変更することになり、その紹介も掲載されています。
 
京阪中之島線は、開通日の前日に京阪を訪れ開通前の様子を撮影するとともに、当日は朝早くから天満橋より中之島行きの列車に乗車し、中之島到着後は折り返して大江橋まで乗車、ここで降りて至近にある淀屋橋駅で並んでこの記念入場券を購入しました。その後は開通当日の京阪の様子を撮影後、再び中之島に向かいこの日より運転開始した3000系の快速急行に乗車しました。
 
いろいろな点で社運をかけて開業させた京阪中之島線、その後利用が思ったほど伸びていないようで、設定された快速急行は減少し、昼間時間帯は普通列車と区間急行が乗り入れるのみという状況になったようです。けれどもこれまで不便であった中之島へ開通した新線に合わせて再開発も行われているようで、今後どのように発展していくのか、注目してみる必要がありそうです。

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter