カテゴリー「カード:オレンジカード」の48件の記事

2017.03.15

0797.【JR西日本】新型「しらさぎ」登場記念オレンジカード

名古屋・米原から北陸を結ぶ特急列車、その転機に際して発売されましたアイテムになります。
 
========================
 名称   :新型「しらさぎ」登場記念オレンジカード
 発行社局:西日本旅客鉄道
 発売日  :2003年3月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
========================
 
Dscn4606
 
Dscn4608
 
名古屋から北陸地方を結ぶ特急「しらさぎ」号、この列車にも新型車両が導入されたことから発売されましたオレンジカードになります。すでに関西方面の雷鳥(サンダーバード)、首都圏方面へ越後湯沢へ運行された「はくたか」に続いて「しらさぎ」にも新型車両が導入されたことにより、北陸における新型特急ネットワークが完成したことになります。
 
発売されたオレンジカードは、ボンネット型の485系で運転されているしらさぎと、新型車683系をあしらったもの2枚セットになっています。
 
このオレンジカード発売からすでに14年が過ぎました。北陸方面は2015年に新幹線が開業し特急ネットワークにも変化が生じています。すでに683系は撤退し、681系で運転されているしらさぎ号、名古屋から北陸へ、また東海道新幹線で米原で接続して北陸へのアクセスとして今日も運転されている「しらさぎ」号であります。

2017.03.14

0792.【JR西日本】さようならクモハ42形 オレンジカード

かつては京阪神を走り抜けた車両、長門の地で最期を迎えた際に発売されましたアイテムになります。
 
======================
 名称   :さようならクモハ42形 オレンジカード
 発行社局:西日本旅客鉄道
 発売日  :2003年2月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:小郡駅
======================
 
Dscn4595
 
Dscn4596
 
Dscn4597
 
Dscn4600
 
2003年3月のダイヤ改正において、JR西日本では小野田線で運転されていた最後の旧型国電クモハ42の運転を終了したことから発売されましたオレンジカードになります。
 
クモハ42は、1933年に製造され関西圏で運転されてきました。1950年に首都圏へ異動となり主に伊東線で運転されてきましたが、1957年に宇部電車区に配属、山口県内の宇部線・小野田線で運転されてきました。この路線において花形車両であったそうなのですが、1981年にこの路線に105系が導入され旧型国電は引退を迎えた中、クモハ42については、両運転台であったことから残り、小野田線でも雀田~長門本山の通称本山線で運転されてきました。
国鉄からJRへ、そして21世紀まで生き延びたクモハ42でありましたが、寄る年波には勝てず2003年3月のダイヤ改正で引退することになり、このようなオレンジカードが発売されました。
 
このオレンジカードを購入した駅である小郡駅は、現在の新山口駅になります。またこの記念オレンジカードにはクモハ42乗車記念証のミニチュアが付属しています。実際にこの当時本山線のクモハ42に乗車しますと乗車記念証が配布されていました。
 
さて、自分は小野田線本山支線で最後の活躍をしていたクモハ42に乗車したのは、ダイヤ改正の1か月前の時期になります。この時当時の小野田市ではクモハ42引退のイベントが開催されていました。それに合わせてクモハ42に乗車することができました。
クモハ42引退にあたっては、当時の小野田市において設立されていた「小野田線対策協議会」においてもオリジナルオレンジカードが作成され、この時のイベントで販売しておりました。
 
Dscn4601
 
Dscn4603
 
Dscn4604
 
Dscn4605
小野田線対策協議会で販売したオレンジカード
 
私自身、見ることができた旧型国電は鶴見線のクモハ12とこの本山線のクモハ42のみになります。貴重な旧型国電、最後に何とか見ることができたという状況になります。
 
この車両の引退から14年という年月が流れました。この車両が最後まで活躍していた小野田線本山支線は今では朝と夕方に合わせて数本程度という大変運転頻度は低い区間で、乗車するには難儀する路線になっています。
 
関西で登場して、一時期は伊豆地方でも運転されたクモハ42、そしてその生涯の大半を過ごしたことになる宇部・小野田線、そして最後まで運転されていた小野田線本山支線、この車両が思い出になってもうそれだけの年月が流れてしまいました。

