カテゴリー「発行社局:相鉄」の27件の記事

2020.11.29

1354.【相鉄】羽沢横浜国大駅開業1周年記念入場券

東京進出を果たした相鉄、あれから1年が経ちました。

 

========================
 名称   :羽沢横浜国大駅開業1周年記念入場券
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2020年11月29日
 値段   :700円
 購入箇所:羽沢横浜国大駅
 シリアルNo.:0584
========================

 

Img_2790

 

Img_2792

 

Img_2791

 

昨年2019年11月、宿願であった東京進出が実現した相鉄、JR線に直通する新路線が開業し、その分岐駅として新駅「羽沢横浜国大」駅が開業しました。それから1周年を迎えるにあたり発売されました記念入場券になります。羽沢横浜国大駅及びJR線直通用車両である12000系をあしらった台紙及びD型硬券による入場券5枚がセットされています。羽沢横浜国大駅でのみ発売されましたが、大勢の人が集まり開始時刻を早めて発売されました。

 

JR線に直通する相鉄12000系、この開業により新宿駅や渋谷駅などで相鉄12000系を見ることになりました。一方でJRからは埼京線用のE233系が相鉄に乗り入れています。

 

直通運転開始から1年、当初の見込みより利用が少ないという報道がありましたが、首都圏の鉄道ネットワークに新たな変化を起こした相鉄・JR直通運転、今後はここから新横浜まで延伸して東急線との直通も2022年度より開始されるとされており、さらなる発展が期待できる羽沢横浜国大駅周辺になります。

2020.11.07

1353.【相鉄】相鉄新7000系引退記念入場券

昨年2019年11月、JR線に乗り入れ東京進出を果たした相鉄、その後この形式が姿を消すことになりました。

 

======================
 名称   :相鉄新7000系引退記念入場券
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2020年11月7日
 値段   :1,200円
 購入箇所:ゆめが丘駅特設販売会場
 シリアルNo.:0985
======================

 

Img_2787

 

Img_2788

 

Img_2789_20201107205301

 

相鉄において終焉を迎えることになった車両は新7000系になります。1975年に登場した7000系車両の増備車ではありますが、1986年入線の車両からは外観を変更したことから新7000系と呼ばれ運転を開始しました。前面がブラックフェイスになり、相鉄の頭文字Sをデザインした赤のラインを前面と側面に配した外観となりました。1988年に導入された車両はVVVFインバータ制御となる変更があり、昭和の終わりの時代から今日まで相鉄線で活躍しました。2007年から始まったCIに伴い外装をグレーをベースにした青と黄色のラインに変更され今日まで運行されてきました。しかし近年「YOKOHAMA NAVE BLUE」をまとった新型車両が登場するに及び、また寄る年波もあり姿を消していきました。そして20000系の増備により最後の編成が引退することになり、本日事前申込制の撮影会イベントがかしわ台車両基地で開催され、合わせてゆめが丘駅において特設販売会場が設けられその場所で、キーホルダーや缶バッジなどのグッズと合わせて発売されました記念入場券になります。新7000系活躍の日々をあしらった相鉄主要駅のD型硬券入場券が台紙にセットされています。自分は発売開始の8:00に合わせてゆめが丘駅に向かいましたが、この時点で大変長い列になっており、2時間半ほど並んで入手することができました。

 

新7000系が導入された時期は、いずみ野線がいずみ野からいずみ中央まで延伸という出来事があり、相鉄が発展していったという時代でした。その時期から今日まで相鉄の通勤・通学輸送で活躍した新7000系、7000系の引退から1年ほどでこの車両も姿を消すことになり、またひとつ相鉄における時代の変化点となりました。

2019.11.30

1315.【相鉄】羽沢横浜国大駅開業記念全駅入場券セット

相鉄の東京進出、そして未来へつながる路線が開業しました。

 

===========================
 名称   :羽沢横浜国大駅開業記念全駅入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2019年11月30日
 値段   :4,450円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0210
===========================

 

Img_2520

 

Img_2521

 

Img_2522

 

本日、相鉄本線の西谷からJR線に接続する新路線が開業しました。この間に羽沢横浜国大駅が開業、ここからJR線への相互直通運転が開始され、主に新宿~海老名まで羽沢横浜国大経由で運転を開始、相鉄からは本年登場した新型車12000系がJR線へ、そしてJR埼京線のE233系が相鉄線に乗り入れを開始しました。この開業に合わせて相鉄では大規模なダイヤ改正が行われました。

 

新設された羽沢横浜国大駅開業を記念して発売されました記念入場券セットになります。12000系や羽沢横浜国大駅をあしらったD型硬券入場券4枚と相鉄全駅のB型硬券入場券26枚がセットされています。私は早朝に横浜駅に向かい入手しましたが、開業した羽沢横浜国大駅には大変多くの方が訪れ盛況であったようです。

 

相鉄の長年の夢であった東京進出、本日まずJR線に直通で実現しました。今後は2022年度末に羽沢横浜国大から新横浜への路線が建設中で、完成すると新横浜から東急線に乗り入れ東京都心へ直通も行われることになっています。

首都圏の鉄道網の変革となる相鉄・JRの直通運転、新たな歴史の扉が開かれました。

2019.10.14

1306.【相鉄】相鉄7000系ラストラン 記念入場券セット

いよいよ東京へ進出する相鉄、新塗装「YOKOHAMA NAVE BLUE」をまとった車両も登場し時代が変わりつつあります。この流れの中で引退を迎える車両があります。相鉄の通勤・通学輸送に貢献した車両になります。

 

===========================
 名称   :相鉄7000系ラストラン 記念入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2019年10月14日
 値段   :1,200円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0833
===========================

 

Img_2400

 

Img_2401

 

相鉄において終焉を迎えることになった車両は7000系になります。1975年に登場し1985年まで製造された車両で、アルミ車体に赤のアクセントカラーの帯、車内はロングシートですが側窓に自動開閉機構を装備した相鉄の代表的な車両として活躍してきました。2007年から始まったCIに伴う外装変更について7000系は対象外となったことから、新ロゴがつけられただけでアルミ地肌に赤の帯のままで今日まで運行されてきました。東京進出にむけ「YOKOHAMA NAVE BLUE」をまとった新型車両が登場するに及び、また寄る年波もあり姿を消していきました。そして東京へ向けてJRとの直通線の開通を前に引退を迎えることになり、本日相模大塚駅構内で都心直通用新型車両12000系と並べての7000系撮影会が開催されました。そのイベント開催に合わせて発売されました記念入場券になります。7000系活躍の日々をあしらった相鉄主要駅のD型硬券入場券が台紙にセットされています。自分は横浜駅で入手し、撮影会には参加しませんでしたが、この会場内でも発売されました。

 

7000系が活躍した期間は、いずみ野線の開通など相鉄が大きく発展した時期であり、輸送人員も大幅に増えていきました。その時期に相鉄の通勤・通学輸送の主力として活躍した7000系、相鉄の新たな時代の到来という時期に引退となりました。

2019.09.28

1298.【相鉄】相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券セット

いよいよ東京へ進出する相鉄、そのシンボルとなる車両が本年鉄道友の会より「ローレル賞」が贈られました。

 

=====================================
 名称   :相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2019年9月28日
 値段   :1,200円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0062
=====================================

 

Img_2343

 

Img_2345

 

Img_2344

 

前年に営業運転を開始し、特に優れた車両に鉄道友の会より送られる「ローレル賞」、2019年受賞車両となった相鉄20000系の記念入場券になります。創業から100年以上の歴史を誇る相鉄において、初のローレル賞受賞となります。

 相鉄20000系は2022年度に予定されている東急線との直通運転用に登場した車両で、2018年2月より運転を開始しました。相鉄の新デザイン「YOKOHAMA NAVE BLUE」をまとい、車内もユニバーサルデザインを採用したロングシートなどの特色があり、創立100周年を迎えた相鉄のデザイン戦略へ明確なコンセプトを示したことが評価されました。

 

ローレル賞受賞を記念してこのような20000系の写真をあしらった相鉄主要駅のD型硬券入場券がセットされています。

 

相鉄では2019年11月30日にまず、西谷~羽沢横浜国大間が開通し、羽沢横浜国大からJR線に直通運転を開始します。JR線への直通運転は本年登場した12000系が使用されますので、20000系は当面は1編成のみで相鉄線内のみの運転となりますが、2022年度に羽沢横浜国大~新横浜間が開通し、同時にここまで建設されている東急新横浜線と直通運転を行い、この20000系が東急線経由で東京都心へ乗り入れます。

 

創立100年を過ぎて、都心直通にむけて変わり始めている相鉄、そのシンボルとなる車両が得た勲章になります。

2019.04.13

1283.【相鉄】12000系デビュー記念入場券セット

相鉄の東京進出に向けて、まもなくデビューします。
 
=====================
 名称   :12000系デビュー記念入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2019年4月13日
 値段   :1,200円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0550
=====================
 

Img_2129

 

Img_2131

 

相鉄では、東京直通にむけて西谷からJR線及び東急線に接続する新線を建設中です。この路線は西谷からJR東海道貨物線横浜羽沢貨物駅付近にできる羽沢横浜国大駅を経由して新横浜を結ぶ路線で、新横浜から先は東急目黒線が日吉から延伸して接続する路線となります。JR線へは羽沢横浜国大駅からJR線に直通し東京方面にむかうという路線になります。本年中に西谷~羽沢横浜国大間が開通し、JR線と直通運転を開始するため、その対応車両として登場したのが12000系になります。
 
相鉄12000系はJR線へ直通用車両として製造され、仕様は外装こそ「YOKOHAMA NAVE BLUE」をまっていますが総合車両製作所製のステンレス車体「sustina」を採用し、前面は能面の獅子口をイメージ、システム関連ではJR東日本のE233系と同等となっています。
 
本日より発売された記念入場券になります。12000系があしらわれた相鉄主要駅8駅のD型硬券入場券が、主要諸元表などを記載した台紙にセットされています。
 
記念入場券発売開始にあわせて、本日は相模大塚駅構内において12000系の展示会が開催されました。会場でもこの記念入場券は300部限定で発売されましたが、会場では早い時間で完売となったようです。自分は当日の午前中に横浜駅で入手しましたが、結構完売は早かったようです。
 
相鉄の東京進出にむけてデビューする新型車両12000系は、2019年4月20日より営業運転を開始します。そして、この車両が本領を発揮する相鉄・JR直通運転は2019年11月30日より開始されることになっており、JR線方面の行き先は発表されているリリースを読む限り新宿方面へ湘南新宿ラインの経路で運転されるようです。
 
まもなく平成の時代が終わります。おそらく平成最後の新型車両となるであろう相鉄12000系、そして本年11月の相鉄・JR直通線の開通で、この車両がJR新宿駅へやってきます。相鉄の東京進出がいよいよ始まろうとしています。

2018.02.10

1232.【相鉄】20000系デビュー記念入場券セット

相鉄の未来を拓く新型車両、デビューを迎えます。
 
=====================
 名称   :20000系デビュー記念入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2018年2月10日
 値段   :1,200円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0377
=====================
 
Img_1555
 
Img_1559

 
間もなくデビューを迎える相鉄の新型車両20000系、この車両は2022年より実施される予定の東急線との直通用車両になります。9000系以来のアルミ製車体に相鉄の新デザイン「YOKOHAMA NAVE BLUE」をまといました。車内もユニバーサルデザインを採用したロングシートと、かつての相鉄車両の車内にあった「鏡」が復活するといった、都心へ直通する相鉄のアイデンティティを示す車両にもなっています。
 
本日より発売された記念入場券になります。20000系があしらわれた相鉄主要駅8駅のD型硬券入場券が、主要諸元表などを記載した台紙にセットされています。また、購入に際して相鉄では毎回相鉄のロゴであったりイメージキャラクターが印刷されたビニール袋に入れて渡されるのですが、この記念入場券においてはその袋も専用のものになりました。
 
Img_1554
記念入場券セット用のビニール袋(左)

 
記念入場券発売開始にあわせて、本日は相模大塚駅構内において20000系の展示会が開催されました。会場でもこの記念入場券は300部限定で発売されましたが、会場では早い時間で完売となったようです。自分は当日の朝に横浜駅で入手しました。
 
都心直通車両として相鉄のアイデンティティを表現した新型車両20000系は、明日2018年2月11日より営業運転を開始します。昨年で創立100周年を迎えた相鉄が向かう未来にむけて走り始めます。

2017.12.18

1223.【相鉄】相模鉄道株式会社創立100周年記念入場券セット

本日相模鉄道は創立から100周年を迎えました。これに合わせて発売されたアイテムになります。
 
===========================
 名称   :相模鉄道株式会社創立100周年記念入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2017年12月18日
 値段   :3,750円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0017
===========================
 
Img_1497
 
Img_1498

 
創立100周年を記念して発売された記念入場券セットになります。クロス貼りで装丁されたケースに新旧車両をあしらった相鉄全駅のD型硬券入場券と、100年の歴史の中で廃止あるいは改名となった駅の複製券がセットになり、またかつて神中鉄道と呼ばれていた時代の路線図と時刻表の復刻版がセットされました。
 
