カテゴリー「発行社局:(未分類)」の56件の記事

2018.08.06

1259.【関西電力】トロバスラストイヤー記念乗車券

富山県の立山から長野県大町を結ぶ観光ルート「立山黒部アルペンルート」、標高2000m以上の山岳地域や黒部ダムを経由して多彩な乗り物を乗り継いで巡る人気のコースになっています。このルートにある、我が国では希少な乗り物が本年2018年の運行をもって終了となることから、記念アイテムが発売されました。
 
=================================
 名称   :トロバスラストイヤー記念乗車券
 発行社局:関西電力
 発売日  :100型デザイン 2018年4月--日~6月30日
        200型デザイン 2018年6月12日~8月31日(予定)
        300型デザイン 2018年9月1日~11月30日(予定) 
 値段   :通常乗車券と同一(参考 扇沢⇔黒部ダム大人往復 2,570円)
 購入箇所:
 シリアルNo.:
 備考   :台紙付きレプリカ券2枚セットも発売
=================================
 
Img_1851
 
Img_1852
画像は台紙付きレプリカ券2枚セットに、乗車券として発券された記念券をセットした状態
 
立山黒部アルペンルートを形成する乗り物の一つである「関電トンネルトロリーバス」、長野県大町市にある扇沢から富山県に入って黒部ダムの区間を関西電力直営で運営を行っているトロリーバスになります。トロバスと呼ばれ親しまれています。トロリーバスとは通常のバスと同じように見えますが、屋根上に集電用のトロリーポールがあり架線から電気を供給してモーターで走行する乗り物になります。我が国では法律上「無軌条電車」と呼ばれ鉄道・電車に分類される乗り物になります。国内ではかつて東京や横浜・名古屋・京都・大阪などの大都市の路上で運行を行っていた時代がありましたが姿を消して久しく、現在では立山黒部アルペンルートにおいて関電トンネルトロリーバスと立山黒部貫光が富山県内で室堂~大観峰間の立山トンネル内で運行を行っている立山トンネルトロリーバスの2路線のみとなり、いずれも立山黒部アルペンルートにしか存在していない希少な乗り物になっています。
 
関西電力が直営で運営を行っている関電トンネルトロリーバス、この路線の大部分は関電トンネルを走行しています。このトンネルは戦後、関西地域における電力需要の高まりを受け黒部川の奥地に黒部川第四発電所を建設することになり、人が容易に近づくことができない険しい山岳地帯の秘境において、まずはその資材運搬のため長野県の大町側から1956年に着工されました。順調に進んでいたかのように見えたトンネルでしたが、約1.7キロほど掘り進んだところで大量の地下水と土砂が噴出した破砕帯に遭遇、この区間を越えるために7か月を要したという難工事となりました。トンネルは1958年に完成、その後このトンネルを通って資材の搬入が行われ黒部川第四発電所と黒部ダムが完成、関西地域の急増した電力需要に応えることができるようになりました。トンネルから始まるこれら一連の工事は「黒四」と呼ばれ、後に映画化されまたテレビ番組のドキュメンタリーも制作されるなど、世紀の大事業として今日でもその偉業は語り継がれているところであります。
 
工事完成後、黒部ダムへの観光輸送のため関西電力直営で運行を開始したのがトロリーバスになります。環境保護のため排気ガスを排出しないトロリーバスを選択し1964年に開業しました。開業時の車両は100型、1969年に増備車として改良された200型、これら車両の置き換えのため1993年から今日まで運転されてきた300型と代替わりしてきました。しかしVVVFインバータ制御を搭載した300型も四半世紀が過ぎ置き換えとなったことから、関西電力では本年2018年のシーズンの運行を最後にトロリーバスを終了し、2019年の運行からは充電式のバッテリーで走行する「電気バス」に取り換えられることになりました。本年2018年は「トロバスラストイヤー」としてキャンペーンが行われました。
 
そのキャンペーンの一つとして発売されたのが、ここに公開しました記念乗車券になります。通常発売の乗車券ですが、ラストイヤー記念の特別仕様として歴代トロリーバス車両3種類をあしらったデザインで、期間ごとにそのデザインが変わるというものになります。なお、3種類の記念乗車券を揃えたいという向きに際しましては、発売期間外の乗車券デザイン2枚をレプリカ券として台紙をつけて発売されました。私は2018年7月22日に訪れましたので、200型デザインの記念乗車券とレプリカ券は100型・300型のセットとなります。この日は扇沢から黒部ダムを越えケーブルカー・ロープウェイ・立山トンネルトロリーバス・高原バス・立山ケーブルカーを乗り継いて富山地方鉄道の立山駅まで立山黒部アルペンルートを走破する乗車券が200型デザインの記念乗車券で発券されましたので、帰宅後レプリカ券セットの台紙にセットして3種類の乗車券をコンプリートしたことになりました。2018年のトロリーバスラストイヤーの年に、関電トンネルトロリーバスとともに立山黒部アルペンルートを訪れたという記念になりました。
 
関西電力が社運をかけ多くの人々の努力と英知をもって完成した「黒四」・関電トンネル、このトンネルを走行する我が国で希少になったトロリーバス、2018年のシーズンになります。

2018.01.31

1233.【肥薩おれんじ鉄道】水俣駅リニューアル記念

肥薩おれんじ鉄道線の主要駅の一つ、リニューアルが行われた際に発売されましたアイテムも入手できました。
 
=================
 名称   :水俣駅リニューアル記念
 発行社局:肥薩おれんじ鉄道
 発売日  :2017年10月17日
 値段   :300円
 購入箇所:八代駅
 シリアルNo.:0489
=================
 
Img_1527
 
肥薩おれんじ鉄道に転換された区間にある熊本県水俣市の玄関にあたる水俣駅が、2017年に駅舎のリニューアルが行われたのを記念して発売された入場券セットになります。八代駅で入手できました。
 
熊本県南部の都市である水俣ですが、九州新幹線は水俣市街地から離れた肥薩おれんじ鉄道線と隣接する箇所に新水俣駅として開通したことから、この路線が新幹線と水俣市街地を結ぶアクセスという役割も担っています。駅舎リニューアルは、JR九州の各種列車を手掛けた水戸岡 鋭治氏によるものです。
 
新幹線の開業により特急列車が来ることはなくなりましたが、地域の玄関としてリニューアルされた水俣駅になります。


1232.【肥薩おれんじ鉄道】鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道線 開業90周年記念硬券

海沿いの風光明媚な区間、開業から90周年をむかえて発売されていたアイテムになります。
 
==============================
 名称   :鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道線 開業90周年記念硬券
 発行社局:肥薩おれんじ鉄道
 発売日  :2017年10月17日
 値段   :500円
 購入箇所:八代駅
 シリアルNo.:0049
==============================
 
Img_1525
 
九州の主要幹線である鹿児島本線、当初は熊本県の八代からは球磨川沿いを進み人吉・吉松・隼人を経由して鹿児島に到達しました。しかしこの区間は途中に山岳地帯を越えるため急勾配が多く、ネックとなったことから八代から東シナ海沿いの海岸沿いを進むルートの建設が進められました。そして1927年10月17日に、湯浦~水俣間が開通したことにより、鹿児島本線は水俣・出水・川内経由のルートになり、以前の人吉・吉松・隼人経由のルートは肥薩線と改称されました。
 
この開業から90周年を迎えて発売されましたアイテムになります。
九州の幹線であった鹿児島本線でしたが、2004年3月13日に九州新幹線が開業したことから八代~川内間はJRから切り離され、第三セクター会社「肥薩おれんじ鉄道」で運行されることになりました。現在の肥薩おれんじ鉄道線の区間が全線開業して90周年ということで発売された記念乗車券になります。
 
最後の開通区間となった水俣~湯浦間の片道乗車券が硬券でセットされ、台紙の裏面には肥薩おれんじ鉄道となった区間の開業の歴史が記載されています。
 
かつては、九州の主要幹線として多くの優等列車が行き交った東シナ海沿いの路線、今ではローカルな気動車が運行される路線となり、貨物列車のために電化設備が残されているという路線になっています。
肥薩おれんじ鉄道では、この車窓を売り込むため「おれんじ食堂」という観光列車が運転されています。
 
今回の旅行で、八代から川内まで乗車しました。この区間は新幹線開業前に787系の特急「つばめ」で通ったことがあったところになります。新幹線の開業で利便性は向上し当然早くもなりましたが、東シナ海沿いの風光明媚な風景が望めなくなってしまったのは、惜しい気がします。
 
今後も地域とともに、肥薩おれんじ鉄道の発展を祈念するところです。

1231.【筑豊電鉄】開業60周年記念乗車券

2018年に入りまして、まず1月の三連休で九州を旅してきました。旅先で乗車した路線で発売していた記念きっぷを入手しましたので公開いたします。
 
まずは、福岡県にある地方私鉄において佳節を迎えており発売されたアイテムになります。
 
===================
 名称   :開業60周年記念乗車券
 発行社局:筑豊電気鉄道
 発売日  :2017年2月3日
 値段   :700円
 購入箇所:黒崎駅前定期券うりば
 シリアルNo.:
===================
 
Img_1522
 
今回訪れた路線の一つである筑豊電気鉄道は、JR鹿児島本線の黒崎駅前から筑豊直方を結ぶ路線になる西日本鉄道の子会社になります。かつては西鉄北九州市内線に乗り入れていたこともあって、全線専用軌道で高架線区間もありますが、低床型の路面電車タイプの車両で運転されております。終点の筑豊直方駅は、JR筑豊本線の直方駅からは徒歩10分ほどのところにある高架駅になります。
 
筑豊電気鉄道は1956年に貞元(現在の熊西)から筑豊中間間が開業したのが始まりで、筑豊直方まで開通したのが1954年になります。筑豊直方から先は博多まで路線延伸を目論んでいましたが、筑豊地方の炭田の衰退などの影響によりこの計画は頓挫しました。筑豊直方駅の高架の構造はここから先筑豊本線を越えて博多まで延伸しようとしていた名残となります。しかし、路面電車タイプの車両で博多を目指そうとしていたのかは気になる点ではあります。また熊西から西鉄北九州市内線に乗り入れる形でしたが、2000年に西鉄北九州市内線が全線廃止となってからも熊西~黒崎駅前間は筑豊電鉄が第二種鉄道事業者として開業しましたが、2015年にこの区間が西鉄から筑豊電鉄に譲渡され、現在の黒崎駅前~筑豊直方間の路線となりました。
開業当時は自社の車両はなく、西鉄北九州市内線の車両を借りて運転していましたが、1976年に西鉄より連接車を譲り受け、自社車両として運行を開始しました。
 
開業から60周年を迎えて発売された記念乗車券になります。この路線にある遠賀川にかかる橋梁を走行している乗り入れてきた西鉄北九州市内線1000形と、開業60周年を記念して当時の西鉄車両の外装を再現した筑豊3000形車両があしらわれ、この記念乗車券には60周年記念車両のキーホルダーが付属するという特徴があります。
 
ということで、今回の旅で初めて乗車することになった筑豊電鉄において、筑豊直方から乗車しようとしたら、この記念乗車券にあしらわれている60周年記念電車がやってきたという状況で、この車両に乗車して黒崎駅前に向かいここで発売から11か月が過ぎても黒崎駅前の定期券売り場で発売していたこの記念乗車券を入手できました。
 
旅先で入手したよい記念にもなった、筑豊電鉄60周年記念乗車券になります。

2017.12.13

1213.【三岐鉄道】大安駅・大安図書館開業30周年 記念乗車券・入場券セット

三重県の近鉄富田駅から西藤原を結ぶ三岐鉄道三岐線、この路線にある駅が30周年の佳節を迎えたことから発売されたアイテムになります。
 
===============================
 名称   :大安駅・大安図書館開業30周年 記念乗車券・入場券セット
 発行社局:三岐鉄道
 発売日  :2016年3月25日
 値段   :600円
 購入箇所:西藤原駅
 シリアルNo.:0434
===============================
 
Img_1410
 
Img_1413
 
三岐線の大安駅は、1986年3月25日に大井田駅を現在の場所に移設した際に改称して誕生した駅になります。この時から図書館を併設した駅となりました。
 
それから30年が過ぎた佳節に発売された記念きっぷになります。2017年春に三岐線に乗車して終点の西藤原駅でまだ発売していたものを入手しました。
 
図書館が併設され、「大安」という縁起の良い駅として地域に親しまれている駅になります。

1212.【近江鉄道】多賀大社前駅コミュニティハウス完成記念乗車券・入場券

2003年に初めて訪れた滋賀県の私鉄近江鉄道、乗車した際に発売されていた記念きっぷがありましたので、入手しました。
 
==============================
 名称   :多賀大社前駅コミュニティハウス完成記念乗車券・入場券
 発行社局:近江鉄道
 発売日  :2002年12月19日
 値段   :430円
 購入箇所:
 シリアルNo.:0270
==============================
 
Img_1415
 
滋賀県の米原・彦根から八日市・貴生川・近江八幡を結ぶ近江鉄道、本線の高宮駅から多賀大社へ向かう路線の終点の駅である多賀大社前駅がコミュニティーハウスを併設した駅舎になったことから発売されたものになります。
 
この駅舎新設から間もなく15年になろうとしています。

2017.11.13

1172.【津軽鉄道】全線開業75周年記念乗車券

本年で開業以来の累計乗客数が1億人を達成した青森県の私鉄、2005年に75周年の佳節を迎えた際に発売されたアイテムになります。
 
===================
 名称   :全線開業75周年記念乗車券
 発行社局:津軽鉄道
 発売日  :2005年11月13日
 値段   :1,240円
 購入箇所:津軽中里駅
 シリアルNo.:0335
===================
 
Img_1238
 
2005年11月13日に開業75周年を迎えたのは津軽鉄道になります。青森県のJR五能線五所川原駅に隣接する津軽五所川原から津軽中里を結ぶ20.7kmの非電化ローカル私鉄になります。2006年9月にこの路線を訪れた際に発売していたもの入手しました。(この乗車券の日付が訪れた日になります。)津軽鉄道の列車をモチーフとしたジグソーパズル付きの乗車券になります。
 
津軽鉄道は、ほぼ田園風景の中を走る路線になり、沿線には小説家太宰治のゆかりの地や桜と松の名所芦野公園などがあります。
そしてこの鉄道の名物といえば「ストーブ列車」になります。冬時期に運転され客車車内にダルマストーブが設置され車窓からの地吹雪の景色は、この路線の風物詩として多くの旅人が訪れるとことであります。
 
本年で開業以来の乗客数1億人を達成し、開業88周年の米寿を迎えた津軽鉄道になります。

2017.11.02

1164.【山万】ユーカリが丘線開業30周年記念入場券セット

千葉のニュータウン開発にあたり開業した路線の佳節で発売されましたアイテムになります。
 
=========================
 名称   :ユーカリが丘線開業30周年記念入場券セット
 発行社局:山万
 発売日  :2012年10月--日
 値段   :1,200円
 購入箇所:鉄道フェスティバル会場(明治公園)
 シリアルNo.:0465
=========================
 
Dscn3864
 
Dscn3865
 
Dscn3866
 
ユーカリが丘線は、京成に新駅として開業したユーカリが丘駅からニュータウン敷地内を1周してユーカリが丘駅に戻ってくるという新交通システムになります。この地を開発し分譲した山万株式会社が直営で運営を行っている路線で、1982年に第1期区間が開業しました。それから30年が過ぎた2012年に発売されましたアイテムになります。
 
それから5年が過ぎ今年で35周年を迎えましたが、現在もこの記念切符の台紙にあしらわれている車両は現役で活躍しています。ユーカリが丘線で採用されたシステムはVONAと呼ばれる方式で、各地で普及した新交通システムをは異なるシステムになりますので、今後どうなるのか気になるところではあります。けれどもユーカリが丘の街で運転されている路線になります。

2017.10.29

1152.【ニューシャトル】鉄道博物館1周年 ニューシャトル記念乗車券

さいたま・大宮に2007年にオープンした鉄道博物館、アクセスは大宮から埼玉新都市交通ニューシャトルに乗車して1駅目に大成と称していた駅が鉄道博物館と変更しました。
鉄道博物館開館から1年が過ぎた2008年に発売されたアイテムになります。
 
=========================
 名称   :鉄道博物館1周年 ニューシャトル記念乗車券
 発行社局:埼玉新都市交通
 発売日  :2008年10月--日
 値段   :700円
 購入箇所:大宮駅
 シリアルNo:1273
=========================
 
Img_1202
 
Img_1203
 
鉄道博物館開館から1周年を迎えて発売されたニューシャトルの記念1日乗車券になります。金属製の乗車券が鉄道博物館の外観や展示車両をあしらった台紙にセットされています。
 
鉄道博物館開館により、そのアクセスを担っているニューシャトルになります。

2017.10.27

1148.【芝山鉄道】芝山鉄道開業記念乗車券

日本の玄関口である成田空港、そのお膝下に開業した路線になります。
 
==================
 名称   :芝山鉄道開業記念乗車券
 発行社局:芝山鉄道
 発売日  :2002年10月27日
 値段   :480円
 購入箇所:芝山千代田駅
 シリアルNo.:0513
==================
 
Img_1185
 
Img_1186
 
2002年10月27日、成田空港に隣接している千葉県芝山町に鉄道路線として芝山鉄道が開業しました。この路線は成田空港建設に伴う補償と地域の振興のために計画されていた路線で京成の東成田駅から延伸する路線になりますが、開業まで時間を要し2002年にようやく成田市と芝山町の境付近の成田空港整備地区付近に設けられた芝山千代田駅までの区間が開業しました。これは日本一短い路線であるとのことです。また開業と同時に京成電鉄と直通運転を開始しています。
 
開業に合わせて芝山千代田駅で発売された記念乗車券になります。この路線はこの当時普及していた関東私鉄・地下鉄共通乗車カードシステムであるパスネットには参加せずよってこの駅ではパスネットは使用不可という状況でしたので、このような記念乗車券が発売されました。芝山町で生産されている「サンダーソニア」を表紙にあしらい、芝山鉄道の車両と芝山千代田駅をあしらいました。芝山鉄道開業時には京成から3600形1編成を借り受け外観を赤と緑のラインとして運転されましたが、芝山千代田に来るよりも本線の特急運用に就いていたことが多かったように思います。また2002年の開業した日に早速乗車していますが、この時も京成3300形が運用に就いていました。
 
日本一短い鉄道といわれている芝山鉄道は本年2017年で早くも開業15周年を迎えました。この路線は芝山千代田からは芝山町中心部へ、さらには横芝方面への延伸が構想されているようですが、いまだ実現に向けた動きはなく、一方で車両も3600形は京成に返され一方で3500形4両編成1本を借り受けていますが、この編成も芝山千代田に向かう運用に入ることよりも京成金町線などの運用に入っていることが多いようです。
 
会社の設立から開業までの経緯、今日までの歩みなど、成田空港周辺の歴史とともに歩んできた日本一短い鉄道になります。

より以前の記事一覧

カテゴリー

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google