0791.【JR九州】九州新幹線「つばめ」特別快速「なのはなDX」登場 オレンジカード

2004年の九州新幹線開業により、温泉地指宿に向かう指宿枕崎線に特別快速が登場しました。指宿駅で発売されましたオレンジカードを公開いたします。
 
==================================
 名称   :九州新幹線「つばめ」特別快速「なのはなDX」登場 オレンジカード
 発行社局:九州旅客鉄道
 発売日  :2004年3月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:指宿駅
 シリアルNo.:
==================================
 
Dscn4734
 
Dscn4735
 
Dscn4736
 
2004年に新八代~鹿児島中央が開業した九州新幹線、私はこの開業から少しして乗車していますが、この時指宿で宿泊することとしました、鹿児島中央から指宿まで指宿枕崎線に乗車しています。指宿で入手したオレンジカードになります。
この当時、指宿枕崎線に登場した列車は特別快速「なのはなDX」で、すでに快速「なのはな」という列車がありましたが、指定席車を連結した列車については「なのはなDX」として運転していました。両運転台のキハ220を改造した車両で運転されました。
私も「なのはなDX」に乗車しています。指宿枕崎線は、温泉地指宿へのアクセス路線ではありますが、一方で鹿児島近郊輸送も担っていることから、観光客向けに指定席を設けるのはある意味正解であったのかと思います。
 
このオレンジカード発売から13年が過ぎました。九州新幹線は博多まで開業し、一方で指宿枕崎線では特別快速「なのはなDX」の運転は終了し、今ではキハ47系を改造して誕生した特急「指宿のたまて箱」が運転されています。
 
砂風呂などの名所がある指宿を結んだ観光列車として登場した特別快速「なのはなDX」、あっという間に思い出になった列車であります。

2016.10.03

0629.【JR四国】5100形電車 ブルーリボン賞受賞記念オレンジカード

2003年にデビューした岡山と高松を瀬戸大橋を走行して結ぶ快速「マリンライナー」用車両、2004年に鉄道友の会からブルーリボン賞が贈られました。
 
============================
 名称   :5100形電車 ブルーリボン賞受賞記念オレンジカード
 発行社局:四国旅客鉄道
 発売日  :2004年10月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:高島屋日本橋店
============================
 
Dscn3823
 
Dscn3824
 
2004年の鉄道友の会ブルーリボン賞に輝いた5000系電車、受賞の対象となったのはマリンライナーで高松方先頭車になるJR四国保有のダブルデッカー車5100形がその対象となりました。JR四国としては初の賞受賞となりました。
 
ブルーリボン賞受賞を記念して発売されましたオレンジカードですが、JR四国のオレンジカードは関東でも日本橋にある高島屋デパートの商品券サロンで購入可能であった時代があり、この記念オレンジカードも同様な方法で購入したと記憶しております。
 
この車両のデビューから13年が過ぎた2016年、本州と四国を結ぶ快速列車の先頭車として活躍しています。

0628.【JR西日本】スーパーいなば運行記念オレンジカード

岡山から鳥取を結ぶ特急列車、運転開始を記念して発売されましたアイテムになります。
 
========================
 名称   :スーパーいなば運行記念オレンジカード
 発行社局:西日本旅客鉄道
 発売日  :2003年10月1日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
========================
 
Dscn3825
 
Dscn3826
 
特急スーパーいなば号は、2003年10月より運転を開始した列車になります。元は1997年に岡山から山陽本線・地図急行線・因美線を経由して鳥取までキハ181系で運転されていた特急いなば号を、振り子式気動車であるキハ187系に置き換え列車名をスーパーいなばと変更したことを記念して発売されましたオレンジカードになります。キハ187系に置き換えられたことにより、スピードアップが図られ到達時間の短縮が図られました。
 
このオレンジカードにはキハ187系とキハ181系があしらわれたカード2枚セットになっています。このカードはおそらく岡山駅で購入したと思われるのですが、いつ時期にどういういきさつで購入したのか記憶があいまいになっている状況です。いずれにしましても、その列車の転機に発売されたアイテムであると思います。