Img_1500
付属した復刻版の神中鉄道路線図と時刻表

 
相模鉄道の歴史を紐解きますと今から100年前の12月18日に設立された相模鉄道と、同年に設立された神中鉄道がもとになります。現在の相鉄線となっているのは神中鉄道により開業した路線で、1926年に厚木~二俣川間を開業し、その後延伸し1933年に横浜まで開通しました。1943年に相模鉄道は神中鉄道を吸収合併しますが、1944年に当時の相模鉄道により開業した茅ケ崎~橋本間は国有化され現在のJR相模線となり、残された旧神中鉄道の路線で戦後を迎えました。
電化は進められていましたが、車両は中古車により運転されていた中、1955年に初の新造車かつ高性能車として5000系(初代)が登場、その後は沿線開発が進み急速に輸送人員も伸びてきました。一方で横浜駅西口の開発においても中心的な役割を果たしました。1970年代以降にいずみ野線が開通し、関連事業も大きく成長し発展してきた中で1990年代には大手私鉄に数えられる企業に成長しました。
 
創立100周年の記念日となった本日に発売された記念入場券、私は朝早くに横浜駅で購入しました。装丁された豪華な台紙はもとより結構な大きさで、購入時には紙製のケースに入れられておりました。
 
Img_1501
このようにケースに入れられていた

 
創立100周年を迎えた相鉄ですが、これに合わせて横浜駅西口にある高島屋デパートでは「大相鉄展」として相鉄の歴史を振り返る催しが行われ、自分も行ってみましたが盛況で地元地域に密着した私鉄であることを感じさせました。
 
これから次の100年への歴史が始まりますが、数年後にはJR・東急に乗り入れて東京都心直通に向けて西谷から東海道貨物線に接続する羽沢横浜国大までの区間が建設中で、開業は当初予定よりも遅れていますが、JR乗り入れが2019年度末・東急乗り入れが2022年度末とされています。また本線の星川駅付近の連続高架化も進められており、こちらも2018年度末完成の予定とのことです。さらに都心直通に向けて新型車両となる20000系が入線しており試運転が行われています。当初は今月中に営業運転開始とされており、創立100周年に合わせてのデビューを見込んでいたようでしたが、こちらは来年にもデビューの予定だそうです。(ちなみにこの記念入場券セットの横浜駅の入場券に20000系があしらわれています。)
  
幾多の困難を乗り越え本日創立100周年を迎えた相模鉄道、さらに未来に向けてまた変わりつつあるようです。

1222.【相鉄】創立90周年記念乗車券・記念入場券セット

本日で、相模鉄道は創立記念日を迎えました。今から10年前の2007年に90周年を迎えた際に発売されましたアイテムを公開いたします。
 
まずは記念乗車券になります。
 
=============================
 名称   :創立90周年記念乗車券
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2007年12月1日
 値段   :140円(本線の駅の値段・いずみ野線の駅では異なる)
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0242
=============================
 
Img_1461
 
Img_1464
 
2007年の創立90周年記念で発売された記念乗車券です。発売駅の初乗り運賃の乗車券として短冊型単体で発売され、図柄は開業時のSLとこの当時の最新型車である10000系をあしらった図柄になります。このデザインは1967年に創立50周年記念で発売された記念乗車券をこの時代にアレンジしたもので、この記念乗車券の裏面には1967年に発売された50周年記念乗車券があしらわれているというスタイルになります。
 
90周年の時は同じ日に記念入場券の発売もありました。
 
=======================
 名称   :相模鉄道創立90周年記念入場券セット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2007年12月1日
 値段   :3,500円
 購入箇所:横浜駅
 シリアルNo.:0118
=======================
 
Img_1468
 
Img_1469

 
記念入場券は、相鉄歴代の車両のイラストをあしらったD型硬券による相鉄全駅の入場券がセットされ、オリジナルカードが付属したフォルダに収められているという豪華仕様になりまし。
また年末時期ですので、この記念入場券セットには2008年の相鉄オリジナル卓上カレンダーも付属しました。
 
Img_1490
記念入場券セットに付属した卓上カレンダー

 
これらアイテム発売から10年が過ぎ、本日で創立100周年を迎えた相鉄になります。

1221.【相鉄】85周年パスネット

本日12月18日は、相模鉄道が設立された日です。1917年に設立され本年2017年で100周年という佳節を迎えました。今から15年前の2002年に85周年で発売されましたアイテムをまずは公開いたします。
 
==============
 名称   :85周年パスネット
 発行社局:相模鉄道
 発売日  :2002年12月--日
 値段   :1,000円
 購入箇所:
 シリアルNo.:
==============
 
Img_1470
 
創立85周年を記念して発売された当時関東私鉄・地下鉄共通乗車カードで発売していたパスネットになります。この年にデビューした10000系をあしらいました。
 
10000系については、全編成外装が変更されておりますので、この時代のオリジナルの姿があしらわれているということに注目したいアイテムであるかと思います。

より以前の記事一覧

カテゴリー