2016.10.01

0618.【JR西日本・JR四国】新型マリンライナー運行記念 オレンジカード

本州の岡山と四国の高松を瀬戸大橋を走行して結ぶ快速列車「マリンライナー」号、この列車の車両の置き換えが瀬戸大橋開通15周年を迎えた年の10月に行われました。これを記念して発売されましたアイテムを公開いたします。
 
=========================
 名称   :新型マリンライナー運行記念 オレンジカード
 発行社局:西日本旅客鉄道・四国旅客鉄道
 発売日  :2003年10月1日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
 備考   :ここに公開しているカードはJR四国発行
=========================
 
Dscn3818
 
Dscn3819
 
Dscn3821
 
マリンライナーの車両置き換えに合わせてJR西日本とJR四国が共同で発売して記念オレンジカードになります。それまで213系で運転されていたマリンライナーは2003年10月1日より新型車両で運転されるようになりました。この時からマリンライナーは5両編成となり岡山方2両はJR西日本保有の223系5000番台、高松方の3両はJR四国保有の5000系となり、JR四国保有の5000系高松方先頭車はダブルデッカーの5100形という車両になります。
 
新旧マリンライナー車両をあしらった図柄の2枚セットで発売されました記念オレンジカードになります。早いもので、JR四国5000系・JR西日本223系5000番台のマリンライナーが運転を開始してから13年という年月が流れました。今でも本州と四国を結ぶ快速列車として活躍している車両になります。

2016.09.18

0600.【JR東海】さよなら0系 オレンジカード

日本の大動脈である東海道新幹線において、開業当初から運転されてきた0系車両が東京~新大阪間において運行を終了してから、本年2016年で17年が過ぎました。当時発売されましたアイテムを公開いたします。
 
===================
 名称   :さよなら0系 オレンジカード
 発行社局:東海旅客鉄道
 発売日  :1999年7月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:
===================
 
Dscn1063
 
Dscn1064
 
Dscn1065
 
1964年の東海道新幹線開業時から運転されてきた0系車両、今から17年前の1999年9月18日の運転をもって東海道新幹線東京~新大阪間での運転を終了しました。これを記念して発売されましたオレンジカードになります。
 
この当時はこだま号として最後の運転を行っていた0系、運転終了に合わせて発売されたオレンジカードには、1964年の東京駅で出発式にのぞむシーンと、日本を代表する鉄道風景といえる富士山の麓を疾走する0系車両をあしらった2枚のカードと全盛期に車両基地に勢ぞろいした姿を表紙とした台紙にセットされています。
 
東海道新幹線から姿を消した後も、新大阪~博多間の山陽新幹線においては短い編成になって運転されてきた0系車両、こちらでも2008年で運転を終了しました。現在0系車両は京都鉄道博物館に第1編成が、さいたま大宮の鉄道博物館には東海道新幹線開業時の出発式に使用された編成の大阪方先頭車が、また名古屋のリニア鉄道館や東京の青梅鉄道公園など各地で保存展示されています。
 
日本の歴史においても大きなエポックとなった東海道新幹線の開業、その当時の車両であった0系新幹線車両、東海道新幹線から姿を消して17年という年月が流れ、この車両を置き換えた100系や300系も今は姿を消し、700系も風前の灯になってきているという、2016年の日本の大動脈になります。

2016.09.01

0591.【JR北海道】五稜郭駅開業100周年記念 オレンジカード

北海道の函館から一つ目の拠点駅、開業100周年を迎えた2011年に発売されましたアイテムになります。
 
=========================
 名称   :五稜郭駅開業100周年記念 オレンジカード
 発行社局:北海道旅客鉄道
 発売日  :2011年9月1日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:五稜郭駅
=========================
 
Dscn3775
 
Dscn3777
 
Dscn3779
 
函館から一つ目の駅であり江差線の分岐駅である五稜郭駅が、この時開業100周年を迎えたことから発売されましたオレンジカードになります。台紙には開業当時の駅舎、2枚セットのカードには大阪から札幌を結んだ寝台特急「トワイライトエクスプレス」と在りし日のC62蒸気機関車がけん引する旅客列車があしらわれています。トワイライトエクスプレスは五稜郭駅で機関車の交換が行われたことから運転停車していました。
 
このオレンジカード発売から5年が過ぎました。本年2016年で北海道新幹線が開業し、新幹線アクセス列車「はこだてライナー」や函館から札幌を結ぶ特急「北斗」も停車する駅ですが、江差線は道南いさりび鉄道に転換されました。
 
100年以上の歴史を刻んできた五稜郭駅、今もなおその歴史を刻んでいます。

2016.08.28

0582.【JR北海道】おかげさまで10周年 SL函館大沼号 オレンジカード

以前、函館から森を走行してたSL列車、2011年は運行開始10周年という節目の年でありました。このような記念オレンジカードが発売されました。
 
============================
 名称   :おかげさまで10周年 SL函館大沼号 オレンジカード
 発行社局:北海道旅客鉄道
 発売日  :2011年4月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:函館駅
============================
 
Dscn3770
 
Dscn3771
 
Dscn3773
 
SL函館大沼号は、函館から森を運転していたSL列車で、C11型蒸気機関車によって運転されていた列車です。毎年この列車運転時にはオレンジカードが発売されるのですが、2011年は運転開始10周年という節目になりました。
 
オレンジカードについてはこの列車の牽引機として復活したC11 171の現役当時と、SL函館大沼号として走行しているシーンがあしらわれています。
 
SL函館大沼号に関しましては、オレンジカードの他硬券入場券も発売されていました。函館駅と五稜郭駅で発売されたものを公開いたします。
 
Dscn3774
2011年に発売されたSL函館大沼号の記念入場券
 
カラー印刷のD型硬券入場券、函館駅発行はC11 171、五稜郭駅発行はC11 207で、この機関車は左右に前照灯が2つ装備されているという特徴があります。
 
函館から出発して、大沼公園の景勝地そして北海道駒ヶ岳の麓の雄大な景色の中を走るSL列車で、私は2007年の運行時に函館→森で乗車しています。その後も運転されましたが利用が低迷してきたこととJR北海道を取り巻く環境の変化もあって、運転は終了となってしまいました。SLについてはC11 207については2017年より栃木県の東武鬼怒川線で運行されることになり、機関車が先日東武鉄道に運ばれたとのことです。
 
2016年は北海道新幹線が新函館北斗まで開業しました。この列車も十分な観光要素となったと思われますが、やむを得ない事情があったのでしょう。しかしここで運転されていたSLの1両が新たな活躍の場所が与えられ、走行する線路は変わってもまた活躍することができるようになったのはある意味喜ばしいことなのかもしれません。

2016.08.26

0581.【JR北海道】さようなら4代目函館駅 函館駅新駅舎誕生 オレンジカード

2016年、北海道新幹線開業により盛り上がっている函館、この街の玄関といえる函館駅が今の駅舎になったのは2003年6月のことです。この時発売されましたオレンジカードを公開いたします。
 
===============================
 名称   :さようなら4代目函館駅 函館駅新駅舎誕生 オレンジカード
 発行社局:北海道旅客鉄道
 発売日  :2003年6月--日
 値段   :2,000円(1,000円券2枚組)
 購入箇所:函館駅
 シリアルNo.:
===============================
 
Dscn3765
 
Dscn3766
 
Dscn3768
 
函館駅の新駅舎誕生を記念して発売された、新旧駅舎を図柄としたオレンジカードのセットになります。
旧駅舎は4代目の駅舎として1942年に完成しその後60年以上にわたり北海道の玄関口の駅舎として親しまれてきました。新駅舎は5代目となり、先代の駅舎からはホーム側に寄った場所に建てられたようで、旧駅舎跡地は今では駅前広場として整備されています。
 
いつの時代も旅人を迎え入れる駅舎、函館駅は建物は変わって13年が過ぎましたが、今も多くの観光客が訪れる街の玄関であることに変わりはありません。

より以前の記事一覧

お知らせ


  •  弊ブログはWebページ「レインボーライン Kaz-T's STATION」のコンテンツになっております。
    内容についてのお問い合わせ等は、弊ブログ右サイドバー上部にあるリンクからWebページにアクセスしていただきますよう、お願いいたします。

カテゴリー

現在時刻


Googleで検索




  • 弊ブログ内検索
    ウェブ全体から検索


    Powered by Google

Twitter